Top
<   2005年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
*
*
2005年 04月 30日 *
前回はMP3が登場、普及に至るまでの流れをざっとではあるがまとめてみた。
ここまでMP3が普及した事や、ネットインフラが整備されたのも、違法とされながらも水面下で発展し続けたファイル交換と無縁でない事がお分かり頂けたと思う。

そもそも、昔から友達同士CDを交換する事自体は行われていたし、違法とまではならなかった筈だ。
しかし、インターネットが普及し不特定多数の人間がファイルを交換する現在の事態は、レコード会社や著作権協会にとって、利益を圧迫する脅威と考えられたのである。
著作物の販売利益を公平に分配するにはどうしたらいいのかという論争は今も尽きる事がない。
「私的録音録画補償金制度」というキーワードでGoogle検索をかければ、参考となるページがいくつも見つかるので、興味のある方は一度調べてみて下さい。

さて、ここでやっとポータブルMP3プレーヤーについて本題に入り、購入前にチェックしておきたいポイントを挙げる。

1.メモリ型かHDD型か
ポータブルMP3プレーヤーは大別すると、データ記録媒体としてフラッシュメモリを使用するタイプとハードディスクを使用するタイプの2つに分かれる。
フラッシュメモリとはシリコンとも呼ばれ、だいたい256MB~1GBくらいまで保存出来る製品が主流である。
メモリはHDDと比べ落下などの衝撃にも強く、また、曲の頭出しスピードも速い。
一方、HDDのタイプはメモリ型より大きさ・重量ともに一回り大きく、また精密機械ゆえに衝撃の弱さもある。
携帯電話なんかをよく落としたりする人には向いていないかもしれない。
だが、メモリ型よりもデータ容量は圧倒的に多く、5GB~40GB、曲数に換算すると数千曲が保存可能である。
よって、MP3プレーヤーに曲をなんでもかんでも保存するデータストレージの役割として使用するのであれば、HDD型がお奨めである。
逆に、あらかじめチョイスした好きな曲だけを聴き続けるスタイルなら、メモリタイプがお奨めである。
しかしここで注意しておきたいのは、HDDに保存したデータは永遠には残らないという点である。
HDDにはいつかは寿命が訪れ、壊れてしまう。
従って、HDDに保存したからといって安心するのではなく、いつかは壊れてしまうデータなのだという事を認識した上で利用したい。
また、これはメモリとHDD両方について言える事だが、容量を後から増やす事は出来ないので、データ容量については保存する曲数を考えて選択したい。

2.持続時間
長く聴きたい時に限って電池が無くなり痛い目を見る人にとっては、連続稼動時間は長ければ長い方がいいが、チェックすべきポイントは電池の持続時間だけではない。
使い捨ての単四型電池なのか、充電式の電池なのか。
また充電式の電池は本体に内蔵されるタイプか、着脱可能なタイプか。
充電方法はUSBからなのか、AC電源なのか。
電池の持続時間は10時間~50時間のものまで、製品ごとに異なる。
また、その持続時間はどのファイル形式で再生したものなのかもチェックすべきだろう。
最大再生時間はMP3以外のフォーマットの再生時間を指している事があるからだ。

3.転送速度
MP3プレーヤーは曲の転送時にパソコンと接続する必要がある。
転送方法はUSBケーブルを用いたものがほとんどである。
USBの規格は1.1と2.0の2通りがあり、2.0の方が転送速度が速いが、実際には機器ごとに計測してみないと分からない。
だがUSB1.1の規格だとしても、5分の曲を転送するのに数秒で済むので、転送速度に関してはそこまで心配する必要はないだろう。

4.転送ソフトウェア
それより確認したいのは、曲の転送時に専用ソフトが必要かどうかである。
専用ソフトをパソコンにインストールしなければ曲の転送が一切出来ない(出来たとしても暗号化されていない為、プレーヤーで再生出来ない)プレーヤーとしては、SONYやAppleなどが発売する製品挙げられる。
SONYは「SonicStage」、Appleは「iTunes」と呼ばれる専用ソフトを使用しプレーヤーへの転送を行う。
もちろん曲の転送に専用ソフトウェアが要らない製品も存在し、主に海外メーカーが発売している製品が該当するが、それらはパソコン接続時にマイコンピュータ上でリムーバルメディアとして認識されるため、Windowsエクスプローラでコピー・貼り付けを行えば簡単かつ手軽に転送が可能である。
専用ソフトに関する記載がない製品は大抵エクスプローラーで転送可能だが、どうしても気になるようならカタログやメーカーHPなどで「USBストレージ機能」とか、「USBマスストレージ対応」という言葉を探してみるといいだろう。
また、「SonicStage」や「iTunes」に代表される専用ソフトの操作性はソフトそのものの完成度に左右されるが、使用に耐えない程ひどいという事はないので、こだわりがなければそれ程神経質になる必要はない。

5.操作性
保存する曲数が多くなると、操作性や使い勝手の良さが重要なポイントとなる。
操作性の把握については実際に実機に触れてみるのが一番いい方法だが、近所に量販店がなければメーカーのHPから取扱説明書をダウンロードして読んでみて、だいたいの感覚を掴んでおくといい。
曲の頭出しは何回ボタンを押せば完了するか、ディスプレイの広さ、片手だけで操作できるか、リモコンの有無などが操作性に影響する。
特にMP3プレーヤーの場合はCDとは異なり、多数の曲をフォルダごとに分ける「グループ」の概念が存在する。
目的の曲を選曲するまでの手順は製品ごとに異なるので、ぜひチェックしておきたい。

6.音質
音質は人によって感じ方が違う為、ある特定のメーカーを推奨する事は出来ないし、そもそも全ての製品の音質を比較する事は困難である。
従ってインターネットの口コミ情報などの評判を参考にし、ある程度の割り切りを持って購入に踏み切る必要があるだろう。
一般的にはどの製品も極端にひどい音質ではない筈だし、通勤時に聴く程度であれば概ね問題ないと思われるが、どうしても音にこだわりがあるのであれば、やはり実機のサウンドを確認してから購入した方がいい。
また、リスク回避手段として、音質を多様に変化させられるイコライザ機能などを持つ製品を選択するのも一つの方法である。
音質に関する機能が充実していれば、万一デフォルトの音が全くダメでもいくらかは自力で納得のいく音が作り出せるからだ。

7.その他
その他の機能として、音楽以外のファイルを保存し、パソコンのUSBメモリのようにデータの受け渡しに利用出来たり、ボイスレコーダー機能やFMラジオ機能を持つ製品もある。
これらは本来の目的とは外れた、あくまで「おまけ」の位置づけの機能だが、あればあったで重宝するかもしれないので、付加機能として考えておけばいいだろう。

8.価格
時間が経てば前よりも優れた製品が安価に販売されるのは仕方がない事であるから、買いたいと思った時に買うしかない。
ただ、オーディオプレーヤーは末永く使用するものなので、あまり値段をケチって後で後悔するよりは、きちんと納得のいく製品を選択した方がいいだろう。

9.デザイン
どうしてもiPodのデザインが好きだとか、小さくてアクセサリー感覚で身に付けられるかわいい製品がいいとか、この辺は個人の好みや生き方やライフスタイルに関わる部分なので、とやかく口を挟むつもりはない。
SONYブランドが好きならそれを買えばいいし、同様に、iPodが好きならそれを選択すればいい。
とにかく、身につけて恥ずかしいと思うような製品は選択せず、気に入った製品を購入して頂ければそれでいいと思います。

10.第3の選択肢
第3の選択肢として、MP3再生機能つきポータブルCDプレーヤーを購入してしまうという手段がある。
CDプレーヤーなので携帯性や読み出し速度においてはMP3プレーヤーに劣るものの、比較的稼働時間が長く、CD-RWメディアの再生に対応し、700MBのデータ容量を持つMP3プレーヤーが安価に手に入ると言っても過言ではない。
しかもディスクは交換出来るので、考えようによっては大容量のデータを持ち運ぶ事も可能である。
最近ではiPodやポータブルMDプレーヤーなどに押され市場から姿を消すかに思われたCDプレーヤーだが、MP3機能が搭載され、製品としても長年メーカーによって培われた技術が詰め込まれたCDプレーヤーを一つの選択肢として検討してみてはいかがだろうか。

最後に
一応ここまでMP3プレーヤーの購入に際しポイントになると思われる項目について挙げてみました。
MP3プレーヤーの購入をご検討されている方のご参考にして頂ければ幸いです。
しかし、ここで書かれてある内容に関しては、あくまで私が「こうなんじゃないかなあ」という予想のもとに書いているだけですので、思い込みや事実と異なる事も沢山あると考えます。
内容について、不備や誤りやお気づきの点などございましたら、ぜひComment欄にご指摘の程、よろしくお願いいたします。

参考にしたウェブサイト
AnonymousRiver Site

[PR]
2005年 04月 30日 *
MP3って最近よく聞くけど何のこと?という方のために説明しておくと、MP3は音声圧縮の方式を指している。
今日はオーディオプレーヤーについて回想したい。

カセットの代わりに音楽CDが登場した事は、日常音楽を聴く人間にとって衝撃的な出来事だった。
これまでと比べ物にならない程音質が向上し、曲の頭出しが瞬時に出来たりプログラム再生出来るなど、操作性も格段に向上した。

1枚のCDには最大約74分収録可能で、もともとベートーベンの第九が収まるようにと作られた規格だったが、アーティストのアルバムを聴くには充分な長さだった。
音楽CDが登場した1982年以降、CDプレーヤーは一般家庭に普及するようになる。
しかし、好きな曲をまとめて聴くためにはCDからカセットに録音・編集しなければならず、カセットデッキの活躍はまだ続いていた。

音楽CDの登場から約10年後の1993年、SONYがMDを発売。
これまでCDの録音はカセットに頼るしかなかったが、MDの登場によって録音媒体はカセットテープからMDへと移り変わっていく。
MDデッキ発売当初は値段が高く、規格を提唱したのがSONYという事もあって、購入者の不安や戸惑いもあったが、音楽CDをデジタル録音出来るメリットやCDと同じ感覚で曲の頭出しが出来る便利さを受け継いだ事もあって、徐々に普及していった。

MDの売りの一つは、デジタル録音が可能で経年劣化にも強く長期保存に対応している事だが、MDの記憶容量は約140MBである。
CD1枚の容量は約650MBだから、MDの容量はCDの約1/5なのにも拘らず、再生時間は74分と同じ長さである。
という事はつまり、MDは録音時にCDの音楽を圧縮して記録していると言える。
しかし、多くのMD利用者はこの事を意識せず使用していたし、音質はほとんど変わらなかったから意識する必要もなかった。
むしろMDカセットがCDよりもサイズが小さくなった事による恩恵の方が大きかった。
ポータブルCDプレーヤーはポケットに入らないし鞄に入れてもかさばるのに対し、MDプレーヤーは胸ポケットにも収まる程度の大きさだった。
この事は、普段音楽を持ち歩く人間にとっては重要なポイントだった。

1990年代後半、CD-Rドライブが普及し始める。
以前は高価だったCDの複製が、パソコンと数万円のCD-Rドライブの購入で可能になったのだ。
CD-Rメディア製造メーカーとしては、太陽誘電やTDKが良質とされていたが、当時は使用に耐えない粗悪メディアも平気で販売されていた。
(海外産はもちろん、PioneerやDENONもひどかった)
CD-Rの登場により、CDに好きな曲を録音する事が可能となったが、MDとは違い繰り返し録音する事が出来なかった。
(CD-RWは繰り返し記録出来るが、当時ほとんどの音楽CDプレーヤーで再生不可だった)
また前述のように、MDよりも持ち運びが不便だったため、CD-RはあくまでレンタルCDや友達から借りたCDの複製のために使われる事が多かった。

これとほぼ同時期、パソコンによるインターネットが普及し始める。
研究機関や企業や個人のホームページ開設が相次ぎ、必要な情報は簡単に得られ、生活はより便利になったが、同時に様々な弊害も生まれた。
その一つがwarez問題である。
インターネットには不特定多数の人間が同時に接続可能なため、企業が販売するパソコン用アプリケーションデータやゲームソフトがひとたびサイトにアップロードされてしまうと、誰もがそのデータにアクセスしてダウンロード可能な状態となる。
warezに使用されるサイトは海外の無料ホームページスペースを利用するものがほとんどだったが、アップロードされたファイルには多数のアクセスが集中し、サーバの負荷が高まるため、管理者はそれを見つけ次第即刻削除した。
しかし、その監視の目をくぐり抜けるために、ファイルを分割・偽装する者が後を絶たず、ファイルをアップロードしては閉鎖という、いたちごっこの状態が繰り返されていた。

誰かがHPスペースにファイルをアップロードし、不特定多数の人間がそれをダウンロードする方式のwarezは、ファイル交換方式へとシフトしていく。
かつてのwarez方式では違法なファイルをアップロードした者のメリットはほとんどない。
強いて言えば、逮捕されるリスクを背負うだけだ。
始めはインターネットの中で作り出された小組織という目新しさも手伝ってか、「功労者」も確かに存在していた。
しかし、一時盛り上がりを見せたwarezは「ただ乗り」の群れだけが溢れた結果となり、徐々に下火となっていった。
一方、ファイル交換方式では、特定の誰かがファイルをアップロードするのではなく、ファイルを所持する者同士が互いの持つファイルを交換し合う事で成り立っている。
簡単に言えば、企業が経済活動を行うよりも前の時代に見られた物々交換のようなものである。
物々交換では双方が利益を享受出来、どちらか一方が損をするという事はない。
そのためNapsterやWinMXと呼ばれるソフトを利用したファイル交換は、インターネット利用者の間で爆発的な広がりを見せていった。

この1990年代後半のwarezからファイル交換へシフトする流れの中で、交換されたファイルはアプリケーションやゲームだけではなく、音楽CDも例外ではなかった。
CDに記録されているデータはデジタルデータであるため、容易にパソコンに取り込む事が出来るからだ。
しかし、音楽ファイルを交換するのには課題があった。
音楽ファイルの容量がインターネットで扱うデータ量としては大きかった事である。
そこで注目を浴びたのが音声圧縮技術だった。

Microsoftが提唱するWMAなどと並び、MP3は音声圧縮方式の一つで、その名称がそのまま拡張子にもなっている。
MP3はMDとは違い特定の企業が採用している圧縮方式ではなく、誰もが開発可能なオープンな圧縮技術であるため、より優れた圧縮方式が次々に発表されていった。
実際、データ量を1/10に圧縮したMP3ファイルを元の音源と聞き比べてみると、ほとんど区別がつかない。
結果、NapsterやWinMXなどでやり取りされる音楽ファイルは、楽曲をMP3に圧縮したものが主流を占めるに至った。

インターネットを介したファイル交換の盛況ぶりは、ソフトウェア会社やレコード会社を震撼させるのに充分な出来事だった。
時を同じくして、CDの売れ行きが減少傾向を示し始めた音楽業界に限って言えば、レコード会社はファイルの交換が自分達の利益を圧迫し、強いてはアーティストの音楽活動をも阻害していると主張、ファイル交換の違法性とその行為の根絶を求めた。
しかし、CDの売り上げ減少の原因は、CMや映画や音楽番組などとタイアップしてヒット曲を量産するという、お決まりのビジネスモデルが崩れたからだと考えられなくもなく、結局、CDの売り上げ減少の直接の因果関係がファイル交換によるものかについては諸説あり、まだあまりよくわかっていない。

ファイル交換によって得たMP3形式の音楽ファイルは、Windows Media Player等でパソコン上で再生する事が出来る。
また、圧縮したMP3ファイルを再び音楽CDで使われる形式に変換すれば、CDプレーヤー上でも再生可能である。
しかし、集めたMP3ファイルをパソコン上で聴くだけならいいが、ポータブルオーディオプレーヤーで聴く場合には、かなりの手間を必要とした。
CDプレーヤーで聞く場合には前述の通り、MP3をCDの形式に変換し、CD-Rに焼き付けなければならない。
MDプレーヤーで聞く場合には、そこから更に、MDに録音するという手順が一つ増える。
そこで登場したのが、MP3ファイルをそのまま再生出来る、MP3プレーヤーだった。

MP3プレーヤーについては詳しい説明は不要だろう。
CreativeやRioやiRiverといった海外メーカーだけでなく、かつてポータブルCDプレーヤーを販売していたSONYやPanasonicもMP3プレーヤーの発売に名乗りを上げた。
また、Apple社がiPodを世に出した事はあまりにも有名である。

次回はポータブル型MP3プレーヤーの比較のポイントについて書きたい。
[PR]
2005年 04月 29日 *


今日は時間があったので「Windows Media Player」のグラフィックイコライザを使い、自分にとって気持ちのよい音を探してみた。
つまみを少しでもいじると音質は変化するから、いくらでも試行錯誤が可能である。
プリセット機能がないので、せっかく作成した設定を複数個保存出来ないのが残念。

こういうのはやっているとキリがないので、適当なところで止めてみた。
これが今日の設定です。

31Hz 2
82 6
125 -3
250 -1
500 -6
1KHz -9
2 -2
4 3
8 6
16 0

音楽を聴くのが好きな方は、ぜひ色々試してみて下さい。
どれが正解という事はなく、自分がいいと思えばその設定が正しいと言えます。

ところで、ピアノの鍵盤には白色と黒色があります。
だいたい白と黒は交互に並んでいますが、ミとファの間とシとドの間には黒い鍵盤がありません。
なぜでしょうか。

「ド」の音や「レ」の音がどのようにして決まったかというと、これはおそらく、人間が気持ちいいと感じる音を並べた結果だと考えられます。

音は振動であり、それが人間の鼓膜を震わせ、音として聞こえます。
1秒間に440回震える振動の音(440Hz)を「ラ」と定義しましょう。
この音はチューニングの時基本となる音であり、117の時報の音であり、音叉の音でもあります。
オーケストラの中にはチューニングを441にしたり442にしたりする楽団もありますが、基本的には「ラ」の音を440Hzと定義します。

440Hzの「ラ」の音と気持ちよく調和する音があります。それは、880Hzで振動する音です。
880Hzで振動する音は、1オクターブ上の「ラ」の音です。
数字の440と880は、ちょうど1:2の関係になっています。
1:2の関係を気持ちいいと感じるなんて、人間の感覚は数値化できないようでいて、実はロジカルな面を持っているんですね。

同じように「ラ」に対して振動数の比率が2:3や5:6の音が「ミ」だったり「ド」に相当します。
逆に、1:1.038など中途半端な関係の音を同時に鳴らすと、人間にとって気持ちの悪い音になります。
ピアノで「ド」と「ド♯」を同時に弾くと嫌な音になるのと同じです。

次に「ド」の音(264Hz)を基準に考えてみましょう。
4:5 ミ
3:4 ファ
2:3 ソ
3:5 ラ
また、ソの音を基準に考えると、2:3で「レ」、4:5で「シ」が導き出されます。

これらの音を低い順に並べていくと、ドレミファソラシドの音階が出来上がります。
ドレミファソラシドには♯や♭がありません。
ドレミファソラシドをピアノで弾くと、黒い鍵盤もありません。
つまり、5線譜やピアノという楽器は、ドレミファソラシドの音階を基準に作られており、その音階は人間にとって気持ちのよい音を並べたものだと言えます。
[PR]
2005年 04月 25日 *
問題なのは、布団の中にくるまって寝たり、映画を観たり、音楽を聴いたりする事が、あまりにも気持ちいいという事だ。
[PR]
2005年 04月 18日 *
時間が空いてしまった。

新しい環境に慣れるのでエネルギーを消耗しているというのもある。
自分のすべき事の方向性が定まっていないせいもある。

とにかくやらなきゃいけない。
こうしたい、ああしたいと考えているだけではだめだ。
そこから行動をおこさない限り、何もしていないのと同じだ。

やりたい事が色々あって、この頃音楽をやりたいと思うようになった。
自分の気持ちを表現する事が大切だと考え、これまで模索してきたけど、最近は音楽に時間を使いたいと感じるようになった。

そんな訳で、書きたい事は沢山あるんだけど、またこれから更新する回数が減ると思います。

時間は限られている。
その感覚が時間の経過とともに現実味を帯びる。

説明としては不十分かもしれませんが、数ヶ月くらいこの場所から離れて、自分のやりたいようにさせて下さい。
[PR]
2005年 04月 10日 *
週末は無気力だった。
何もせず寝てばかりだった。
この年になると自分から何かしなきゃ何も始まらないって誰か言ってたっけ。

思いを込めれば伝わると思っていた。
そりゃ1億人くらいに見せれば、1人くらいには伝わるんだろうけど。
もう少し形式を変えた表現方法があるのではないか。

言いたい事は沢山あった。
昔は好きな人にそれをぶつけていた。
好きな人は、僕の事をわかってくれた。

僕は一人でいる事を願った。

望み通り一人になった。

だが孤独の果てには何もなかった。
何も見えない。
[PR]
2005年 04月 07日 *
スイッチが入ると、自分でわかる。

花粉症患者がある一定の花粉の摂取量を超えた途端に発症するように。
或いは、ある一定の花粉の摂取量を超えないと発症しないように。

その時は突然襲って来る。
時間をかけて積み上げてきた積木が突然、がらがらと崩れ落ちるように。

昔は別人格が出現したのだと勘違いしていた。
毎回試験の時いい点数を取ってくれた。
本当は、ストレス下に置かれた自分が性格を変え、物事を効率的に処理していただけだった。

スイッチが入った時は、自分がヒーローになったように思えて誇らしい気分になるが、その状態はそう長くは続かない。
しばらくすると、また元の自分に戻ってしまう。

何でも上手くこなす彼と、何をやっても駄目な僕。
どちらも良いところを持っており、悪い部分も持っている。
2人の良いところだけを持てればいいが、なかなか難しい。

物事に光と影があるように、絶望の淵に希望が浮かぶように、性格の良い面・悪い面は、お互いがお互いを支え合う表裏一体の関係なのかもしれない。
だからといって(自分にいい部分があるからといって)怠けていいという事ではないが、かといって自分を必要以上に卑下する事はない。
誰もがいい部分を持っている。
[PR]
2005年 04月 07日 *
僕はなんの役にも立ちませんでした。

自分のやってきたどうしようもなく下らない仕事を先輩が引き継ぐのかと思うと泣けて来ます。
ただでさえ忙しいのに、これからは休む事すら出来なくなるでしょう。

出来ればそのつらさを分かち合って、これからもずっとやっていきたかった。
このような結果となってしまい、本当に申し訳ありません。

僕に何が出来るでしょうか。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon