Top
ヘッドフォン選び
2010年 08月 09日 *
電車に乗っているとiPod付属のApple純正イヤホンを付けている人が結構いるんだね。
いや、全然いいと思うよ。その音で満足できるなら、逆に羨ましい。
嫌味でも何でもなく、その人は間違いなく得をしてるのだから。

だけどiPodが売れて音にこだわりを持つ人が増えて、イヤフォンを選びたい人もいるはず。
中には3万~4万するものもあって、それだけ出せばそりゃいい音が出るのだろうけど。
たとえ1万2千円程度であっても、ビクター、ゼンハイザーあたりを選べばそれなりにいい音は出る。

音はあくまで主観的なものだからインターネットの評価はアテにしづらいけど(自分の評価も含めて)、
数千円という縛りでコストパフォーマンスのいいヘッドフォンを選ぶとするとどれがいいだろう。

当ブログとしては、ヨドバシで3980円で売っているDENONのAH-D501をおすすめしたい。
この値段でどうしてあの音が出るのか、正直仕組みが自分でもよくわからない。

大人になるとお金があっても時間がないので、「高いから良いもののはずだ。」という思考になり、
特に何も考えず高いものを買ってしまう。上位機種と下位機種の違いなど気にもしない。
でも貧しい時は、細かい機能の違いを調べたり、何度も値札を見比べて悩んだりしたものだ。
何でもいいから高いものを買えばいいだろうって考え方は後で憂鬱になるので好きではない。
その一方で、価格が安くても品質の良いものを提供するのは、尊いことだと思う。

DENONのAH-D501の出す音は何というか上質で、音量を下げても上げてもその質は変わらない。
元の音質が悪くても、AH-D501がいい音に変えてくれるような感じ。
それは一概にメリットとは言えない部分でもある。
例えば、耳を破壊する程の大音量で聴きたいと思っても、ガツンと来るはずの音が上品に変えられてしまうので、その要望にはこたえられない。
また歌詞にどんな下品な言葉やfour-letter wordが含まれていようと、本来の意味を得ることは難しい。
おそらくそれはDENON製品の持つ特質によるものであり、好みの分かれる所だ。
ただそれらを除けば、一般的にコストパフォーマンスの高いヘッドフォンと言える。
敢えてデメリットを挙げるとすれば、パッケージを素手で開けられないことか。(実際、素手で開けようと試みたが、無理だった…)
ヘッドフォンを買い換えるつもりがなくても、近くにヨドバシなどのヘッドフォンを試聴可能な大型電気店があれば、iPod持参で足を運んでみる価値はあると思う。
[PR]
by nochoice1 | 2010-08-09 14:40 | Comments(0) *
<< ヘッドフォン選び(おまけ) ページトップ 仕事 >>
The Original by Sun&Moon