Top
<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
*
*
2014年 02月 20日 *
レンタルVPSを利用する際の注意点として、基本的にほぼ全てのポートが開放されているというのがある。
なのでWindows系OSを入れた時は、ファイアーウォールを有効にし、自分でポートをブロックする必要がある。

例えばWindows Server2008をVPSサーバーにインストールしたとしよう。
次に、外部のPCからVPSサーバーのIPアドレスを入力すると、次のようにパスワード入力を求める画面が表示される。

130219-11.jpg

この時administratorのパスワードを入力すると、遠隔のVPSサーバーに接続できてしまう。
Windows Server2008のインストール直後はファイアーウォールが有効になっているにもかかわらず、管理者パスワードを知っていれば、遠隔で何でも出来てしまう状態なのだ。
もちろん第三者にパスワードは分からないが、パスワードが入力できるということは、時間をかければ突破される可能性も否定できない。
本来であれば、ファイル共有等の目的がない限り、パスワードの入力を受け付ける事自体を止めるべきである。

Windows Server2008をインストール直後の状態でもパスワード入力が可能なのは、ファイアーウォールの例外事項として、「DFSの管理」が有効になっているためである。
DFSの管理が有効な状態だと、閉じておくべきポートが外部に対し開放されてしまう。
Windows Server2012ではインストール直後の状態ではDFSの管理が有効となっていない為、ポートは閉じられている。
だが、DFSサービスをインストールすればパブリックネットワークに対するポートは自動的に開放されてしまうので注意したい。
[PR]
2014年 02月 19日 *
前回に引き続き、ネットワーク経由で音楽を聴く方法について書く。

必ずしも家にサーバーを建てる必要はなく、レンタルVPSサーバーにBitcasaのドライブをマウントすれば、1TB程度の音楽ファイルを外部から読み取ることができる。
またその際、AndroidのESファイルエクスプローラーを使えば、VPNやFTP経由でストリーミング再生が可能である。
この時の料金はVPSサーバーで月額1000円、Bitcasaで月額1000円、その他プロバイダ費用が発生する。
VPSサーバーには予めHDDが100BG程度用意されているので、音楽ファイルの容量が足りるのであればBitcasaは必ずしも必要ない。
月額1000円という金額に関しては、家にサーバーを置いた時の電気代やHDDの購入費用を考えれば安いと思う。

通信方式をFTPにするかVPNにするかについては、人それぞれの考え方や利用スタイルによって異なる。

例えばPacketiX VPNでVPN通信を行った場合、どの程度通信負荷が発生するのかをNetLimiter3というソフトを使って確認してみた。
特に帯域制限を設けなかった場合、速度は以下のようになった。

130219-7.jpg

DL速度で約1.2M/sは遅いのではないかと思われるかもしれないが、通常は5M/s程度の速度が出る環境で計測している。
おそらくNetLimiter3をインストールした事で、本来のパフォーマンスが発揮できていないだけと思われるので、その点はあまり気にしないで欲しい。
この図ではDL速度に対し、UL速度が1/20程度必要になることがわかる。

VPNセッションを利用しない場合、UL速度は計測されない。

130219-10.jpg

これに対し、VPN通信ではDLの1/20のUL帯域を常に使用している。
試しにUL速度に20k/sの帯域制限をかけてみたところ、DL速度は400k/s程度まで低下した。

130219-8.jpg

これにより、PacketiX VPNの通信速度は、DL速度に対し1/20程度のUL速度が必要なことがわかる。
例えばADSLやWIMAXのように、DL速度に対しUL速度が極端に低い回線ではDL速度が低下する可能性がある。
とはいえ、ADSLやWIMAXにしても、DL速度に対してUL速度が1/20以下になるのはレアケースだと思われるので、大した影響は出ないだろう。

また、Packetix VPNとFileZilla FTP Clientの速度差から、VPNを利用した場合と利用しなかった場合の速度差は約9%程度であることがわかる。
VPN通信において、DL速度はUL速度に比べて約1.8倍程度の帯域を使用していることになるが、これは暗号方式の違いによるものだと思われる。
(もちろん、データ本体についても暗号化はされているが、共通鍵を使用している為、データ量としてはほとんど変わらないのだろう。)

以上まとめると、VPNセッションを張ったとしても、DL速度への影響はあまりない事がわかる。
ただし電車等での移動中はVPNセッションが切れやすくなるので、安定性を求めるならわざわざ暗号化する必要はなく、普通にFTPで構わないと思う。
またプロバイダによってはVPN通信がP2Pと同じと見なされ規制されている場合がある。
この場合もVPNは使い物にならないので、FTPかSFTPを使うしかない。
[PR]
2014年 02月 18日 *
昔の記事よりも、最近の記事の方が確かなもののような気がする。
毎回なかなか書く気力が出ず、更新頻度が低いのが残念だけど。

携帯型mp3プレーヤーについては、iPodかウォークマンの2択から、iPodかAndroidの2択のような状況になっている。
実際はAppleがiPodを縮小しiPhoneを拡大しているので、iPhoneかAndroidかと言った方が正確かもしれない。
これは言い換えるとスマートフォン同士の戦いである。

AppleがiPodを縮小するのは、iPodよりiPhoneの方が利益に繋がるからだと思われる。
iPhoneやiPadの方がソフトウェアが豊富に揃っているし、曲もそのまま購入できるので、顧客側にも確かにメリットはある。
しかしAndroidと比較すると、無料のソフトウェアが少ないというか、ソフトは基本的に有料である。
しかもハードウェアとしての自由度がAndroidより低い。
いや、だからこそAppleはきちんと利益を出しているのだろう。
Androidの機種を作っては赤字を出している日本のメーカーとは対照的である。

ただ使う側とすれば、自由度は高い方がいい。
余談だが、最近のKORGにしてもローランドにしても、「こういう風に使って下さい」という主張が前面に出過ぎているように思う。
製品コンセプトが強固に組まれている分だけ、それに反するような機能は無駄と見なされ、切り捨てられてしまっている。
楽器にしても玩具にしても、そこまできっちりしなくてもいいのに。
遊び方までメーカーに口を出され、ユーザーはそれに従わざるを得ないのなら、それは遊びではなくただの作業だ。

mp3プレーヤーの比較ポイントとして、どの位の容量を積んでいるかというのがある。
容量は大きければ大きい程望ましいが、それに比例して値段も高くなる。
しかも32GBの製品がラインナップの中心を占めており、120GBのHDDを積んだプレーヤーは少数派だ。
それなら1TBの音楽フォルダを携帯プレーヤーで聞くにはどうしたらいいのか。
iPodやウォークマンでこれをやろうと思ったらどうがんばっても無理で、何とかして数ある曲の中から指定の容量に収める必要がある。

この容量問題の解決方法として、1TB程度のHDDを積んだNAS等からネットを経由してストリーミング再生する方法がある。
(この時点でネットに接続できないiPodやウォークマンは候補から外れる。)
itunesには、ホームシェアリングという機能が提供されている。
しかしホームシェアリング機能は、あくまで機器同士が同一ネットワーク上にある必要がある。
iPhoneやiPadをVPNで同一ネットワーク上に置いたとしても、それは同一ネットワークとは見なされないらしい。
つまり外出先でitunesを使ってのストリーミング再生はできないことになる。
こうした点がAppleの自由度が低いと感じられる部分である。

Androidであれば「ESファイルエクスプローラー」というたった一つの無料ソフトで実現出来てしまう。
まあ「ESファイルエクスプローラー」はAndroidの中でもチート並に優れたソフトであり、既にほとんどの人が入れていると思うが、音楽再生ソフトとしても有効である。
フォルダを長押しするだけでプレイリストを作成し、その中にあるmp3ファイルを自動で再生してくれる。
そのシンプルな操作性がとてもいい。
これが他の音楽再生ソフトとなると、そもそも音楽ファイルをMusicフォルダに入れなければならない謎のルールに縛られており、操作性も良いとは言えない。
また「ESファイルエクスプローラー」の特筆すべきなのは、FTPやVPNを経由してのストリーミング再生に対応している点である。
これにより、例えば1TBのNASに保存したファイルを外出先で再生することが可能となる。
Androidの容量が16GBだろうと32GBだろうと、意識することなく1TBの音楽ファイルの中から好きな曲を選択出来るのだ。
ここまで来ると、mp3プレーヤーの容量が関係なくなる時代はもうすぐそこまで来ていると言えるだろう。
[PR]
2014年 02月 11日 *
2chの情報が間違っているなら、その事を2chに書き込めばいい。
更にテンプレに追記すれば効果は大きい。
それはわかっているのだが、それまでの話の流れを無視して書き込んだところで埋もれてしまうし、テンプレに書き込むにはスレの切り替わるタイミングを待たなければならない。
つまりスレをいつも監視する必要がある。
しかし、いつも2chを見ている訳ではないので、思うことは大抵ブログに書いてしまう。
ここであれば好きな時に書き込める。

先月、NTTフレッツの思いっきり割の受付が終了した。
切りもいいので、フレッツの後日談について書こうと思う。

あれからフレッツ光ネクストを実質無料で4ヶ月程使用することができた。
理由は、Biglobeで縛り契約無しのキャッシュバックが存在したからだ。
(今は存在するかわからない。Biglobeはキャッシュバックキャンペーンを縮小しているので)

2chにはNTTへの電話申し込みは一番損だと書かれているが、必ずしもそうとは限らない。
2年の継続使用が前提ならそれは正しいと思うが、半年だけ使いたいという場合はどうか。
自分の場合は1年ならまだしも、2年後生きているかどうかもわからないのに2年縛り契約を結ぶのはどうしても避けたかった。
自分の死後、他人に迷惑をかけることが生理的に受け入れられない。

フレッツ光を新規で申し込む場合、工事費は必ず発生するような事が2chで書かれているが、実際はそうではない。
部屋に光コンセントが予めあれば宅内工事は不要で工事費も発生しない。
(但し申し込み費用は発生し、2年縛りにすればそれも不要となる。)
自分の場合は最初にNTTに間違った工事をされた挙句、解約しようとしたら解約金を払えと言われ、何日もかけて交渉する羽目になった。
「何度電話をかけても結果は変わりませんよ」
と馬鹿にした口調で言われたものの、交渉の末やっと自分の主張が認められ、無料で解約することができた。
(主張といっても、相手が工事を間違えた上に申し込んでもいないオプションを勝手に追加され、解約したいと申し出ると解約金を出せというNTTの言い分は詐欺師と変わらない。ミスを隠蔽する会社の体質のおかげで、何日も無駄にしなければならなかった。よほどの事がない限り、今後は付き合いたくない。)

その後、NTT以外のwimaxやイーモバのADSLを申し込んだりしたが、宅内環境のせいで利用を諦めた。
そしてある日ふと自分の部屋に放置された光コンセントが気になり、NTTに確認すると、宅内設備有りの扱いとなり再度フレッツ光を申し込むと工事費は発生しないことが判明した。
しかもNTTの電話経由で直接申し込むと、幾つかのキャッシュバックキャンペーンが存在することがわかった。
その中でも自分の気を引いたのは、Biglobeのキャッシュバックキャンペーンだった。
17000円という金額より、縛り無しというのが大きい。
(実際には3ヶ月経過後に振替払出証書が郵送されてくるので、4ヶ月程度の利用は必須。)
ただしNTTは2年割がデフォルトらしく、何も言わないと勝手に2年割にされるので注意。
(更に、縛りなしのプランを申し込むとまた頼みもしないオプションをまた無断で申し込まれた。おそらくNTTには割引を打ち出す一方で、無知な客を騙して料金を詐取するためのプログラムが存在しているのだと思われる。利用者としては、身に覚えのない契約書が届いたら電話ではっきり契約の意思がない旨伝える必要がある。他にもNTTは客が損をするような罠を仕込んでいるかもしれないので注意したい)


■使用感
マンションタイプだと帯域を分け合うから遅くなると言われるが、光配線方式だったのでフレッツスクウェアの回線速度は常に上限値の200M近くまで出ていた。
また時間帯によってネットの速度が異様に遅くなることがあり、プロバイダを変えたら一気に改善された。
よって、速度低下の要因としては配線方式の違いとプロバイダ要因によるところが大きいと思われる。

ただし通常のネットサーフィンとなると、やはり200M出るようなことはなかった。
これは通信速度は相手の上り速度にも依存するからだ。
自分の下りがいくら速くても、接続先サーバーの上りが1Mであれば1Mでしか落ちて来ない。

それよりもストレスを感じたのは、Biglobeは値段の割りに1M以下の時間が結構あり、午後から夜にかけて動画閲覧が出来なかった事だ。
またexciteもIIJ回線を使っているので速いのかと思いきや、そこまで高速ではなかった。(それでも常時5Mは出ていたので通常使用には問題なかったが)
その後見つけた安いプロバイダの方が上記2社よりも速度面で優秀で、夜間でも常時100M近く出て快適だったので、普段はそればかり使用していた。

■価格について
キャッシュバックや縛り契約による割引、それから工事費を抜きにして、単純にフレッツ+プロバイダ(Biglobe)を含めた月額費用は、光配線方式・マンションタイプ2の場合、約3800円である。
WIMAXと比較しても値段は遜色なく、コストパフォーマンスは高いと言える。

しかし、戸建ての場合は月額費用が上がり、2年割を使わなかった場合、フレッツ基本料だけで5500円と一気に値段が上がってしまう。
これにひかり電話のオプションやプロバイダ料金を加えると、月額6000円を超える。
いくらひかり電話が月額500円で使えると言ったところで、かつてのADSLが電話+フレッツ料金で5000円程度だったことを考えると、値段が上昇している。
こうした状況を踏まえると、戸建てタイプはコスト面の魅力は半減してしまう。
よく光の勧誘で今より安くなると必ず言われるが、本当に安くなるのかは利用形態により異なるのである。

この月額費用の違いは工事内容の違いから来るものだと考えられる。
(戸建ては回線を占有しているから高いという説明は、マンションタイプでも光配線方式であれば上限値付近まで出ることからやや説得力に欠ける。また戸建てであっても最終的には他の回線と帯域を共有しているはずである。)
マンションは一度建物にケーブルを引き込んでしまえば、後は各部屋ごとに分岐させれば済む。
それに対し、戸建ては1軒1軒ケーブルを建物内に引き込む工事が必要となる。
それならなぜ工事費という名目で徴収しないのかと思われるかもしれないが、それだと初期費用の高さから新規申し込みが敬遠されてしまう恐れがある。
そのためNTTはその膨らんだ工事費分を月額料金を増すことで回収したいのだと思われる。



以上まとめると、ネット閲覧程度であればWIMAX、LTE、MVNO、ADSL等のサービスがあるので、光の導入は必ずしも必須ではない。
しかし、マンションタイプかつ光配線方式であれば価格面での優位性は確かにあると言うことができる。
またニコ生を配信したいということであれば、WIMAXにしてもADSLにしても上り速度が遅いという弱点があり、光にした方が無難だ。
他にもアンテナ無しで衛星放送を見たいという動機から、光の申し込みを検討することも考えられる。
まあこれについてはマンションであればBSが引き込まれている物件は多いし、戸建てであればアンテナを設置すればいいので、そこまで大きな需要には繋がらないかもしれない。

ちなみにフレッツテレビに関して、NTTのHP上ではマンションタイプ(光配線方式)なら利用できるような事が書いてあるが、あれは誤りである。
基本的にフレッツテレビは戸建て向けのサービスであり、マンションの場合は光配線方式に対応していてもフレッツテレビ用の設備がなければ利用できない。
大抵のマンションには既にケーブルテレビが引かれてあるので、オーナーがフレッツテレビの設備まで追加導入するかというと、実際そうはならないケースが多いだろう。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon