Top
入ってくる記憶と世界観
2017年 07月 20日 *
確かドラえもんの道具に歌手とか学者などの記憶のカートリッジを装着する話があった。
SF映画トータル・リコールにも外部から記憶を注入する描写がある。
だがこれらのよくある話とは違い、入ってくる記憶はこちらでコントロール出来ない。
まあ現実世界でも思い通りに出来ることはもともと少ないが。
とにかくそれは、こちらが望もうが望むまいが、基本的に向こうからやって来る。
そこには、世界がそこにあるという実感というか、世界観が含まれている。

かつては東京や郊外にだって、世界観というか活気というか、そういうものを感じることが出来ていた。
これは僕の個人的な問題かもしれない。
だが、そこにあったものがマンションや駐車場やコンビニに置き換わることで、確実に世界観は損なわれてしまう。
どこに行っても同じ景色なら、どこに行ったって同じなのだから。
一方、異世界には最近自分が現実世界で感じ取れなかった世界観を確かに感じ取ることが出来る。

昔、日本には城が存在した。
天守閣から街の様子を一望することが出来た。

今この世界のリアルとは何なのだろう。
ニュースで取り上げられる殺人事件や戦争や交通事故のことだろうか。
負のニュースだけでなく、逆に、多くの人を幸せにするような出来事もあったのかもしれない。
少なくとも10年~20年前くらいまでは世界の存在を自覚出来ていた気がするが、今ではそうした感覚は希薄になってしまった。
この世界で起こっていることがよくわからない。
時代が変わってしまったのか、自分が変わってしまったのか。
遠くに行けばわかるのだろうか。
[PR]
by nochoice1 | 2017-07-20 17:25 | Comments(0) *
<< _ ページトップ 記憶 >>
The Original by Sun&Moon