Top
<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
*
*
2012年 03月 14日 *
NNNドキュメント「行くも地獄、戻るも地獄~倉澤治雄が見た原発ゴミ~」

見どころ

「原発から出る”核のゴミ”をどうやって処分するのか?」
福島第1原発事故が浮き彫りにした課題のひとつだ。
番組では、原子力に詳しい倉澤治雄日本テレビ解説主幹が米スリーマイル原発の高レベル廃棄物の行方など「核のゴミ」を追っていく。
さらに、当初は地層の「研究施設」を作るだけのはずが、いつの間にか「最終処分場」が近くに来ることになったフランスの実例。
これと同様に、研究施設という名目で誘致が行われた北海道幌延町の現状。
そして取材斑は、モンゴルにも飛んだ…。
見えてくるのは、これまで細かい点を先送りして、巨額の費用を投入してきた核燃料サイクルの危うい現状と、「産業のない僻地」にカネを使って、処分施設を持っていこうという処分地選定をめぐる相似形だった。

内容

福島第一原発の事故の後、改めてクローズアップされた「原子力」の是非。
今回の事故が疑問符を投げかけた“原発の安全性”と並んで、避けて通れない課題が、原発で出たゴミ。
すなわち、高レベル放射性廃棄物の処分の問題だ。
行くも地獄、引き返すも地獄、という「トイレなきマンション」の“トイレ”に焦点をあて、
行き詰まっている高レベル放射性廃棄物処分場の選定や核燃料サイクルの現状を伝える。

原子力に詳しい倉澤治雄(日本テレビ解説主幹)がナビゲーター役を務め、
分かりやすい等身大の言葉で解説する。
倉澤によると、福島第一原発は今や「巨大な高レベル放射性廃棄物のヤマ」だという。
NNNドキュメントは、過去にこの「トイレなき・・・」の問題をたびたび取り上げてきたが、
今回の事故で生じた巨大な高レベル放射性廃棄物も行き場がまだ決まっていない。
調べてみると、事故が起きる前から、原発が生み出す「使用済み核燃料」の処分は
ずっと先送りの歴史が続いてきた。
日本では使用済み燃料からプルトニウムを取り出す「再処理」をする燃料サイクルに
固執する政策をとってきた。燃料を再利用して有効活用する、という燃料サイクル。
しかし、その過程で生み出される高レベル放射性廃棄物を埋める最終処分地をめぐって
地元の反対などで頓挫する歴史が繰り返されてきた。
全国の原発から出た使用済み燃料が運ばれる、青森県六ヶ所村の日本原燃・再処理工場の
使用済み燃料プールは、すでに飽和状態が近づいている。
全国の原発でもプールに使用済み核燃料を貯蔵しているが、
浜岡原発のように燃料プールの9割近くが埋まった施設も出ている。
「再処理が進めばこの飽和状態は解決する」と関係者は言うが、六ヵ所の再処理工場もトラブル続きで
技術的に安定していない。
また燃料サイクルの一翼を担う高速増殖炉「もんじゅ」も実験段階での足踏みが続き、
実用化のメドは立たずに巨額のカネばかりを食っている。

北海道・幌延町や岐阜県・瑞浪町には処分技術を研究するため
地層を深く掘って実験を繰り返す施設がある。
幌延町は30年前から町長選挙のたびに高レベル廃棄物処分場誘致が争点になるなど、
住民の間にしこりを残してきた。
道知事の反対に遭い、幌延町も実施主体の旧動燃も「最終処分場にはしない」という協定を結び、
今は「研究施設」になっている。
「ここが最終処分場になることはない」と関係者は断言する。
しかし、地元では最終処分場受け入れを求める声が根強くある。
地層研究が終わるあと数年で原子力マネーは切れてしまう。
農業の不振で過疎が続く小さな町では、処分場に期待する声は今なお大きいからだ。

番組では、幌延同様に当初は研究施設として建てられ処分場にしない約束だったが、
いつの間にか近くに最終処分場が決まったフランスの実態を見せる。
30年以上前に事故が起きたアメリカ・スリーマイル島原発の高レベル廃棄物の現状も
日本のテレビ局として初めて近くで撮影する。

次第に日本政府がこだわる「使用済み燃料の再処理」への疑問が見えてくる。
アメリカを始め、多くの国では、技術的な難しさやコストが高いということで、
再処理をやめて、使用済み燃料をそのまま地層処分する「ワンスルー」という処分方法を
採用しているのだ。
日本の現状のやり方だと、保護する容器のない燃料プールに使用済み燃料を置いておく期間が長く、
大地震などの事態に弱く、コストも高いと日米の専門家が指摘する。

さらに、日米の核のゴミの最終処分場の誘致計画があったと報じられたモンゴルの現状も伝える。
原子力マネーをあてにして最終処分施設を誘致しようとする日本の過疎地とそこに問題を押しつける
大都市の構図と、やはりマネーや産業目当てのモンゴルなどの途上国とそこに問題を押しつける先進国という構図は、相似形だ。

原子力委員会は、新しい原子力政策大綱を今年夏には策定し、
核のゴミの処分に関しても方向性を示すという。
日本で処分場を選定する責任機関、原子力発電環境整備機構(NUMO)に取材すると、
「とにかくこれまで通りPR活動で住民の理解を得て・・・」と現実味のない答えに終始し、日本の将来は大丈夫かと不安にさせる。

これまで問題を先送りして現実的な解決の道が見えない原子力の過去と現在の構図を浮かび上がらせ、原発の利用を続けるにせよ、脱原発の道を進むにせよ、絶対に避けて通れない核のゴミの問題について、どうするべきか考えよと、視聴者に迫る。
[PR]
2012年 03月 14日 *
日が空いて、書くことを忘れてしまった。
日本がオワコンなのは分かりきったことなんだ。
保険制度も維持できない。
今まではお金がなくても診察を受けることができた。
品質が高くても低くても保険制度で料金は同じ値段。
しかし今後は品質の高い治療を受けられるのは金持ちのみ。
社会保障の拡充がどうのとか言っても実現は不可能。
それを出来ると言っている奴は詐欺師。
まあ詐欺師の才能のある奴が政治家になれるのだろうけど。

震災なんて東京で起こればよかったんだ。
その方が今よりも断然スピーディに復興が進んでいた。

被災地にあるのは圧倒的な喪失。
家族を失い、家を失い、財産を失い、仕事を失い…
何もできない、身動きできない。
復興なんて幻想に過ぎない。
前向きにがんばろうとか、何の根拠もなく言って。
それで被災者が励まされるとでも思ったのか。
外野が何を言おうと、失った事実は消えはしない。
もう二度とかつての日々は戻っては来ない。
その証拠に励ましのムードも震災直後だけ。
それも外野が都合のいいようにあつらえたものだ。
やがて被災者は自分たちが元に戻れないことに気づき始める。
徐々に虚構の復興ムードは消えていく。

もう戻れないのは1年経とうと10年経とうと同じ。
[PR]
2012年 03月 07日 *
今日は日中に起きることができたので写真を撮りに出かけた。
それでも15時過ぎだから遅い。
というか気温が上がると天気予報で言っていたから期待していたのに、ちっとも上がらなかったのでなかなか外に出られなかった。

EX-ZR100はレンズが24mmで広角撮影みたいなことができる。

CIMG0473.jpg

普通のアパートやビルの目の前に巨大な塔が建てられているという…
やがて、目の前の歩道は観光客で埋め尽くされるようになるのだろう。
今まで見向きもされなかった道なのに。
付近の住人は一体どのような心境だろうか。

12.5倍ズームを使用するとかなり拡大できる。

CIMG0534.jpg

写りはEX-Z3とは若干異なっていて好みが分かれるところなんだろうけど、12.5倍ズームは便利だしHDR機能もついてるので、手軽に1台持って歩くとしたらZR100になるかな。

それからスカイツリーのことを少しだけ調べてみた。
隣の商業施設には約310店舗のテナントが入り、年間でディズニーランドとディズニーシーを合わせた来客数を見込んでいるとのこと。
その準備が着々と進められていくにつれ、自分も考えが変わってきた。
スカイツリーが完成しても全然嬉しくはないし、集客数は最初だけであとは減少していく一方になるだろう。
そして商業施設の活気も陰りが出てくるようになる。
それは目に見えるようにわかっている。
コケることなんて百も承知だ。
それを分かっていて建設するなら、そのセンスに拍手を送りたい。

スカイツリーのウィキペディアには既存商店街は客を取られて衰退するような反対意見が書かれているけど、そんなことはない。
もともと商店街なんて衰退している。
地方の商店街だって消滅したのは大型ショッピングモールのせいではないのだ。
人がいつか死ぬのと同じように、店舗もいつか消滅する。
よく大型店へ客が流れると言われるけど、放っておいてもどうせ死ぬんだから加害者ではない。

日本もこれから既存の制度がどんどん崩壊していく。
だけど悪いことばかりじゃない。
中にはいいこともきっとあるよ。
[PR]
2012年 03月 04日 *
パンストキター

CIMG0297.jpg



…じゃなかった、IIJからsimカードが届いた。
早速、L-09CとiPad2の組み合わせで使って見ることにした。


なにこれはやい…

予想を上回るスピードだった。
ホームページ閲覧程度なら全然使えるよ。

前回3G回線のことを間違えて書いてしまっていて、最大384kbpsと書いてたけど最大14Mbpsの誤りだった。
なのでIIJmioのサービスは3G回線接続時は最大14Mbpsの回線を128kbpsに制限している。
なるほど、それならこのスピードにもある程度は納得がいく。
だがそれにしても、ここまで速いのは予想外だった。

当初の予想としては、

・3G回線接続時は低速だけどそれなりにインターネットができる。
・LTE接続時は3Gよりも若干スピードアップする。

と想像していた。
ところが実際は、

・3G回線でも十分快適に使用できた。

という結論だった。
理由としては、

・L-09Cルータが高性能だから
・IIJの回線が優れているから

といったことが考えられるが、掲示板での報告を見ているとL-09C以外のスマホでも十分スピードが出ているので、IIJの回線の品質が高いと考えるのが妥当だろう。
中には、普通のネットサーフィンするだけなら光回線並みに使えるという書き込みもあった。
確かに体感速度的はそれに近いと言えなくもない。

これで月額945円ということを考えると、コストパフォーマンスは圧倒的だ。
とはいえ128kbpsに過大な期待を持ってはいけない。
使用用途はメールやテキスト閲覧程度で、動画閲覧中心の人はWiMAXなどのサービスに行ったほうが賢明だろう。

ただ128kbps回線が月額945円で安定的にどの場所でも利用できるなんて、随分便利な時代になったものだ。
イオンや日本通信とは明らかに品質が違う。

もともとネットサービスは最大10Mbpsとうたっても実際には1Mbpsしか出ないといったことが頻繁に起こる。
その流れを定着化させたのがADSLだろう。
もっといえばソフトバンクか。
ADSLという技術自体、最大スピードはあくまで理論値であり、実際に出るスピードでは必ず最大値を下回る。
だから最大スピードをあまりアピールし過ぎると、後になって問題を引き起こす可能性がある。
NTTのような大手通信業者には当初そういった懸念が当然あったはずだ。
一方ソフトバンクは、NTTができないのをいいことに、最大スピードと価格を顧客にアピールする手法をとった。
最大スピードなど実際出ることはないので半分詐欺みたいなものだが、企業間競争とはそういうものなのかもしれない。
そういうわけで、企業が宣伝する回線スピードと実際のスピードは異なるものだという土台は既にあって、日本通信もその流れに乗っかることができた。
スピードなんて遅くたっていい。
途中で切断されたっていい。
プロバイダー事業は、もともとそういうサービスなのだから。

ところがIIJは、その固定概念を覆した。
128kbpsのサービスをうたっておいて、実際に128kbpsのスピードが出る。
当たり前のことなのに、その事実に感動すらおぼえる自分がいる。

もう一つ思ったのは、昔はインターネットの体感スピードが今よりも速かったということ。
リンクをクリックすると瞬時にページが表示された。
体感スピードは、パソコンの性能、OS、ブラウザ、コンテンツの容量などの条件で決まる。
それがいつしか技術の進歩とともにOSが重くなり、ブラウザが重くなり、ホームページのコンテンツも重くなり、結果として回線速度は出ているのに体感速度は遅いという結果を招いてしまった。
そんなに速度が重要なら光回線使えよって話もあるが、昔はADSLで1Mbpsのスピードがあれば十分快適なネットサーフィンができた。

ところで、IIJmioは050Plusも使えるらしい。
つまり月額945円に315円をプラスすれば携帯電話のように通話もできるようになる。
128kbpsでそんなことができるのかと少し不安になるが、050Plusのホームページによると上下20kbpsの帯域があれば通話は可能らしい。
よくよく考えて見ると昔ISDNというNTTのデジタル回線サービスがあったが、あれは64k回線を使って通話するものだった。
音声通話は帯域が多少細くても成立するのだろう。

話しが逸れてしまった。
さっき少し触れたように、IIJmio高速モバイル/DサービスはLTEエリアでなくても3Gで十分使える。
むしろLTEは首都圏内であってもところどころ使えない箇所があるので、LTEと3Gを切り替えながら使うより、いっそのこと全て3Gに統一して使用する方がいいのではないかと思ってしまう。
例えば品川駅構内は圏外になったりするし、LTEの電波が途切れて3Gに移行するのはいいが、なんだかその切り替えに時間がかかっているような気がする。
なのでL-09Cとスマホの組み合わせをするなら、3G接続オンリーのスマホに直接simカードを差し込んだ方がいいのかもしれない。
その方が持ち運ぶ台数を減らせるし。
今度やってみよう。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon