Top
<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
*
*
2011年 09月 30日 *
会社の先輩と歩いていた。
僕はいつも早足で歩く。
人ごみはなるべく避けて歩く。
エスカレータだって乗ってから歩く。
でも、上りエスカレータと下りエスカレータが並列に配置されていると、
自分が下っている時に上りエスカレータ側の沢山の人とすれ違う。
あれが嫌だ。
エスカレータと階段が両方設置されているなら、僕は迷わず階段を歩く。

僕は会社の先輩と歩いていた。
早足で歩きたかったけど、先輩もいたからゆっくり目に歩いた。
だから少しドキドキしていた。
そしてよりにもよって、この世で一番会いたくない女性にばったり出会ってしまった。
開口一番こう言われた。
「メールアドレス変えたでしょ」
「そんなもの持ってないよ」
「嘘。住所も変えたでしょ。ねえ、今度彼と結婚するの。招待状を送るから住所教えて」
「何で教えなきゃいけないんだよ。招待状なんか要らないって。第一、どうして俺が結婚式に出なくちゃならないんだ」
こいつは本当にいい加減な性格で、言っている言葉の半分も信用できない。
結婚出来るかどうかもわからないし、どうせすぐに破談になっちまうんだろう。
「見て、すごいきれいなお店だよ」
歩いていると突然横のレストランを指差した。
僕は面倒くさそうに答えた。
「そこは世の中で最低最悪の店だよ」
彼女の言う通りその店は繁盛している様子だったが、全く理解できなかった。

会社の先輩と一緒だったので、彼女と僕の関係をどう説明しようか困った。
だけど、先輩は聞いてこなかった。
先輩はスポーツとかギャンブルの話題で彼女と意気投合していた。
僕にはスポーツもギャンブルも全く興味がなかった。
「おい、そんなにくっつくなよ」
「どうしたの、照れてるの?」

彼女は僕をいちいち挑発してくる。
僕は彼女と二人で並んで歩くのが嫌で仕方なかった。
また万民向けするであろう容姿の彼女と僕が並んで歩くのを会社の先輩に見られるのも嫌だった。
僕は歩調を強めた。
彼女もそれに合わせてついて来た。
会社の先輩と一定の少し距離ができた。
僕は彼女に言いたいことを言った。
「俺は速く歩くのが好きだから、いつも速く歩いてるんだ。よそ見をしたりもしない。上も見ないし、下も見ない。
 常に前だけを見て歩いている。だから約束してくれ」
「何を?」
「街中で万一、俺とばったり遭遇してしまったとしても、俺は他人だ。どうか他人として扱って欲しい」
「やだ」
即答された。
「やだじゃない。約束しろ」
俺が鬼気迫る勢いで彼女を説得して、ようやく了承を得ることができた。

それから彼女と別れて会社の先輩と食事をすることになって、小奇麗なレストランに入った。
こういうレストランはあまり好きじゃなかったが、先輩と一緒にいる手前、仕方がなかった。
店内は混んでいて、ちょうど僕の席がなかった。
先輩が店員を呼び、椅子を持って来てくれるよう頼んでくれた。
僕は先輩にトイレに行くと言ってレストランを出た。

そよ風が吹いていた。
道には車が走っていた。
その日の夜空が僕の最後の景色になった。
[PR]
2011年 09月 30日 *
最近、aAirialというインディーズのアーティストの音楽を聴いている。
日本のホームページではあまり取り上げられていないけど。
この音楽は何て言ったらいいんだろうか。
上手く言葉で言い表せない。
僕が普段耳にする音楽とは明らかに違うけど、これもおそらく音楽だろう。

IDMは曲の性質上、実験的と評されることもあるが、ただ音を並べただけではこうはならない気がする。
環境音楽でもそうなんだけど、例えば東京の環境音楽を作ろうとした時、どうすればいいだろうと考える。
東京の雑踏の音を録音するといった方法が唯一の正解とは限らない。
ただしそこに一つルールがあるとすれば、その曲は東京の雰囲気を伝える音でなければならないということだ。
だから東京の雑音を録音したって東京の雰囲気が伝わらなければダメだし、何も東京で録音しなくたって雰囲気が伝わればOKだ。

音を並べただけで曲になるってすごい。
曲作りといえば大抵、コード進行やメロディや拍子などを第一に思い浮かべるのに、
それと一線を画していてもちゃんと音楽として成り立っている。
民族音楽のようなローカルでドメスティックな感じというか。
世の中には様々な音があるんだね。
[PR]
2011年 09月 27日 *
机にMIDIキーボードがあるおかげで、文章入力用のキーボードが遠い場所に追いやられてしまい、文字を書く機会がめっきり減ってしまっている。
PCはほぼDTM専用マシン状態…。
ネットや動画はキーボードがなくても出来るし。
でもたまにものを書きたい時があって、そういう時どうすればいのだろう。
携帯だと片手だけで手軽に入力できるけど、ものを書く時は両手を使った方が楽。
ノートPCを新たに購入するか。
もしくは、NECのLifeTouchNOTEあたりを購入した方がいいかな。
値段も2万円を切っているみたい。

音からは色々と受け取るものがあるから、今更DTM環境は捨てられない。
今までもずっとそうだったし、これからもきっとそうなんだろう。

DTM環境はMIDI音源を買うところからはじまって、やがて、より良い音源探しに時間を費やすようになった。
でもたまに当初のMIDI音源から鳴る音を聴きたくなる時があるんだよ。
音は最近市販されている音源と比べるとしょぼいのかもしれないけど、あの規則的で無機質な感じがいい。
それが自分のDTMの原点にあるように思う。
しょぼい音よりも今風のきれいな音の方が良いと感じるのが普通の感覚なのに。
自分の感覚はある日を境に壊れていった。
最初は時計から鳴る秒針の音ばかり聞いて1日を過ごした。
歌が入っている曲は詩にメッセージが込められていているので聞けなくなった。
その代わり、スーパーで流れている単調なBGMを聞くだけでどういう訳か涙が出た。
今まで気に留めていなかった音なのに。
僕の感覚は壊れている。
たまに88proの音を聞きたくなる。
ゲーム音楽にはやっぱりこの音がしっくり来る。

話は戻って、新しいPCをどうするかなんだけど。
スマートフォンだろうとタブレットPCだろうとiPadだろうと、OSがWindowsであれAndroidであれ、ネット接続は必須機能となっている。
ただ結局のところ、インターネットの盛り上がりは"個人"によるところが大きい。
ネットをここまで盛り上げたのはYahooでもGoogleのような企業活動ではなく、"個人"が情報を発信してきたからである。
その点を忘れてはならない。

何か久しぶりに書くとひどくまとまりがなくなるね。
普段から書く習慣があれば、トピックを分けつつ徐々に書けるからいいんだけど。
はあどうしよう。
[PR]
2011年 09月 20日 *
こういう音、割と好きなんだけどあまり聞かないな。
需要ないのかなぁ。

0911.mp3
[PR]
2011年 09月 18日 *
square波の音にLPフィルタを通してフィルタにLFOをかけるとどうなるかやってみた。
といっても、これは何十年も前からトランス等で使用されている方法だ。
手動でcutoffをいじってもいいけど、LFOを使うと自動で変化させることができる。
ただcutoffやLFOの使い方はシンセによって違うのが少しやっかいかな。

0910.mp3
[PR]
2011年 09月 14日 *
目の前に手紙の束。
ある男が手紙を書いて送っている。

目の前に手紙の束がある。
手紙の表には決まってこう印字されている。
宛先不明

手紙は10年以上前からあった。
中身を見ても内容は変わっていない。

今日も何もない1日でした。
正確に言うと、何も感じない1日でした。
何をしていても何を見ても、あなたの事を思い出します。
世界はまるで灰色のようです。
太陽も月も花も草木にも色がありません。
食事は砂のようです。
世界はいつも何事もなかったかのようです。

いつでもあなたの事を探しています。
気づけば僕の周りには誰もいませんでした。
もうやめてもいいでしょう?

あなたのいないこの世界に価値なんてありません。
[PR]
2011年 09月 12日 *
今日もまたFM音源VST「VOPM」をいじっていた。
この音の綺麗さは、かつてのKORGのWAVESTATIONに通じるものがあると思う。
WAVESTATIONもそうだが、ヤマハのFM音源チップ「YM2608」や「YM2151」もちょうど80年代~90年代にかけて活躍したらしい。
どうして昔の音はこんなに綺麗なのか。

本当はVOPMの音を使ってフレーズを作りたかったけど、どう弾いたら音の魅力を伝えられるのかわからない。
まあ一応短いものをアップしてみた。
音の綺麗さと余韻が心地いい。

0909.mp3
[PR]
2011年 09月 11日 *
音ばかり聞いて過ごしていました。
最初はやはりFM音源を聞いていて。
PC98の時代のゲームの多くが86音源と呼ばれるFM音源で、挙げたらキリがない程いい曲が多い。

9/1にアップしたpad音はアナログシンセの音。
アナログシンセの音は例えば携帯用プレーヤーを使って電車の中で聞くと雑音に埋もれてしまい、ほとんど音色が聞こえない。
それに対し、FM音源の音は小さい音量でも埋もれにくい特徴がある。
例えばFM音源はこんな音。

0906.mp3

これは適当なアルペジオで、同時発音数は常に1。

0907-2.mp3

これは同時発音数2。さっきと音色は同じベル音。

これらのFM音源の音は雑音の中でも埋もれにくい。
わざわざ電車の中で聞かなくても、PCで他の動画と同時に鳴らしても音が埋もれにくいことがわかる。
FM音源といえばアーケードゲームの音楽として有名だが、メーカーがFM音源を採用した理由の一つに、雑音に埋もれにくいというのがあるらしい。
確かにゲームセンターは騒音に満ちていて、その中で埋もれない音は目立つから、ゲームとしての売上を期待できたのかな。

昔、FM音源が活躍していた時代があった。
今市販されているFMシンセ(例えばFM8など)より、VOPMというフリーのシンセの方がかつてのFM音源の音に近いような気がする。
(ちなみに、さっき挙げた2つの音もVOPMの音です。)
もっとも、VOPMは昔のチップをシミュレートしているので当然といえば当然だが。
フリーなのにもかかわらず、市販されているシンセよりも価値は高いと思う。

ネットで探していると、NSFをMMLで自作して実機で鳴らすという、ゲームファンにはたまらないソフトがあることを知った。
ゲーム音楽に興味を示す人間はそんなに多くはいないんだろうけど、好きな人はとことん好きといった感じのマニアックな人が結構いるんだろうなぁ。

PC98の音楽がFM音源なのに対し、ファミコンはどちらかというとアナログシンセの系統だ。
子供の頃は何とも思わなかったけど、今になって聞くと「ファミコンって何ていい音がするんだろう」と思うから不思議。
この前、おとべやさんのAIRのオープニングの動画を紹介したけど、ファミコンの音には何か惹きつける要素があるんだと思う。

この前、ある音を作ろうとして色々探したんだけど、不意に想像と違う思わぬ音に出会って、その音が思いのほか良くて泣けてきた。
その音はファミコンによく似た音だった。
でなおかつ高音部分が特徴的だった。
トランスでよく使用されるSAW波もそうだ。
トランスのSAW波は沢山のリバーブと幾重にも重ねられた音が特徴なんだろうけど、あのSAWリードには高音部分にも特徴がある。

例えばこの前アップしたpadの音色を使って、短いフレーズをアップしてみる。

0908.mp3

この音も高音がシャリシャリいってるけど、ハイが特徴的。
自分が好きな音も、実は高音部分が大切なのではないか?

いつか自分の好きな音を使って曲を作ってみたいなぁ。
[PR]
2011年 09月 04日 *
妄想は現実にない世界を想像すること。
懐古は過去を回想すること。

自分のしていることは懐古であり、妄想である。
その2つが重なるとどうなるか。

現実にはない記憶を懐かしむこと。
それは何て恐ろしく甘美な誘いなのだろう。
言ってしまえば記憶の改ざんだ。

自分はけっこう引きこもってばかりいるけど、廃墟は好きだ。
廃墟をこの目で見るのは好きだ。
廃墟はただ存在するのではなく、周りに町があり、その過程の中で存在する。
互いに調和を取りながら、経緯を辿りながら、連続性を保ってきた。
場合によっては町そのものが廃墟の場合もある。

町の中に廃村や廃病院や潰れた店舗があると、かなりのショックを受ける。
それは、それまで育った東京では考えられない風景だからだと思う。
想像の世界の中にしか存在しないような異空間に遭遇してしまった感じ。
そういう異質な景色があって、記憶が曖昧になって、過去の出来事が果たして現実にあったことなのか、自分の単なる想像に過ぎなかったのか、区別がつかなくなる。

いずれにせよ、「あの頃はよかった」と心から思える記憶を持ちたい。
[PR]
2011年 09月 04日 *
昔のPC98のゲームはFM音源が有名だけど、midi音源も用意されてる場合があって、試しにそのmidiデータをmidradio playerで再生したらどうなるのかやってみた。

曲はleafの「ナイト雀鬼」からです。



この曲は割と上手く再生できている方で、中にはやはりFM音源で再生した方がしっくり来る曲も多い。
ただFM音源が盛んだった流れは、痕、To heartと時代が進むにつれて徐々に下火になっていく。

発売順でいうと、雫→痕→To Heartに行くに従って新しく発売されたタイトルとなる。

雫はFM音源が元でmidiはそれをコンバートしただけの感じで、FM音源でこそ真価を発揮する曲が多い。

一方、痕は雫と違い、生音志向の曲が目立っている。
特に名曲として名高い「ためいき」は、midi版だとピアノ×2パートしか存在しない。
それだけ当時のRolandに代表されるmidi音源の存在感が圧倒的だったということか。
To Heartに至っては、痕のようなガチ曲は少なくアップテンポなノリの曲が多いせいもあり、ほとんどmidi音源で再現できる曲ばかりだ。

ピアノ音の再現度に限って言えばFM音源はmidi音源にかなわないかもしれない。
ただしFM音源から作られた曲も捨てがたいものがある。
というか、全体の完成度としてはかなり高いと思う。
なぜか理由を考えてみたが、FM音源は音作りで作った音を使えるのに対し、midi音源では音作りがほとんど行えない。
"この音が出したい"と思っても、それに近い音を選択するしか方法がないのだ。
そこで作曲段階で作った音と最終的に出来上がった音で齟齬が生じるのではないだろうか。

音作りが省略できるという意味ではmidiの方が生産性は高いかもしれないが、音作りの段階から作られた曲の方が筋が通っている気がする。
まあ好みの問題もあるかもしれないけど。

今度時間があったら、SFCの曲をmidi音源ではなくソフト音源で再生したらどうなるのかやってみたい。
SFCはmidi音源での再現性が高いことで有名だが、元はサンプリング波形なのでどの音源を使っても構わないはずだ。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon