Top
<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
*
*
2008年 12月 26日 *
これからどうやって生きていこうと考えるものの答えは出てこない。
そろそろ企業も正月休みに入るだろうから、自分もそれに合わせるか(笑)ということで何もしていない。
何をして時間を潰そうかと思案し、こんな本を読んでみた。

世田谷一家殺人事件~侵入者たちの告白

不景気で真っ先に思い浮かべるのは倒産・リストラだが、今後犯罪件数も増えていくと思われる。
この本では今から約8年前である2000年12月30日に起こった世田谷一家殺人事件の犯人像に迫っている。
ただ内容はドラマ仕立てで進むので、「奇跡体験アンビリバボー」 のイメージ映像のような安っぽさがにじみ出てしまっている。
ノンフィクションならノンフィクションで、事実をレポート形式で時系列や章ごとにまとめて貰った方が効果的だ。
これだけの事件なら、事実だけ並べただけでも読者はリアリティを感じられるだろうし、その方がわかりやすいはずだ。
2時間程度でサクッと読めてしまうが、読んだ後で考えてみると幾つか疑問点が出てくる。
物語の中ではクリミナル・グループのネットワークはすごい! とか、事前に入念な準備をして犯行に及んでいることが語られているのだが、でも実際は7千円しか盗めなかったり戦利品が見当たらなかったり、その上複数の殺人を犯している。
誰だって、殺人で捕まって何年も刑務所の中で無駄に過ごしたくはない。
だから通常、盗みが目的なら殺人は極力避ける。
本の中で「クリミナル・グループは金のみで人と人が繋がっている」と作者が言うものだから、読者としては人を殺して多額の報酬を得る犯罪集団があるのかと勘違いしてしまうが、お目当てのブツは見つからないわ、無意味に人殺しはするわで、結局やっていることはプロとは程遠い、むしろ素人に近いのではないのか。
それでいてクリミナル・グループは高級車? に乗っているらしいのだから訳がわからない。
そのお金は一体どこから出てきたのでしょう。
実は意外と真面目に働いて稼いでたりして…
いや、安っぽいドラマにそこまでリアリティを求めるのが無粋ってものかもしれません。
[PR]
2008年 12月 24日 *
今日は情報収集のため東京駅OAZOの本屋さんに行った。
本を買おうとしたら昼間のコンビニみたいに店内を取り囲むように行列が出来てて、買うのをやめようかと思った。

今日はクリスマスイブらしい。
「ケーキ食べた?」とかメール送ってきやがって。
こいつどうせ一人なんだろうなっていう自分の仮説を立証したいのだろうか。
さすがにケーキを一人で食べるほどポジティブな気分ではない。

そろそろ働こうかと思っている。
今の生活を10年も20年も続けると思うと息が詰まりそうになる。
それに現実的に無理だとも感じる。

ただ能力もなく何もせずにのうのうと生きてきた自分を採用してくれるところはあるかと考えると、どこにもない。
当然、世の中そんなに甘くないわけで。

自分がなぜ働かずに生命を維持してきたかというと、それは自分の貯金を殖やしてきただけの話なのだ。
全ての人に出来る事ではないけれど、それが出来たところで社会の役には立たない。
人のお金を殖やすためには、人のお金を預かる必要が生じる。
見ず知らずの人間に対して、誰がお金を預けようと思うだろうか。
ましてやこの不景気の状況下のもと。
ほぼ全ての金融商品が下落している中。

という訳で、僕は人に誇れるような特技を何も持ち合わせていない。
地方の原子力発電所施設内で放射線をふんだんに浴びるような仕事にエントリーしたら、即採用して貰えるのだろうか。
働かせて貰えるなら雪国でも砂漠地帯でもいいから行きたい。
[PR]
2008年 12月 23日 *
今日は少し転職サイトを覗いてみたよ。
この年齢で経験なしで資格なしで不景気の中、就職できるかわからないけど。
でも何かしないと何もはじまらないから。

みんな一生懸命働いてるんだよね。
自分だけ楽しようなんてやっぱり思えない。
[PR]
2008年 12月 22日 *
正常とは思えない。何か食べると気持ち悪くなって、ずっと食べなくても気持ち悪くて、ふと意識が飛んで一瞬自分の居場所を見失っていたことに気付く。
自分はおかしいんじゃないかといつも思うけど、みんなも同じことを思っているのだろうか。
何か楽しいことありますか?
ないです。
昔が楽しかったのは、初めてのことが多かったせいかもしれない。
最近テレビも見なくなって、世の中から切り離されたような、自分は異常なのではないかと、いや、危険なことに希望を見出している時が確かにある。
[PR]
2008年 12月 09日 *
水色や空気、そこから空間は広がっていた。
誰かに押し付けられたものではなく、自分で想像していた。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon