Top
<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
*
*
2011年 03月 23日 *
これはかなり辛口な…映画館でみた方がより雰囲気を感じ取れたかもしれない。

人の悪の部分を扱うような映画は、アメリカにはよくあると思う。
正義と悪という図式では語れないようなやつ。
野島伸司の脚本に出てくるような単純な悪人は登場しない。
主人公には悪い所もあるけど、良い所もあって、そこに人情味を感じるというか。
ダークヒーローといった方が適切かもしれない。

監督が言うように、これはドラッグ社会の弊害を表現した映画ではない。
人にとっての「救い」の必要性を訴えてくる映画だ。
その救いは、人によって、金だったり愛だったりドラッグだったりするのだろう。

主人公は冒頭シーンで人を救い、そのおかげで生涯腰痛を負うが、それについて他人を恨むような描写は最後までない。
ただ主人公に悪の面があって、他の人にもあって、それで世の中が回っているシーンが淡々と描かれる。
悪人は地獄に堕ちる訳でもなく、かといって特別いい思いをする訳でもなく、なぜか冒頭の解決困難だった殺人事件は主人公が解決へ導く。
それをあまりやり過ぎると意味不明で終わってしまうが、奇妙さ加減のバランスに優れた映画だった。
色々考えさせられるような、妙な後味が残る。

話は変わるが、僕が始めて社会人になった時、ビジネスマナーなどの研修を沢山受けた。
でも仕事は現場でやるものだと思って、机上の研修なんてやる気になれなかったし、配属されてもその気持ちは変わらなかった。
実際、ビジネスマナーを完璧にこなせる人間が評価されて上の役職に就いている訳でもなかった。
そこには、簡単な儲け話にはウラがあるので乗ってはいけませんとか、道徳的な話や、人としてどうあるべきかが書かれてあった。
最初読んだ時、一流企業はこんなことまで教育するのか、と思っただけだった。
ただ何年か経過して、無性にその本が読みたくなる時がある。
その本は部屋をいくら探しても見つからなくて、もしかすると捨ててしまったかもしれない。
だけど無性に読みたくなり、定期的に部屋の中を探している。
[PR]
2011年 03月 21日 *
シンセは音の加工が前提みたいな感じだったけど、ピアノ音源はなるべく音を加工しない方がいいということに気づいた。
まあどうせみんな知っているだろうけど。
昨日あげた音に我慢ならなくなって再アップロードした。
また、今日は別のゲームの曲のピアノパートをPianoteqに演奏させてみた。
いい曲だなぁ。

0321-2.mp3
[PR]
2011年 03月 19日 *
ピアノ音源が気になり出して、色々なメーカーのものを聴き比べている。
RolandのSRX-11の音がいいと思ったけど、環境を揃えるのに7万くらいかかりそうなので気軽に買える金額ではないなぁ。
今はソフト音源が主流で、合計~GBといったように、サンプリングの容量を競い合っている。
ただ結局、出る音が心地よいと感じるかどうかなので、容量が大きいからといって必ずしも良い音という訳ではない。
確かにサンプリング音源は、1音弾いた時の音はいい音だ。
しかしピアノは構造的に複数の音があると互いに共鳴し合って音が鳴る楽器なので、それを再現できないと弾いていて違和感があったりする。
自分は人工的な音が好きなので、RolandのSCシリーズのピアノ音源で十分ではないかとも思うが、日常的に弾くには音が薄い感じも否めない。

消去法でいくとPianoteqあたりがいいのかなと思う。
Pianoteqは合計容量が20M以下という、フィジカルモデリング音源だ。
サンプリング音源とは異なり、PCが計算して音を鳴らしているのでソフト自体の容量は小さい。
電子音の定義というとよくわからないけど、SCシリーズの音源が電子音なら、Pianoteqも広義の意味では電子音に含まれる気がする。
ホームページの触れ込みにあるように、音を同時に鳴らした時の感じもなんとなくわかる。
どういう計算ロジックなのか全くわからないけど、サンプリング音源でこの感じを出すのはおそらく難しい。

ホームページのデモ曲。
black-1.mp3

約15年前のある有名な(?)ゲームの曲。
0321-3.mp3

当時のゲーム音楽は1音1音の音が薄いので、音を重ねることでカバーしていた。
ただそれでも薄く、どことなく頼りないような、不安定な感じがあった。
その不安定さがよかった。
今その不安定さを再現しようと思っても、現在の音源は豪華な感じがしてなかなか難しい。
そこは楽器の使い分けの領域の話なんだろうな。
例えば有名なバンドのメロディも、ボーカルが歌いやすいように変更したりするのと同じで。
ミクの曲もミクが歌いやすいメロディになっていて、人間が歌おうとしても難しかったりする。
痕より前のゲームだと、PC-98の音源を意識して作っている曲が多い。
実は、楽器(あるいは機材)と曲は意外と密接な関係にあるのかもしれない。
[PR]
2011年 03月 15日 *
原子力発電所を安全に保つには、以下に問題がないことが必要となる。

1.格納容器の設計(全てを閉じ込めておくため)
2.制御系(原子炉を停止状態にさせておくため)
3.冷却系(正常に機能しないと、空焚き状態→炉内圧力上昇→圧力を下げるため弁を開放し蒸気を逃がす→放射能漏れ)

現在なぜ福島原発で放射能が漏れているのかというと、3.の冷却が上手くいっていないからだ。
チェルノブイリのようなことにならないという主張の根拠は、現時点で

原子炉が停止状態にあること
第三格納容器の健全性が保たれている

点にある。
ただし、何らかの理由で制御棒が溶けたり脱落し、機能しなくなり、
さらに第三格納容器の健全性が保たれなくなった場合は、チェルノブイリのような事態になる。

しかし現在は、原子炉が停止しており、冷却に関しても対応中のため、このままいけば事態は沈静化する。
最後の砦となる第三格納容器に関しては、設計段階にミスがなかったことを信じるしかない。

ちなみに新聞記事は間違いが多いので読まない方がいい。特に日経とか
下記リンクを参照すれば今何が起こっているのか何となくわかると思う。

■参考リンク

原子力のしくみ(東京電力)
http://www.tepco.co.jp/nu/knowledge/system/index-j.html

MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説
http://news.livedoor.com/article/detail/5414245/

原発に関するQ&Aまとめ | サイエンス・メディア・センター
http://smc-japan.sakura.ne.jp/

■参考書籍

原発事故はなぜくりかえすのか(高木仁三郎・岩波新書)
[PR]
2011年 03月 14日 *
家に着いた。
久しぶりにテレビを見ている。(インターネットで視聴できる)

地震に関しての意見は書きたくない。
あれこれ意見したり、対応を批判したくない。
周囲にメッセージを発信したくない。
事実だけを書きたい。

3.11は都内の会社にいた。
地震はいつものことだから、直後は全然気にしていなかった。
それに最初の揺れはそれ程のことではなかった。
そのとき僕は電話していて、割と揺れが大きくなりだした頃、おそるおそる「ちょっといま地震が…」と相手の言葉をさえぎった。
相手も「すごい揺れてるね」と同調してくれた。
相手は電話をあまり切りたくなさそうだったが、申し訳ないけど切らせてもらった。
相手は外にいたので安全だったかもしれないが、自分は建物の中にいたし、これから余計な仕事が増えることが心配だった。

しばらく大きな揺れが続いて、それが収まったあと、大抵の社員は立ちつくしていた。
(自分の机はフロア内の全社員を一望できる位置にあったので、よく見えた。)
みんなどうしたらいいのかわからず、ただ立っていた。
しばらくすると建物の外に避難するようにとの館内放送が流れた。
そのあと数名を除いて全員建物の外に出ることになった。

外に出ると、遠くで黒煙があがっているのが見えた。
火災が発生している。
地震が発生してから数分しか経っていないのに、煙はもくもくとひろがっている。
携帯のテレビで震源地が東北であることを知る。
距離が離れている東京ですらこんなに揺れたので、現地が大変なことになっているだろうと思った。
またテレビに映る太平洋沿岸に見慣れない大津波警報が広い範囲に出ていた。

数十分の間に何度か地震があり、しばらくして建物のチェックが完了すると、館内に入ることが許可された。
15:15に再び大きく揺れたのでまた外に出た。
ただそんなに長い間業務を止める訳にもいかないので仕事をしに戻った。

幸い、PC・サーバー関連は全く壊れていなかった。
電話は全く鳴らなかった。
まもなく通話規制が行われていることを知った。
通話規制は通信全体がダウンすることを防ぐために行われる。
一度に大量の発着信が行われるとシステムがダウンし、全ての通話が行えなくなってしまうのだ。
規制中は、全ての通話をストップさせている訳ではない。
たとえば有名なアーティストのチケット販売窓口がパンクするのと同じ理屈だ。
全ての回線が規制される訳ではないが、発信の数に比べて実際に通話できる割合は少なくなる。

時々、関西地方から電話が鳴った。
(相手もよくかけられたな…)
しかし、こちらは携帯も固定電話も「只今混み合っています」のアナウンスで何度試しても繋がらなかった。
インターネット回線は使用に全く問題なく、こちらが拍子抜けする位だった。

夕方になると社員が帰る支度を始めた。
だが列車が止まっており、家が遠い社員は会社に泊まることになった。
テレビでは総理が無理に外出せず職場で待機するようにと言っていた。
夜勤の人たちは誰も来れない。
相変わらず電話は不通だったが、幸い、携帯メールでのやり取りはできた。
何度かトライすれば送信できたし、センター問い合わせをすれば新着メールを受信できた。
夜勤の人とは携帯メールで連絡をとることができた。
そのやり取りで、電車がストップしていること、歩道に人が溢れ返っていること、タクシーに数百人の行列ができ、しかも列が全く進まないことを知った。
もちろん道路も渋滞していて、車は進まない。

夜になっても電話が復旧せず、他にすることもないので、普段の仕事をひたすら朝までやった。
USTREAMでTBSやNHKのチャンネルが追加され、テレビがなくてもネットがあれば視聴することができた。
テレビでは気仙沼が津波で町が飲みこまれる様子が映し出されていた。
他の社員がカップラーメンを沢山買ってきてくれた。
コンビニは品薄の状態らしい。

翌朝午前にようやく電話が繋がりだした。
電車が遅延しており、出勤が遅れるとの電話が何回かあった。
「こんな状況なのに出勤しないとだめですか?」という電話もあった。
来れる状態なら来てください、と回答した。
土曜日は平常通りとは行かないまでも、電車は動いていたし、仕事も何とかなった。
相変わらず、社内ネットワーク、電気、電話が不通の拠点が東北エリアを中心に100箇所近くあった。
現地は大変なことになっているが、それ以外のほとんど被害に遭わない所とは温度差を感じた。
相手の状況をおかまいなしに普段通りに電話してくる企業も多い。
所詮、他人事なのかもしれない。

日曜日、全体的な状況が見えてきた。
社内に設置された対策本部によると、東北エリアの約50の拠点のうち、数名の社員と連絡が取れないままの状態になっている拠点が数箇所あった。
また、全社員と連絡が取れていない拠点も数箇所あった。
数人と連絡が取れないのはわかるが、全社員と連絡が取れないのは、地域単位で孤立しているか、飲みこまれてしまったかのどちらかだろう。
土曜に出発した応援部隊や救援物資は無事届いているだろうか。

夕方帰宅した。
東京の様子はいつもと変わらないように見えた。
ただ外の照明を落としているお店がけっこうあった。
コンビニの商品は少なくなっていた。
明日、計画停電が行われるらしく、節電が必要になっている。
自分の部屋は積み上げていた本が倒れた程度で、あまり変わらなかった。
本棚が倒れたりとか、もっと大変なことになっているのを想像していたが、意外と大丈夫だった。
地震発生後から一睡もしていない人は大変だろう。
働いている人には申し訳ないが、自分はそろそろ寝ることにする。
[PR]
2011年 03月 09日 *
物事を想像するのは好き。
食べ物とか、生きるために流し込んでいる感じで、全く興味が無い。
でも美味しい食べ物を想像するのは好きだ。
テレビでよく美味しい料理を出すお店をやっているけど、
ああいうのを見るのは好き。
でもここ何年もテレビを見ていない。

ゲームをやること自体はそんなに興味がないけど、ゲームの内容を想像するのは好きだ。
ゲーム音楽も好き。
これまで、電子音楽というジャンルの音楽が存在することすら知らなかった。
手早く言えば、歌の無い、インストがそれに当たる。
環境音楽、イージーリスニング、テクノ、アンビエント、チルアウト、など呼び方は様々である。
電子音楽は、ゲーム音楽に非常に親和性が高いジャンルと言える。
電子音楽はゲーム音楽の存在なしでは語ることができない。
というか、一般の人が電子音楽と聞いて真っ先に思い浮かべるのはゲームサウンドではないだろうか。

昔のゲームには制約があった。
描画性能が今ほど高くなく、1画面に表示できるドット数や色数が限られていた。
そのため、ドット絵職人と呼ばれる人達が存在した。
サウンドも例外ではなく、一度に鳴らすことができる音数は限られていた。
もちろん、生音を鳴らすことも出来ないから、ゲーム音楽よくピコピコサウンドと評される。
制約がある中で、その手の職人達の工夫により、ゲームは成り立っていた。

今から思えば、制約がある中で、物をデフォルメするのは日本人の得意分野だったような気がする。
現代は技術が発達し、何でもありの便利な時代になった。
何でもありになると、海外のものに負けてしまう。
ちょうど今のゲームが海外製のものに圧倒されているように。
SFCからPS辺りが境界だったのかもしれない。

電子音を聞いて落ち着くという感情は、海外旅行に行ったけどやっぱり日本が一番落ち着くなぁ、という安堵感に似ている。
もちろんクラシック等の生音もいいが、電子音には他のジャンルにない魅力があって、僕らの帰るべき場所という感じがする。
難しい理屈なんてどうだっていい。
大それた主張の大半は、突き詰めれば、根本的に快・不快、好き・嫌いの感情に集約される。
僕はこの海に囲まれた小さな島で、じっと電子音を聞いていたい。
[PR]
2011年 03月 04日 *
亀のことについて書こうと思う。
僕は年に何回かある島に行くことが習慣になっている。
なぜその島に行くのかというと、都会にないものがあるからだ。
田舎ならばどこでもいいかというと、そうでもない。
例えば家と家が離れているから、どんなに夜中騒いでも隣人から苦情が来ることはない。
好きなだけ騒いでいいし、大音量で音楽を聴いたっていい。
その開放感を味わうだけでも行く価値があると思うのだ。
また島に流れる空気や風土みたいなものや、住民に根付く雰囲気は言葉では説明しづらいので割愛するが、行けばわかることだ。

僕はそこで亀に出会った。
そこは砂浜というより高さのある磯のようなところで、落ちたらケガをしてしまいそうだった。
亀はこちらの方までよじ登ってきて、どういう訳か目の前で自ら飛び降りた。
ぐしゃ、と嫌な音が聞こえた。
僕は周りにいる友人から変な目で見られた。
「お前、何やってるんだ」
まるで僕が悪いみたいな言われ方だった。
でも確かに僕が悪かったかもしれない。
亀を助けるチャンスはいくらでもあったのだ。

落ちた亀を見ると、落下した時の衝撃で形が明らかに変形していた。
悪いことをしたな、と思った。
でも亀はまだ生きていた。
そしてなぜかまた僕の方へよじ登ってきた。
さっきよりは動くスピードが鈍っていたが、遅いながらも僕のいる所まで登ってきた。
この亀は僕に何か訴えたいことがあるのだろうか。
しばらく亀を見ていると、また自ら落下した。
2回目の嫌な音がした。

それでも亀は必死でこちらに登ってきた。
もしかして、亀は僕と友達になりたがっているのだろうか。
僕はおそるおそる尋ねてみた。
「僕がお前を飼ってやろうか?」
そうすればこれからはずっと一緒にいられる。
餌に困ったり、ケガをしたり、食べられたりする心配もないから。

僕は亀を抱きかかえながら、下の海水がある所まで降りていった。
そして傍の岩にちょこんと亀を置いた。
亀はじっとしたまま動かなかった。
亀は海で自由に生きる方が幸せだろう。そんな気がした。
しばらくすると大きな波がやってきた。
大きな波がザブーンと岩場に打ち寄せた。
波が引いた後、亀はいなくなっていた。
辺りを探してみたが、やはりいなかった。

しばらくすると、急に後悔の念に襲われた。
亀はこれから、餌に困ったり、ケガをしたり、食べられたりするかもしれない。
そう考えると、僕はあの亀に対してどうすべきだったのかわからなくなった。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon