Top
<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
*
*
2013年 11月 29日 *
いい大人達の新シリーズが面白すぎる。
PC-98時代のエロゲをプレイしてきたタイチョーと現代のエロゲに精通しているマッツァンがいて、最強の布陣。
やはり個人的にはこういうノベルゲーム的なタイトルの方が好みだな。
[PR]
2013年 11月 11日 *
最近、WindowsXPをどうしようかと悩んでいる。
世間ではサポート終了と騒がれているけど、WindowsXPでないと動作しないアプリがまだ結構あったりする。

Windows7のXPモードを使用することで多くの問題は回避できる。
しかし完全とは言えない。
XPモードで動作しないアプリもあるし、XPモードが突然動作しなくなった場合どうするのかという問題もある。
そこでXPマシンを新たに用意しようと思っても、既にメーカーはWindowsXPダウングレードモデルの販売を終了しており、新品を入手するのは困難な状況。

2番目の回避策として、新品のWindows7マシンを購入し、それをXPにダウングレードする方法がある。
ダウングレードは大抵OSを1段階下げることが認められているのだが、XPは特例としてWin7→Vista→XPと2段階のダウンが認められている。

ただダウングレードの方法が説明を読んでもいまいちわかりにくい。
要するに、Microsoftの言い分は、XPの媒体とシリアルは自分で用意しろということなのだが。

あまり触れられていない問題として、2010年前後にメーカーが販売していた、Windows7→WindowsXPのダウングレードモデルのシリアルは使用できないというのがある。
厳密に言えば、Windows7→WindowsXPのダウングレードモデルはWindowsXPマシンではない。
あくまでPCメーカーが独自にダウングレード作業を代行して出荷しているモデルなので、MicrosoftにとってはWindows7である。

ところで、用意するXPの媒体とシリアルのメーカーによって、ダウングレードするマシンの認証の有無が異なる。
事前に用意した媒体のメーカーとダウングレードするPCのメーカーが一致していれば認証が不要だが、一致していなければ認証が必要。
つまりメーカーの違うPCから媒体とシリアルを用意する場合、XPを入れた後認証が必要になる。

しかし、2010年前後に販売されたXPダウングレードモデルのシリアルは、実は使用できない。
もちろんXPダウングレードモデルからXPのシリアルをフリーソフト等で抜くことはできるが、そのシリアルは電話認証に通らない。
電話認証に必要となるのは、PCに貼られたWindowsXPのシールに記載されている製品固有のIDである。
しかし、2010年前後に販売されてたWindowsXPのダウングレードモデルにはWindows7のシールが貼られており、XPのシリアルではない。

もちろんボリュームライセンスの媒体とシリアルを用意できれば、電話認証の必要がないので一番はやい。
しかし、電話認証が必要になる場合は、Win7→XPのダウングレードモデルではなく、正式にWindowsXPとして出荷されたPCを準備しておく必要がある。
(まだ残っていればの話だが…)
[PR]
2013年 11月 11日 *
Windowsに関するカテゴリを新たに追加した。
今後、気になったことや感想等をメモしていこうと思う。

日頃リモートデスクトップを使用しているのだが、ファイルのやり取りが信用できない。
リモート先からファイルをコピー&貼り付けすると、ファイルが破損してしまう。
(これに気づかず人に配布したりして何度痛い目を見たことか…)

調べてみるとWindowsXP SP3とWindows Server 2008間でファイルをコピー&貼り付けすると、何とファイルが破損するらしい。

リモート デスクトップ接続 6.1 クライアントを使用して、Windows Server 2008 ベースのリモート コンピューターから Windows XP SP3 ベースのクライアント コンピューターにコピーするファイルが破損しています。
文書番号: 972828 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 3.0

http://support.microsoft.com/kb/972828/ja

自分の場合はWindowsXP SP3とWindows7間でファイルが破損した。
やはり、リモートデスクトップでのファイルのコピペは信用するべきではなかった。
便利な機能ではあるけど。

新しいOS同士であればこの問題は報告されていないので、改善されたものと思われる。
ただしコピペするファイルのサイズは10M程度がいいと思う。
100Mクラスになると転送に時間がかかり、しかもその間Windowsの操作がほとんど出来なくなってしまう。(これは痛い)
なぜファイル転送に時間がかかるかというと、リモートデスクトップのやり取りに暗号プロトコルが使用されているからだと思われる。
リモート先がインターネット経由ならばありがたい機能だが、社内間接続ならわざわざ暗号化は不要かもしれない。
[PR]
2013年 11月 05日 *
かわいすぎんだろちくしょ~
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon