Top
<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
*
*
2011年 08月 31日 *
PCを新調した。
今までの非力なPCだとソフトシンセで音を重ねられなかったけど、新しいPCならいくつか音を重ねても平気みたい。
試しに短いフレーズを作ってみた。
今回は3パートだけ使用。
それでも、今まで得られなかった音に出会えたような気がした。
音は重ねると良くなるかな~、と何となくは思ってたけど、実際やってみるとやはり良い。
ただ複数パートになると途端にピアノロールの使い方がわからなくなる。
DAWに付属している奴より、Dominoを使った方がいいかもしれない。

110831.mp3
[PR]
2011年 08月 27日 *
以前マルチ音源のPlugsound Proについて紹介したことがあったけど、Plugsound ProはGM対応ではない。
一応マルチ音源というだけあって、midiの楽器は網羅しているんだけど、コントロールチェンジを受信する訳ではない。
色々なメーカーのマルチ音源を見比べると、案外GM対応でない音源がほとんどだったりする。
DominoやWindowsMediaPlayerと連携が取れるのでかなり便利なのだが。
ソフトシンセだとRolandのTTS-1がGM対応だが、音によってはかなりスカスカなものもあるので、これだけで1曲作るにはスキルが必要だと思われる。
そんな中でYAMAHAがフリーで提供しているMidradioPlayerは、かなりいいと思う。
プレイヤーとしてだけでなく、ソフトシンセとしても使用でき、きちんとコントロールチェンジも受信する。
音も矩形波OK、ジャスコOK、オケOKと、かなり幅広いジャンルに使用可能だ。

マルチ音源なら、88Proやその後継のハード音源という選択肢もあるが、DTMを数ヶ月やってみてソフト音源のメリットに気づくようになった。
自分も当初はPCのスペックを気にしなくて済むハード音源が良いと思っていたが、ハード音源で出力した音は結局録音しなければならない。
聴くだけでいいならそれでいいのだが、音を「録音」することを考えた時、ハード音源の場合は機材が必要になる。
ハード音源はデジタルにしろアナログにしろ録音しなければならないので、その過程で音は機材の品質に左右される。
なので、ハード音源を録音し再生しても、スピーカーで聞いた音に近づけないといった現象が生じる。
その点ソフトシンセは録音がPC内部で処理されるので、シンセで聞いたそのままの音を録音・再生することが可能だ。
大して録音技術の無い初心者にとって、このメリットは大きい。

そう考えると、KORGがWAVESTATIONをソフトシンセで復刻した功績は非常に大きい。
もっと評価されてもいいのにと思う。

ソフトシンセでは、かなり以前からZ3TA+の評判が高かった。
(8月、Z3TA+の新バージョンが発売されている。)
Z3TA+も確かに素晴らしいシンセだけど、音の綺麗さで言えばWAVESTATIONが一番なんじゃないかな。
強いて言えばZ3TA+はトランス向きで、WAVESTATIONはPadを得意とするシンセだが。
短い波形を用いて音を出す仕組みは似ているんだけどね。
Z3TA+は大きく分けて、波形を作る部分とエフェクトをかける部分に分かれているんだけど、エフェクトの部分も非常に良く出来ている。
Z3TA+のエフェクトを通したプリセットもそのまま最終音源として使える程クオリティが高く、そこが評価の理由の一つになっている気がする。

まあとにかく、WAVESTATIONの音はやはりいいな~と再認識しました。
(うまく話がまとまらないぞ…)
[PR]
2011年 08月 27日 *


打ち込みの仕方が全然分からないので慣れたいと思い、今回はシーケンスソフト「Domino」を使用してゲーム音楽の打ち込みに挑戦してみた。
タイトルは「猟奇の檻」という、15年くらい昔のゲームです。

出来たものはベタ打ち感がありまくりで原曲のイメージとはほど遠い。
あとピッチベンドのやり方が分からず挫折し、そのまま放置状態…。

音源はフリーのYAMAHA midradioplayerバージョン7を使用。

これ作るだけで3日間くらいかかったよ。
今後、慣れれば時間短縮できるのだろうか。

音作りもしようかと思ったけど、さすがにそこまでの気力がもう無いです。
後半のシタールみたいな楽器のソロの音符の打ち込みでかなり体力を消耗しました。

曲を作っている方々はこんなに苦労しているんだね。
心が折れそう…。
[PR]
2011年 08月 23日 *
否定的なことはいくらでも考えられるけど、
そういったことは埃を振り払うように捨てよう。

~っていいな~。みたいに、いいことを考える。

スポーツっていいなと思う。

若い頃はいくらでも鍛えられるけど、現役から遠ざかって年月が経つと
筋力が衰えていく。
なんか、そこがすごくいい。

スポーツの解釈は人それぞれで全く違う。
巨人の星みたいな根性ものもあれば、タッチのようなトレンディ路線もあれば、
a profile みたく後ろ向きで爽やかな作品もある。

自分としては、体の衰えていく過程がすごく好きで。

否定的な考えは、いい考えで上書きしていかないとな。
[PR]
-
2011年 08月 20日 *
梅本竜氏の訃報を知りました。
大変悲しいです。
[PR]
2011年 08月 10日 *
0805.mp3

夜中ヘッドフォンで聞くと、若干脳みそを持っていかれそうな気が…。
元はWAVESTATIONのプリセットで、音を若干加工しています。
[PR]
2011年 08月 07日 *
震災自殺相次ぐ…「お父ちゃんは絶望していた」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110806-OYT1T00225.htm


 自宅も仕事も失って絶望した男性、夫を失い悲嘆する妻……。

 東日本大震災をきっかけに自殺に追い込まれる人が相次いでいる。内閣府が5日、震災に関連して自殺した人として公表したのは、6月だけで16人。専門家は「将来を悲観して思い詰める人が増える恐れがある」と警鐘を鳴らす。

 宮城県石巻市の男性(49)は5月末、避難所から移った市内のアパートの室内で、冷たくなって家族に発見された。宮城県警石巻署によると、男性は自殺した可能性が高いという。

 「お父ちゃんは絶望していた」。男性が震災後、落ち込んでいた様子について、妻は周囲にこう話していた。近くの小学校で避難生活を送っていた男性を見舞った知人は「気さくな人だったのに、別人のように口数が少なくなり、疲れ切った表情だった」と振り返る。

 知人らによると、男性は数か月前に新築した自宅を津波で流された。勤め先の会社も津波の被害を受け、職を失った。新たな仕事が見つからないことや、ローンだけが残ったことにショックを受けていたという。

 福島県でも5月、瓦職人の50代男性が自宅物置で、自ら命を絶った。妻にあてた遺書には「もう限界です」「子どもたちを頼みます」と走り書きしていたという。

 震災後、自宅の屋根が壊れた顧客から、昼夜を問わず早く修理するよう求める注文が殺到した。同業者や近所の住民によると、顧客から屋根が壊れたのは施工が悪かったからだと責められたこともあったという。家族は自殺の前日、顧客から長い電話を受け、ふさぎ込む男性を目撃していた。

 「夫を追い込んでしまったのかもしれない」。妻は男性を励ますつもりで、「みんなのために何とかしてあげてよ」と声をかけたことを悔いている。「震災さえなければ、2人で平和に年を取っていけたのに……」と語り、目を潤ませた。

 6月11日には、福島第一原発事故で酪農を廃業した福島県相馬市の50代男性が「原発さえなければ」と書き残し自殺している。6月下旬には、原発事故で緊急時避難準備区域に設定された同県南相馬市の女性(93)が「足手まといになる」「お墓に避難します」との趣旨の遺書を残して自殺した。

 悩みを抱えた人から電話相談を受ける社会福祉法人「仙台いのちの電話」(仙台市)によると、震災に伴う悩みを打ち明ける人は1日5~6人。「勤めていた会社が倒産した」という男性や、「津波の恐怖がよみがえり眠れない」という高齢者の相談が目立ち、「死にたい」「楽になりたい」と漏らすこともあるという。(宮原洋、今井正俊)

(2011年8月6日13時25分 読売新聞)
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon