Top
バイクで
2017年 05月 16日 *
たまにはバイク乗りっぽいことをしてみようと思い、とある道の駅に行ってみた。

b0041624_2394554.jpg

そこはライダー達の間ではそこそこ有名な所らしく、平日昼間だというのにバイクが沢山停まっていた。
なにこれ、ちょっと間に入りづらい雰囲気…。
自分が考え過ぎなだけかもしれないが、スクーターで来なくて本当によかった。
もし50ccの原付だったら嘲笑の的にされていたかもしれないし、かといって大型バイクで来たらじろじろ見られるだろうし。

外見を気にするといっても気にするポイントは人それぞれだ。
自分はフルカウルというだけで「何がんばっちゃってるの」と思われそうで買うのを躊躇ってしまう。
それと自分が主に走るのは誰も走っていない道で、そういう未舗装道路をフルカウルで走るのはどうなんだろうと。
今になって思うと、そうした道は、原付の方が気が楽だ。
足つきはいいし軽いので転倒の危険を抑えることができる。
車体が小さいので変な威圧感もないし周囲の環境に溶け込みやすい。
林道はそこまでスピードは出せないので原付でも不満を感じない、というか小回りが効く分、かえって走りやすいとさえ思う。
ただ目的地までの移動はやっぱりバイクの方が楽なんだよなぁ。

でも楽なのと楽しいは別だと思う。
なぜバイクや自転車が楽しいのか。
それは、車のように必ずしも周りの流れに合わせる必要がないからではないだろうか。
下道の車の流れに乗るという目的なら250ccあれば十分、いやジクサーでも十分だ。
しかし常に70Km/h前後で流れている道路を周囲に合わせて走ったところで、何ていうか走らされている感じがする。
ただ白線の枠に従ってハンドルとアクセルを調節しているだけで、乗り物を操っている感覚がないというか。
ジクサーは実用性からすれば文句の付けようがない。
原付での不満だった点はほぼ解消されている。
でも原付は原付で良かった所があったな、なんてことを考えてしまう。
[PR]
by nochoice1 | 2017-05-16 23:07 | Comments(0) *
<< ヤマノススメ ページトップ 電車 >>
The Original by Sun&Moon