Top
<   2013年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
*
*
2013年 07月 28日 *
責任

学校社会は大人社会の縮図である。
学校のいじめで子供が自殺する。
大人の社会でも大人が自殺する。
大人は子供を批判する権利はない。

この時、大人はナイフで刺し殺した訳ではない。
自分で自分を殺したので、因果関係を説明できない。

相手を死に追い込むといった意味では結果は同じだが、相手が自殺してくれた方が都合がいい。
殺した責任を取らなくていいから。



因果応報論

知性のない世界があるとする。
A、B、Cの3人がいる。
Aは喧嘩が好きな奴だった。
AはBに喧嘩を売った。
AとBは互いに傷を負った。

1ヵ月後、AとBの傷は回復した。
今度はAはCに喧嘩を売った。
AとCは互いに傷を負った。

この時、Aはまずい状況に置かれる。
1ヵ月後、AはBとCから報復を受けることになる。
その結果、Aは死亡する。

ここで始めて結果に違いが出てくる。
それは、Aが死亡したという事実である。

因果応報が正しいとするなら、殺人も正当化されてしまう。

エネルギーを使い過ぎるとCO2が増えるとかオゾン層が破壊されるとか。
人々の贅沢な暮らしによって、地球が汚染されて住めない土地になるとか。

長期スパンで考えれば、地球の長い歴史の中で、人間が住めない環境の時代もあるだろう。
だが僕たちはその結果をどうしたって変えることはできない。

隕石が衝突したり季節の大変動が起こって人類が死滅するかもしれない。
だがそんなものはどうしようもない。

誰かが贅沢な暮らしをしたからといって、人類の存亡とは関係がない。
人間、絶滅する時は絶滅するのだから。
[PR]
2013年 07月 27日 *
ブロードバンドから離れて

ネットから離れてみるのもいいかなと思った。
そもそも普段毎日使っている訳ではないけど、常に繋がっている状態なのが変に気疲れしてしまう。
毎日ろくでもないニュースを追いかけてうんざりしたり。

なら止めればいいじゃない。

NTTの詐欺は自分にとっていいきっかけになってくれた。
今はスマホでの200kbps接続しかできないけど、昔に戻ったようで少しだけワクワクしている自分がいる。
懐古厨と言われても否定できない。
昔は回線速度が36.6kbpsで、なおかつ従量性だった。
SNSに代表されるようなコミュニケーションツールは存在しなかった。
それでも掲示板はあったし、ホームページから情報を発信することは出来た。

上手く言えないけど、昔とは今とではネットの雰囲気は違う。
個人の情報発信ツールを比較すると、ホームページからブログへ、ブログからつぶやきへと移行してきた訳だけど、どんどん落ち着いて考えることなく投稿できる環境に変わりつつある。
思いついたことをそのまますぐに投稿できるようになった。
もちろんそのことによる恩恵もある。
でも昔みたいに落ち着いて文章をメモ帳に書いたり、出来上がったものをダイヤルアップ回線に接続してアップするといった、面倒な手順を踏まなければならない時代も懐かしく思う。
その方が心を落ち着けて書くことができるし。



放射能

よく掲示板などで、今まで原発に反対してこなかった連中が、なぜ急に反原発を唱えるのかといった批判が書かれている。
反原発厨は今までもいたけど、少数派で目立たなかった。
確かに原発事故をきっかけに反原発派が増えたことは否定できない。
だが、そういうものだ。
福島の人は悲惨な目に遭うことを予想していただろうか。
きっと大多数の人はそんな心配などしていなかったと思う。



STEINSGATE

またやってしまった…。
やはりルカ子くんはいいよぉ。
という話もあるが、並行世界、タイムトラベルといった要素はSF小説だけでなく、YU-NOやひぐらし等の作品でも見られ、それ程珍しくもなくなっている。

STEINSGATEではDメール(過去にメールを送ることができる)が登場し、これにより過去を改変することが可能となっている。
この設定はおそらく量子力学の遅延選択実験から来ている。
量子力学では、遅延選択、つまり未来の選択が過去の状態を改変することが可能、とされている。
この一見奇妙な帰結は、量子力学が「重ね合わせ」の状態を肯定するところから始まっている。
そして「重ね合わせ」の状態が確率的にどちらかに収束するという物理現象により、多世界解釈も可能となっている。

しかし物理的に考えて、本当にそのような現象は実在するのか?

個人的には今の物理学は宗教みたいに感じる。
信じるものは救われる一方、信じなければ異端扱いされる。
正しいとか間違っているとかは、どうでもいいのだろうか?

そんな状態に一石を投じるエロゲが一つくらいあってもよさそうなものだけど。
いや、これからのエロゲはそうあるべきなのだ。
[PR]
2013年 07月 27日 *
CIMG2339.jpg

CIMG2359.jpg

CIMG2408.jpg
[PR]
2013年 07月 24日 *
MONSTER CABLE「TRON T3 MH TRON IE BX」が断線した。
断線した部分はジャックの付け根の部分のようだ。
まだ購入して1年も経っていないが、イヤホンはいつかは断線するものだから仕方ないか。

試しに修理に出してみることにした。
保証書を確認してみると保証期間が3年になっていた。
イヤホンという製品は大抵保証期間が1年、長くて2年だった気がするが、3年の場合もあるのか…。
とはいえメーカーは既に生産中止しているらしく、ネットを探してもどこにも売っていない。
イヤホンの断線を保証期間内とはいえ無料で交換してもらえるのか不安だったが、とりあえず修理に出してみた。

しかし、2~3日してイヤホンのない生活に耐えられなくなり、別のイヤホンを物色し始めた。
なんというか、やはり何か音が鳴っていないと駄目だ。
気が変になりそうになる。
家の中では主にヘッドホンを使用しているのでいいとして、屋外で丸腰の状態は不安過ぎる。

という訳で、コストパフォーマンスが高いと評判のUltimate Ears 100(UE100)を購入した。
価格はヨドバシのオンラインショップで610円。
価格の割にはそこそこ鳴ってくれるので「つなぎ」としては賢い選択だと思う。

ただこの商品、噂の通り初期不良が多すぎる。
なのでネット通販で買うのではなく、必ず実店舗で購入した方がいい。
ネットで買ってしまうと返品交換が難しくなるからだ。
店舗であればその場で交換してもらえる。
ヨドバシのインターネットショップであれば、店舗受け取り制度を利用する。
これを利用すればインターネットの販売価格で店舗で購入することができる。
しかも不良品は店舗で交換してもらえるのだ。

自分も2度初期不良に当たり、店舗で交換してもらった。
おそらく、この製品は推定2/3程度は不良品なのだと思う。
このような製品を正規の流通ルートに乗せるのもどうかと思うが、安いからあまり文句は言えない。

1週間程で「TRON T3 MH TRON IE BX」は返ってきた。
生産中止しているモデルではあったが、本体交換の対応をしてくれ、結果的に満足のいく対応をしてくれた。

CIMG2333.jpg

1週間ぶりに「TRON T3 MH TRON IE BX」の音を聞いてみる。
やはりUE100と音の傾向は似ているものの、音の厚みが全く違う。

UE100は中・高音域は割と出るのだが、低音域・厚みの部分では少し物足りない。
悪く言えば、シャリシャリした音なのだ。
実際、シャリシャリした音が鳴っている訳ではないが、少しバランスを崩すとそういう音になる気がする。

対して「TRON T3 MH TRON IE BX」の方はというと、低音の処理に特に不満はない。

とはいえ、610円で売られているUE100と自称音響機器メーカー(笑)が販売している3000円前後のイヤホンとを比較すると、UE100に勝てる機種はほとんど存在しないのではないか。
そういった意味では、あまり音にこだわりのない大多数の人にとって、UE100はおすすめできる。
(ただし初期不良の対処が必要なので、万民にオススメできる機種かと問われると微妙だが。)

では反対に、お金を多少払ってもいいから音のいいモデルはないかと考える。
現行モデルでは、DENON「AH-C710」が候補として挙げられる。
実勢販売価格は9000円前後。
ただし最近のイヤホンの全体的な傾向として、低音を強調するような処理がされており、このモデルも例外ではない。
ネットのレビューを読むと、この低音の処理は大方好意を持って受け入れられているようだが、普段の音に慣れ親しんでいる者にとっては少し違和感のある部分だと思う。

以上まとめると、MONSTER CABLEはなぜ「TRON T3 MH TRON IE BX」を生産中止にしてしまったのかと問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。
このモデルはディズニーが絡んでいるからか?
版権が切れたからなのか? そうなのか?

せっかくのモデルが生産中止になるなんて、残念でならない。
MONSTER CABLEの機種は色々と乱立していてよく分からない状態になっているが、TRONモデルに関しては後継機種を出して欲しい。
[PR]
2013年 07月 21日 *
CIMG2329-2.jpg

NTTから請求書が届いた。
NTTに確認すると、この請求書は支払わなくていいのだそうだ。
本当に信用していいのかわからないが。
請求を無視し続けていると、利子が天文学的数値にまで増えていきそうな気もする。
でもそのことを心配して支払ってしまったとしたら、お金を取り戻すことは難しくなるだろう。

支払う必要がないのなら、なぜ送ってきたのか。
架空請求をやりたかったのだろうか。
振り込んだら負けみたいな。
あいにくその手に引っかかるつもりはない。

請求書を見ると、誤って工事が行われた日から費用が発生していることがわかる。
また、こっそり工事のやり直しが行われた日から、再度費用が発生している。
そのため2行に分かれて金額が記載されている。

簡単に言うと、通販でメロンを注文したらスイカが届きました。
お店に文句を言っても「は? こいつ何言ってんの? ちゃんとメロンの出荷が完了してるしw」
と言われて、まったく取り合って貰えず。
何度電話しても誰と話しても結果は同じで、無駄に月日が流れた。
それでもしつこく電話していると、ある日突然家にメロンが送られてきた。
なぜメロンを送ってきたのかと問い合わせても「わかりません」としか言わない。
一応すみません的なことは言うが、ただ口先だけ言っているだけ。

そして、その直感は間違っていなかった。
請求書を見てもわかるとおり、最初に間違って送りつけてきたスイカの料金もきっちり請求してきているからである。
やはりこいつらのやっていることは、どう考えてもおかしい。

NTTに解約を申し入れて本当に良かった。
それだけは不幸中の幸いと言える。
もし嫌がらせに負けて解約を諦めていたら、頼んでもいない料金まで支払う事態になっていた。
最初はNTTも解約を拒んでいたが、めげずに何度もあちこちに電話をかけて本当に良かった。

そのことだけが唯一ほっとしていることである。
まだ楽観視する段階ではないものの、明るい兆しが見え始めている。
[PR]
2013年 07月 17日 *
NTT=詐欺の件は収束しつつある。
私が問題としているのは、主に以下の点である。


NTTが誤った工事を行ったにもかかわらず、客に何度も虚偽の説明を繰り返し、利用料を徴収しようとしたこと。


こちらが申し込んでもいないサービスを勝手に申し込み、利用料を徴収しようとしたこと。


上記2点を指摘したが、NTT側に対応する明確な態度が見られなかったため、解約することにした。


最初、116に電話し、解約する旨伝えたが、116では解約に費用が発生するので申し込んだ窓口に電話して下さいと言われる。
次に、申し込み窓口に電話するも、担当者がいないと言われる。
また116に電話し、次に申し込み窓口に電話し、…とそんなことを繰り返すうちに1日が終わった。

翌日も担当者がいないので解約できないと言われる。
次にNTTのお客様相談窓口に苦情を言ったところ、担当者から折り返すと言われる。
(NTTのお客様相談窓口は苦情を処理する機能はなく、単に担当者の連絡先を紹介するだけである。
ただ、一般的な企業に設置されているお客様相談窓口も似たり寄ったりなので、別段おかしな対応ともいえない。)

そしてようやく解約を受け付けてくれることになったが、今度は工事料金と2年割の違約金が発生するといわれる。
「そもそも工事が間違っているのに料金が発生するのはおかしいのでは?」と言ったが取り合ってもらえず、結局「またこちらからかけなおします」とだけ伝えた。
すると相手は、「解約しなくていいんですか? あなたが何度かけてきても結果は同じですよ?」と馬鹿にした態度で言った。
こいつは仕事をする意思があるのか喧嘩を売りたいだけなのかわからない。

そのあとまたお客様相談窓口に電話し、申し込み窓口に電話し…を何度か繰り返した。
結果、工事費用と違約金は発生しないことになった。
まあ詐欺師の言うことだからどこまで信用していいかはわからないが。
とりあえず一歩前進したと考えることにする。

最後に勝手にオプションサービスを申し込んだことについて尋ねたが、
「利用しなければ料金は発生しませんので」
とまたいつもの相手を馬鹿にしたような口調で吐き捨てるように言った。

私が問いただしているのはそういうことではない。
私がうっかり騙されて使ってしまえば、料金はしっかり徴収されてしまうのだ。
だから私は申し込み時点で明確に断ったのだが、NTT=詐欺により勝手に申し込みが行われていた。

NTTの言い分が正しいとするなら、詐欺だって犯罪ではなくなる。
たとえ金品を騙し取れなかったとしても、犯罪は犯罪である。
オレオレ詐欺にしても途中で周囲の人が不審に思い、警察に通報した結果、詐欺を水際で防げるケースがある。
この時、口座に金が振り込まれなかったからといって詐欺師は無罪放免になるのだろうか?
もちろん答えは否である。
金品の詐取がなかったとしても、相手から金品を騙し取ろうとする行為自体が犯罪だからである。
ゆえに詐欺師は詐欺未遂の容疑で逮捕される。
まあ詐欺師の言い分なんて聞くだけ無駄なので、それ以上の追求はしなかった。

NTTの件はこれで片付きそうなのだが、プロバイダの解約にも手数料が発生することが判明した。
その件でプロバイダに問い合わせても、NTTから工事が正常に完了していると報告を受けていますので、解約金は発生しますとの回答。
NTTに連絡しても、それに関してはプロバイダの規約なのでどうすることもできませんと言われる。
その後またプロバイダとも話をしたが、顧客都合による解約なので解約金はかかるとのことだった。

これに関しては解約金を支払おうかと思っている。
プロバイダに全く非はないからだ。
また、プロバイダから、「間違った工事がされたのなら、なぜ工事のやり直しを要求しないのか?」
といわれると、あまり強く反論できない。
利用を継続しようと思えばできるからだ。
ただ私はこれ以上詐欺師と共に時間を費やしたくない。
だから解約する。
これが「個人的な都合」とプロバイダが解釈するなら、そうなのだろう。
[PR]
2013年 07月 14日 *
FM音源はやばすぎる!
素晴らしい…
[PR]
2013年 07月 13日 *
意識がふわふわしている時にどうなるかというと、駅ホームの両側のどちらの電車に乗ったらいいのかわからなくなる。
目的地に行ける電車に乗れる確率は半々だけど、迷っている時間がもったいないので早く来た方に乗り込む。
それで後になって間違った電車に乗ったことに気づく。
それならそれで反対の電車に乗りなおせばいい。
時間は少し遅くなるけど、目的地には近づける。
そんな風に楽観的に考えてしまう。
目に映る景色も、社会のルールも、網の目のように構築された路線も何だかわからない。
初めて見たもののような、一度見たことがあるような。
結局僕は、周りのことなどどうでもよくて、自分の頭の中に浮かぶことしか興味がないのかもしれない。
[PR]
2013年 07月 10日 *
NTTから振込みがあった。

ntt.jpg


もう一度説明すると、NTTが顧客から料金を騙し取ろうとしたため、争っている最中だ。
NTTの虚偽説明によって発生した損失の補填を要求しており、それがやっとのことで返金された。
ここまで来るだけでも多大な労力を費やしているので、振り込まれたところで全くプラスにはならない。
というか、もともと返金されたお金は電気屋さんのものであって、NTTは単に口座を経由しただけに過ぎない。
本当にもう何がなんだか意味がわからない。

この世で難しいのは、詐欺師から詐取されたお金を取り戻すことと、詐欺師に正しい道を歩むよう説得することである。
でもなぜこんなことをしているかというと、今後の第二、第三の被害者を出したくないからである。

はっきり言って、NTTと関わるべきではなかった。
今やWIMAXやイーモバイルやら、他にもネットサービスは提供されているのに、わざわざNTTを選ぶ理由はないと言っていい位だ。
この状況でNTTを使うのは、よっぽどのお人好しか、ただのバカである。

昨日、フレッツウイルスクリアの資料が送付されてきた。
こちらは申し込んでいないにもかかわらず、勝手に申し込んだことになっている。
もうこの詐欺集団とは一切関わりたくない。


■これまでの経過

・NTTに工事初日から帯域制限をかけられる。

・NTTに何回電話しても、PC側の環境のせいだと説明される。

・それでも毎日電話したところ、急に帯域制限が解除される。

・理由を確認しても「よくわからない」との回答。

・それでも繰り返し電話して理由を問いただしたところ、「困っている人がいると聞いて通常では使わないルートを使って対応した」との回答。



いやいや…。
工事を間違えたのはNTTでしょう。
なんで道端で倒れてる人を助けてあげたみたいな美談になっているんだ?
NTTは加害者でこちらは被害者。
それがなぜ、通行人の立場で話をしてくるんだ?

とりあえず早く回線を撤去して貰いたい。
こいつらとは未来永劫関わりたくない。
[PR]
2013年 07月 09日 *
今更だが動画のBGMを録音する時、システムクロックの設定を間違っていたかもしれない。
もしかしたらプチノイズが乗っているかも。
でもうpし直すのは面倒なので放置…。
ごめんなさい。

やはり改めて聴いてみて、T-98nextの音がいいことを実感した。
全てのゲームにおいてhootより原曲に近い音を再生できている気がする。
まあ自分だけの思い込みかもしれないけど、SSGから発せられるノイズ音からして心地良い。
よくチップチューンなんかだと2A03のノイズ音が出てくるけど、それらと比較しても一番気持ちいい音だ。
hootはFM音が間違って鳴ることもよくあるし、たとえそれが合っている音だとしても、T-98nextの方が製作者の意図した音に近い感じがする。
あくまで個人的な意見だけど。
しばらくはT-98nextを聴くだけで過ごせそう。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon