Top
<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
*
*
2008年 06月 25日 *
僕は物を片付ける時、棚や引き出しの中にしまう。
ちょうどパソコン上のファイルをディレクトリやフォルダの中に保存するように。
しかし、これで本当に物を整理したことになるのだろうか。
中身が何だか分からない膨大なファイルを一つのフォルダに入れて終わりにしていないだろうか。
時間が経ってもどこに何が入っているか覚えていられるだろうか。

例えば仕事をしていたとしよう。
まず問題点の洗い出しを行う。
その課程においては、とにかく何でもいいから考えつくことを列挙する。
次にそれらの問題についての解決策を考える。
問題はあらゆる角度から、あらゆる切り口から見つめなければならない。
そして解決策は、体系的でなければならない。
かつ、想定され得る全ての問題に対応可能な回答でなければならない。

問題の洗い出しは定期的に行う必要がある。
得られる回答も状況に応じて変化していく。
その時、以前解決されたであろう問題であっても、同一セグメント上に列挙してみる。
パソコンに例えるなら、一度フォルダの中に分類したファイルを全て外に吐き出す。
Windowsにはエクスプローラという機能があるが、Aというフォルダの中を見るとき、Bというフォルダの中身を同時に見ることはできない。
逆に、Bというフォルダの中のファイルの存在を確認する時、Aというフォルダの中を見ることができない。
そこで、Aの中身とBの中身を同時に見る必要が生じる。

次に規模が問題となる。
10個や20個のファイルを分類するのは容易だが、1000個やそれ以上の規模のファイルが存在した場合、どのような対応が望ましいか。
一つ一つは複雑に絡み合っており、ただ単に分類すれば良いというものではない。

そもそも、分類することと整理することは同義ではない。
単に分類しただけでは整理したことにはならない。
逆に、分類された状態から未分類の状態に戻す行為は、正反対の行動を取っているにもかかわらず、場合によっては整理することにつながるのかもしれない。

で、どうすればいいのかを考える。
きっと頭のいい人たちは、とうの昔に回答を得ているはずなのだ。
[PR]
2008年 06月 22日 *
ダム建設工事のために水の底に沈んでしまう村と、その村に住む人々の衝突と離散を描いた社会派ノベルゲーム。

という触れ込みだったので、プレイする前は少し期待していた。
実際プレイしてみると想像と随分違ったような。
しかも、この作品には突っ込みどころが満載で、それがギャグの域に達しているから怒れない。

ディズニーランドだと思って行ったら、北京石景山游楽園だったみたいな。
北京石景山游楽園は、本当のディズニーランドを知らない人が行ったら夢の国になるだろうけど、もしディズニーランドを知っている人が行ったら夢の国にはならない。
僕たちは、本物とは違う偽物のミッキーと対峙した時、なんて言えばいいのか。
目の前のそれは、期待以上でも期待以下でもない。
大切なのは言葉ではない。
考えてはいけない、感じるんだと自分に言い聞かせながら、言葉を失う。

もちろん、ちゃんと作ってる部分も沢山ある。
ただし、枠からはみ出す部分が突如出てくる。
それも1回や2回のレベルではない。
敢えてそれを感じたい人ならば、プレイする価値があると思う。
[PR]
2008年 06月 15日 *
シナリオが秀逸だとして名高いEver17をプレイしてみた。

以下ネタバレです。
[PR]
2008年 06月 14日 *
人が死んでるのによかったなんて、すごく不謹慎だ。
芸能人がこんなこと書いたら炎上して閉鎖されているだろう。
ネットとはいえ滅多なことは書けないと思う反面、少し自由が縛られている感じもする。

以前、ある企業の製品について批判的な記事を書いたことがある。
そしたら翌日に記事を削除しないと営業妨害で訴える旨のコメントが書き込まれていた。
自分は本心を書いたつもりだったのに、そんなこともダメなのか。
その後彼と何回かやり取りしたんだけど、正直とても疲れた。
先日久しぶりにスーツに袖を通したのはこの件ではなく、また別のトラブルのためだったんだけど。
それについてはまた機会があったら書く。

秋葉原の連続殺傷事件で、ナイフを規制するとかネット上の書き込みを監視するとか、予防策が出ている。
彼はキレたらとんでもないことをするタイプの性格なのだと思う。
学生の時、クラスに一人くらいはいたはずだ。
普段おとなしいのに、突然キレてとんでもないことをするタイプの人間が。
彼は医学的に精神異常者でも薬物依存症でもない。
ただし将来何をするかわからない、潜在的に何かをやらかす可能性を秘めた人間ではある。
自分を止めて欲しかったとの供述は言い訳だと言われてるけど、彼は確かに自分自身を止められなかった。
オープンスペースでの殺人予告は、彼の僅かな良心の部分かもしれない。
[PR]
2008年 06月 14日 *
突然体が揺れ出して、ハンガーに掛かってる服まで一緒に揺れて、とうとう自分の頭がおかしくなったのかと思ったら、東北で地震があったらしい。
不謹慎だけど、本当に地震があってよかった。
大地震は恐いけど。

この前、マウスのポインタが独りでに動いたように見えた時は、とうとう幻覚まで見えだしたかと数日間落ち込んだ。
数日後、やっぱりどう見てもマウスのポインタが勝手に動いたので、マウスが壊れていたことがわかった。
壊れていたのが自分ではなくマウスの方で安心した。

それはともかく、ノベルゲームが面白いような気がしている。
「ノベルゲーム」という言葉も最近知ったのだけど、文章と音楽とCG、場合によっては声が付加され、それをプレイヤーが読み進めていく形式のゲームのことを言う。
何がすごいかって、文章、普通に書いたら陳腐だったり臭かったりする言葉が、音楽や絵によって違った輝きを持ち始める所。
これは音楽に通じるものがあるように思う。
ただの言葉が、音楽に乗せると歌へと変化する。

深夜、友人からメールが来た。
今ちょっと忙しいからと返信すると、「じゃあいいです」とメールが返ってきた。
ノベルゲーム風に言えば、フラグが立たなかった。
でも何の用事だったのかとても気になっていた。

2日後、また友人からメールが来た。
mixiに招待して欲しいと。

なんだ、mixiに招待して欲しかったのか。
最初からそう言ってくれればよかったのに。

よく考えてみると、以前も彼女と同じやり取りをした記憶がある。
その後気分的に落ち込むことがあったらしく、途中で退会してしまった。
そして今回、落ち込みがちな彼女がまたmixiに挑戦しようとしている。
それはまるで、人と接触を持とうとして落ち込んで、それでも接触を持とうとして落ち込むのを繰り返しているようだった。
[PR]
2008年 06月 03日 *
とても残念なことに……。
「完全版」という言葉そのままの意味を捉えると、同人版のいい所を包含しつつ、更にプラスアルファで良くなってる感じがするけど。
実際は違った。
なんか違うゲームになってる。
BGMは丸っきり刷新され、CGも違う。
テキストもなぜか微妙に修正されている。
素人の自分でさえ明らかな劣化がわかる。
きっと追加されたシナリオはプレイしてしまうんだろうけど、同人版と完全版のどちらか一つを選ぶとしたら、絶対に同人版をおすすめする。

音楽やCGが変わるだけでここまで違うものなのか。
映画でも、音楽の占める割合って大きい。
ゲームにしたってそうなんだろう。

ところで、この手のゲームは難しいプログラムの上に成り立っているのではなく、HTMLのような単純なスクリプトで動作しているらしい。
少しソースを覗いてみたら、制作者の自分用の注意書きなんかが読めて、こんな風に作ってるんだなーと感じて面白かった。

;通常テキストボックス表示
;背景 黒画面
みたいなの

せっかくだからゲームがどんな仕組みで動いているのか読んでみようと思った。
[PR]
2008年 06月 01日 *
「車輪の国、向日葵の少女」を書いた、るーすぼーいさんの作品ということで、a profile(同人版)と夏の燈火をプレイしてみた。
これらについては掲示板やブログなどあちこちで語られているので、自分が特別何か書く事はないけど、一応感想ということで。

以下、18禁およびネタバレです。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon