Top
<   2008年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧
*
*
2008年 07月 31日 *
自分の日本語がよくわからなくなってきた。
今まで自分が感じてきたことに意味が消えていく。
何かに突進して無残に砕け散りたい。
どこかに道はないかな。
くだらないものばかり。
はやく解毒剤を見つけたい。
この人間はまずい。害虫だ。
はやく何とかしないと。
人間でなくなってしまう。
[PR]
2008年 07月 30日 *
自分は最悪の人間だ。
僕は相手のことを間違っていると主張してしまって、今ではなぜそんなことを言ったのかわかりません。
価値観の押しつけは、人に一番してはいけないことです。

もう二度と会うことはないでしょうけど、少なくとも自分にとっていい刺激になりました。
物事を小さく考えてはいけない、もっと上を目指さなければならない気持ちになりました。

共通項のある人とわかり合うのは簡単なことです。
いかにして共通項のない人に自分をわかってもらうか。
それはきっと、海外に行って言葉が通じない状況と似ています。
それでも何とかして伝えなくちゃいけません。
相手から「こいつ何言ってんだ」とか、ファッキンジャップと思われようが、一生懸命伝えようとする、その第一歩を踏み出すことが大切です。

毎月第1金曜日に発表される米国雇用統計の発表時、FXの登場によって、ミリオンダラーなんて持っていなくても個人の小遣い程度の資金だけで100万通貨単位のポジションを持つことができ、ほんの数秒間で100万円単位の金額が増減します。
CTA筋なら、その数百倍の単位で注文を出すことが可能です。

僕は、初めて暴君ハバネロというお菓子を食べた時、この辛さは暴力的だと思いました。
それと同じように、相場の変動を目の前にすると、これはお金の暴力ではないかと思ってしまいます。
南アフリカで生まれた人たちは、自国の通貨がアメリカや日本の一般庶民によって取引されているという事実すら知らないかもしれません。

自分のしていることが何なのか自分でもわかりません。
自分に一番欠けているもの。
自分が組織に属していないこと。
自分の存在を誰にも示せないこと。
[PR]
2008年 07月 29日 *
何もできずに1日が終わる。
何やってるんだ。
自分の誇れるものってなんだろう、どうすれば人に存在をわかって貰えるのだろうと考えた。
自分はきっと無価値だから分かって欲しいなんて思っちゃいけないのかもしれない。

最近一人でいて生きてる意味がないと感じて、夜は誰かと飲んで過ごしたいと思う。
相手なんて誰でもいいと思っていたけど、いくら一緒に飲んで話しても、お互いの距離は縮まらず、わかりあえない人がいるのだと知った。
共通の話題があればいい。例えば音楽が好きならそれだけで十分。
別にミスチルが好きでも構わないし、SoilworkのGrand Failureのギターソロは最高って話でも全然いい。
共通項があれば少なくとも日本語は通じる気がする。

無職になって、多少お金を使うようになった。
自分に身分がないことがどうしようもなく不安で。
働いてる時は身につけるものも安さが優先だった。
どんな格好をしていようと、広告宣伝に何千何億と金をかけている企業名の描かれた名刺を持つことが、自分の存在証明になった。
服装に金をかける必要がなかったから、仕事に専念できた。
今の僕は、詐欺師が身なりに注意を払うように、何事にもお金をかけないと誰にも信用して貰えなさそうな不安に襲われる。
[PR]
2008年 07月 29日 *
ショックだった。
世の中にこんなことがあったなんて。
伝えようと思っていた100あるうちの10%くらいは伝わるものだと思っていたけど、違っていた。
ゼロ。全然伝わらない場合がある。
考え方、捉え方の根本が違う。
俺が考えてることなんて所詮、田舎の風景を眺めていると落ち着くとか、都会では居酒屋が雑居ビルの中に詰め込まれているのに、地方だと車でしか行けないような場所にぽつんと一軒家で立っていたりして。
そういう景色を見て、不思議だと感じる。
彼女は乗っている車や所持している不動産や職業・年収、身につけているブランド品、そういったものに価値を見出している、しかもそれを露骨に表現していた。まるでそれが世の中の全ての価値を代弁しているかのように。
正直、自分は無頓着というか、そういったものに価値を感じないのだった。
外車に乗ったり、高級マンションに住めば最初は楽しいかもしれないけど、あとから憂鬱になってくる。
こんなものに価値はないって。
お金に価値は感じる。
生き方を間違えながらも人並みに稼ぐこともできる。
でも当方に分かりやすいステータスなどなく、人に自慢できるものはない。
無いというか、自分が価値があると思っていたものが相手に全く伝わらなくて、相手の話していることが自分にとっては否定したくなることばかりだった。
スキーみたいな庶民的な娯楽なら「なにやってるんだろう」と思いながらも楽しむことは可能だ。
しかし、貴族階級がやるような趣味は何が面白いのかさっぱり理解できなくて。
そこで自分は異質な存在であると認識し、同時にやっぱり庶民なんだなあと実感する。
小さな幸せで十分。
雑誌やテレビで宣伝されているような大げさな幸せは要らない。
自分はものを買う時、けっこうじっくり考えて、ずっと同じものをボロボロになるまで使うんだけどね。
よく考えたら、それっていかにも庶民だよね。
あと時間を共有した感触として、お互いの悪い部分が出てしまう気がした。
化学反応と言ったら大げさだけど、やはり二人でお互いいい部分を引き出しあえたらいい関係なんだと思う。
お互いの価値観が食い違い、意見が衝突するのを感じ、リアルに絶望に包まれた。

こう考えることにしよう。
いつかいいことがきっとある。
根拠なんてないけど。
[PR]
2008年 07月 28日 *
考えていたらこんな時間になってしまった。
彼女は単にマイペースなのか、人付き合いが下手なのか、自分が避けられているのか、本当によくわからない。
キャラ設定が矛盾しているというか、例えるなら菜食主義者なのに肉ばっかり食べているような、行動に納得できないことが多い。
謎は謎のまま終わりそうな気もする。
「よくわからない人」として。
[PR]
2008年 07月 26日 *
飲みにいくことになりました。
どうなるんだろう。
自分はわざわざふられに行くのだろうか。
それ以前に何しに行くんだっけ?
毎日暑いですねとか、そんなどうでもいいことを言いに行くのか?
それとも年甲斐もなく「付き合って下さい!」なんて言ったりして。
全然想像がつかない。
ていうか社会的底辺だぞ。ヒッキーだぞ。威張れることではないけど。
相手の迷惑を考えろよと。
緊張して苦しくなってしまってブログどころじゃなくなってきて、あまり更新できてなくてすみません。
どうすればいいんだろう。
変な汗が出てくる。
[PR]
2008年 07月 23日 *
あれから横になって、しばらくして起きたらまだ景色がぐるぐる回ってたのでまた寝て、そんなことを繰り返していたら、1日が過ぎた。
夜に一応復活した。
ただお酒は体に良くないという認識は変わらない。
耳はよく聞こえないし、歯ぐきから沢山出血する。

そういう最悪期は脱した状態だったけど、例の彼女からメールが来ていた。
既にアドレス帳から消してたから最初誰かわからなかった。
内容は前回同様、言い訳付きで。
「返信が遅れてすみません。メールが苦手で…」

ってお前は小学生か?
それにしたって返信に1週間以上かかるのはおかしいだろ。
それとも、機械に弱いおばあちゃんですか?
もしかして俺は、おばあちゃんとメールしてましたか?

どう考えてもバカにされてるとしか思えなくて、いや、それよりもっと酷いことをされているとしか思えなくて。
俺が何か悪いこと言いました?
このような状況を招いた原因をいくら考えても答は出なくて、気分は晴れなかった。

……
でも、本当にメールが苦手で返信が遅くなったのかもしれない。
その可能性が1%でもある限り、彼女をまだ信用したいと思う。
[PR]
2008年 07月 22日 *
お酒の飲み方を変えようと思う。
0か10かみたいな飲み方は絶対体に良くないよ。
だったら少しずつ3、3、3の方がいいよ。
ひどいよ。さっきからずっとひどい頭痛がするよ。
悪夢だ。現実という悪夢から逃れようとしてるのにそれどころじゃないよ。
何もかも嫌になってしまった。
僕の鞄にこっそり小枝を入れたのは誰ですか?
食べるに食べられないじゃないか。

とにかく苦しいよ。
他に何もないよ。
苦しいこと以外。
なんだかわからない。
[PR]
2008年 07月 21日 *
夏らしい飲み物ということで、スターバックスのフラペチーノが飲みたくなった。
モカフラペチーノかキャラメルフラペチーノがいいかなと。
とはいっても、自分は冬でも1年中フラペチーノを頼んでいたりするのですが。
スターバックスのHP見たら、フラペチーノの種類が増えているではないか。
昔は3種類くらいしかなかったような気がする。

駅前のスターバックスに行ったら混んでいたので簡単に諦めた。
結局、家の近くのタリーズコーヒーに行った。
タリーズではフローズン系の飲み物を“swirl(渦)”と“circle(輪)”を合わせて「スワークル」と呼ぶそうです。
種類はスターバックスより少なめです。

連休なのでとりあえず外出しようと思ったけど、結局自分の家から1kmも離れていない喫茶店で過ごすことになるとは。
しかも、喫茶店で何をしていいかわからず、「一体自分は何をしてるんだ?」という思考回路に陥り、気分的に落ち込んだ。
自分の行動範囲は狭いです。

そういえば今はガソリン代が高騰しているから、車で外出する人は大変だね。
1リットル当たりの金額が2倍くらいになって、生活に車が必須な地域にとっては大きな痛手です。
魚を捕って暮らす漁師さんが船に乗れないなんて、かなり洒落にならない状況です。

東京を脱出してどこに住もうかとも考えるのですが、東京は東京で便利です。
車がなくても交通機関が発達してるのでどこにでも行けるし、食料に困ったとしてもコンビニは石を投げたらぶつかるくらい沢山ある。
東京は何でもありそうで何もなさそうな、不思議な町です。
ただお金をかければそれなりの物が手に入るので、「沢山働いて、沢山お金を払って他所では味わえないものを食べるぜ!」みたいな人にはオススメです。
逆にそういう価値観がないとキツいかもしれないです。

b0041624_2164941.jpg

[PR]
2008年 07月 20日 *
働いてるとしたら平日昼間にお店に行くことはできない。
だから休日や連休は、どの店も混んでいる。
一方、平日昼間のお店は空いていて、自分より店員の数の方が多いくらい。

自分は異質な存在である気がして、平日にお店に行けないのです。
どうしても買わなきゃいけないものがある場合は別だけど。
何となく売り物を見たいという時は、こういう3連休の日にがんばってお店に入ります。
店内は混んでいるので、自分のような異質な存在が一人混ざっていたところで浮かないと思っています。

今日スーパーに行ったんですけど、スーパーでは500mlのペットボトル飲料が98円とかで売られていて。
コンビニではこれと同じものが150円するのに、どうしてこんなに値段が違うのかと。
100円と150円じゃ50%値上げしてるのと一緒じゃないかと。
消費税を10%上げるだけで反対意見が噴出するのは目に見えているわけですが、そもそも消費者は賢い消費をしているのだろうかと。

これからの将来、未来はそんなに明るくないと思うんですね。(じゃ明るい未来って何だって言われそうですけど。)
ただ現状一人あたり月20万円ほどの収入があれば最低限の生活はできるわけで。
他の国に比べたらそんなに酷い状態ではないと思っています。
ただ5年や10年のスパンで考えると、経済は今より酷い状態になっている可能性があります。
未来に何が起きるかなんて誰にもわからないのですが。

これも個人的観測に過ぎませんが、今の流れだと、少なくとも来年の3月くらいまでのあと半年くらいは安泰である可能性がそこそこ高いと思います。
でもそこから先がどうなるかわからなくて。
わからないから、何が起こるかわからなくて不安です。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon