Top
登山
2017年 01月 07日 *
山は気軽に行ける場所ではない。
早朝に出発しなければその日のうちに帰って来れない位距離が離れている。
直前まで行くべきか行かざるべきか結構迷う。
ただえさえ頭痛がひどいのに朝早く起きて4時間近くかけて移動して、一体何の意味があるのか。
近くの公園にでも行ってジョギングすればいいじゃないか。
そんな考えが頭をよぎる。

今年の年末は晴れの日が多かったけど、空気が霞がかっていて、空は青というより水色っぽかった。
空気が澄んでいれば途中の電車の中からでも富士山が見える。
でもその日は見ることができなかったから、やはり大気の状態がそこまで澄んでいないのだった。

CIMG5534[1].jpg
三つ峠駅からひたすら山頂を目指して登る。
登って2時間半を過ぎたあたりから空気や水を美味しいと感じる事ができた。

CIMG5614[1].jpg
三つ峠山頂は風が強く長居できなかった。
寒いという言葉しか出て来ず、事前にコンビニで買っておいたおにぎりを食べようとしたが、冷たくて味がしなかった。

帰りは河口湖から東京駅行きの高速バスに乗って帰った。
これで1800円は安い。
電車は特急に乗っても乗り換えが必要だし値段も高い事を考えるとバス以外の選択肢が見つからない。
まだ知名度が低いのか、あまり乗客はいなかった。

バスに乗っている少しの間、眠ることができた。
時間にして1時間位だったが、頭痛から解放された時間を過ごせて嬉しかった。
[PR]
by nochoice1 | 2017-01-07 03:02 | Comments(0) *
<< 正宗くんのリベンジ 2話 ページトップ 房総から富士山は見えるのか >>
The Original by Sun&Moon