Top
電車
2017年 05月 15日 *
電車は便利だ。
ぼーっとしているだけで目的地に着く。
車やバイクを運転するよりよっぽど楽だし速い。
でも厄介なのが乗り換えや乗り越しがあることだ。

最近千葉駅の構内が新しくなった。
天井から吊り下げられている案内標識も液晶になった。
以前はLEDだった。
もっと昔はパタパタと切り替わるやつ(反転フラップ式)だった。
一番困ったのは総武快速(横須賀)線で東京方面に向かう列車なのか下り方面に向かう列車なのかわからなかったことだ。
今でこそ(東京方面)と追記されるようになったが、当時はそのようなやさしさは無かった。
久里浜とだけ表示されても、最初は千葉の海に行く列車だと勘違いしていた。
実際は神奈川方面の海に向かう列車なのだった。
(更に言えば勤労千葉で定期的にストが実施され列車が止められることがあった。
自分達のことを勤労と言い切る割には、賃上げ交渉のために仕事を放り出すあたり、何か矛盾を感じなくもないが…)
総武快速は3番~10番までのどのホームも発着に使うという、実にフリーダムな動きをするのも問題をややこしくしている原因の一つである。

悲しいことに自分はよく降りなければならない駅をそのまま乗り過ごしてしまう。
寝ている訳でもなく、気づいたら知らない駅まで来ている自分がいる。

最近知ったのだが、京葉線の各駅停車の海浜幕張行きは、終点の海浜幕張駅から蘇我方面に行く場合、わざわざ階段を降りて別のホームに向かう必要がある。
間違えて降りたホームの正面に来た東京方面の電車に乗ってしまった時の悲しさといったら。
本当に自分の無力さが情けなくなる。

それと前から疑問に思っていたことがある。
Suicaに入金することをチャージすると言うが、そもそもこれは英語として正しいのだろうか。
更に乗客が「大丈夫? チャージある?」と言っているのをよく耳にする。
話の前後関係から察するに、Suicaの残高はあるか? と相手に尋ねているらしい。
百歩譲って「入金する」ことを「チャージする」ことと認めたとしよう。
だとしても、「残高」のことを「チャージ」というのは生理的に受け入れられない。
基本的に人の言っていることがよくわからない。
[PR]
by nochoice1 | 2017-05-15 21:03 | Comments(0) *
<< バイクで ページトップ 慣らし運転 >>
The Original by Sun&Moon