Top
<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
*
*
2014年 11月 26日 *
自分だけなのかもしれませんが、2015年7月あたりからOneDrive for Business有料プランのdown速度が1セッションあたり100k/s前後に低下してきましたので、個人的にはあまりオススメしません。
今後容量が無制限になることがあったとしても、速度が遅くて使い物になりません。


(以下は過去の記事です)

オンラインストレージサービスとして最近有名なのは、MicrosoftとGoogleのサービスである。
知名度からいえば両者とも知らない人はいないだろう。

どちらにも個人向けと法人向けのプランがある。
Googleの例を先に挙げる。

------------------------------------------------------
https://support.google.com/drive/answer/2375123?hl=ja

■個人向け
Google ドライブ ストレージ プラン

保存容量 月額料金
100 GB $1.99
1 TB $9.99
10 TB $99.99
20 TB $199.99
30 TB $299.99

https://www.google.com/intx/ja/work/apps/business/pricing/

■法人向け
Google Apps

年間プラン 1 ユーザー \500/月 フレキシブルプラン \600/月
30GB ストレージ / 1 ユーザー

年間プラン 1 ユーザー \1,200/月 フレキシブルプラン \1,200/月
保存容量無制限+ Vault
(5 ユーザー未満は 1 TB / 1 ユーザー)
------------------------------------------------------

使い勝手に関しては、個人プランも法人プランもあまり変わらない。
ただ個人の10TBのプランを利用するのであれば、法人プランを選択した方が金額的にあからさまにお得である。

そもそも個人と法人の違いは何なのだろう。
他のブログ等を見ると、金額的な面で法人プランへの申し込みが推奨されていたりする。
確かに個人が法人プランを申し込むことについて、問題があるようには見受けられない。
だが、サービスを提供する側としてみれば、法人はバカみたいに大量のデータをアップロードしない所にビジネスとしての旨みがある。
逆に言えば、だからこそあの価格が実現できるのであり、個人が法人プランを申し込むことは想定していないのではないだろうか。
だからといって、顧客の保存しているファイルの中身を確認し、音楽や写真が多いからという理由で、法人プランを強制退会させる訳にもいかない。

この問題を解決する手段として、Googleは無制限プランに最低ユーザー数の縛りを設けた。
これはなかなか上手いやり方だと思う。
確かに法人格であれば複数の従業員がいるはずだし、もし個人であっても法人プランを使いたいなら、それなりの対価を支払えばいい。

Googleの無制限プランは6000円/月から利用できる。
1、2ヶ月に1回HDDを購入するようなユーザーであれば、申し込む価値はあるだろう。
だが、数で言えばそのようなユーザーは少数かもしれない。

次にMicrosoftのサービスを見てみる。

最初に言っておくと、個人向けのOneDriveと法人向けのOneDrive for Businessの使い勝手はかなり違う。
個人向けのOneDriveの前身はhotmailのSkyDriveであり、こちらは以前から知っている人も多いだろう。
一方、法人向けのOneDrive for Businessの前身はMicrosoftのOffice製品群のSharePontである。
こちらは知っている人は少ないのではないだろうか。
Microsoftは数年前からOfficeのクラウド化に取り組んでおり、その一つの例がExcel OnlineやWord Onlineである。
これは無料で開放されているので、知っている人も多いだろう。
これと同様の位置づけでSharePont Onlineが存在し、これに含まれる機能の一つがOneDrive for Businessと呼ばれている。
要するに、OneDrive for Businessはもともと個人のストレージ保存を目的としたサービスではないのだ。
(もちろん、そういう使い方も出来るけど)
ここが少し分かりにくいというか、バックアップ用途で使用する際に不便を感じる所である。

具体的に見てみよう。

■その1 OneDrive for Businessは、2ギガを超えるファイルをアップロードすることは出来ない。

音楽や写真のバックアップが目的であれば、この制限はあまり気にならないかもしれない。
どうしても2ギガ以上のファイルをバックアップしたければ、ファイル分割ソフトで2ギガ以下にしてからアップロードするという回避方法もある。

■その2 OneDrive for Businessライブラリ内の同期は、20000アイテムまで。SharePoint サイトライブラリの同期は5000アイテムまで。

http://support.microsoft.com/kb/2933738/ja
http://office.microsoft.com/ja-jp/support/HA102832401.aspx
SharePoint Online: ソフトウェアの境界と制限
https://support.office.com/ja-JP/Article/SharePoint-Online-%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%A2%83%E7%95%8C%E3%81%A8%E5%88%B6%E9%99%90-8f34ff47-b749-408b-abc0-b605e1f6d498

一読しただけでは、「お前は何を言っているんだ?」と言われそうだが、そもそもこの制限は「同期」機能を使う人だけに関係する話である。
そもそも同期とは、オンライン上の状態とローカルPC上の状態を一致させることを意味する。
これはBitcasaでいうミラーリングに似ている。
ただし、ローカルPCのファイルを誤って消してしまった場合、オンライン上のファイルも消えてしまうので、個人的にはあまり使っていない。

ここでいう制限はあくまで「同期」の制限であり、20000までしかファイルをアップロード出来ないという意味ではない。
下図のように20000ファイル以上のアップロードは可能である。
(もちろん1ファイル2ギガまでという制限は生きているが)
7.jpg

ただ日常的に同期を使っている人は、20000アイテムの制限で使うのを諦めてしまうかもしれない。

また、SharePoint サイトライブラリの5000アイテムという制限は、どういう意味なのか。
これはOneDrive for Businessをバックアップ目的で使用する人にはあまり関係ないかもしれない。
SharePointにはサイトというプロジェクトのような概念があり、ユーザーはサイトごとに選んでファイルを保存したり同期することが可能である。
この機能を使わなければOneDrive for Business全体としての20000ファイルの同期制限のみを気にすればいい。

■その3 OneDrive for Businessは、5000を超えるファイル一覧を表示することが出来ない。

例えば同一フォルダ内に5000超のファイル数があったとすると、エクスプローラーでファイル一覧を表示することが出来ない。
ただしこの制限は、同一フォルダ内に5000超のファイルをアップロード出来ないことを意味していない。
やろうと思えば、同一フォルダに何万ものファイルをアップロードし保存することは可能である。
ただし、それを一括表示させるビュー(Accessのクエリのようなもの)を作成することが出来ない。
エクスプローラーで開こうとしても空の中身が表示されるだけである。
もしフォルダ内にある特定のファイルをダウンロードしたい場合は、検索等の方法で欲しいファイルを絞り込む必要がある。

web上では下のようにファイルの一部分が表示される。ここからファイルを検索することが出来る。
2.jpg

エクスプローラーで開いても何も表示されない。検索も出来ない。
3.jpg

これはSQLServerを使用しているがゆえの制約らしいのだが、フォルダ内の一覧表示数に制限があるのは結構痛い。
これを回避するためには、フォルダ内にフォルダを複数作って分散して保存しなければならない。
フォルダ内にある合計ファイル数が5000を超える分には問題ない。
あくまでフォルダ直下に存在するアイテム数が5000を超えると一括表示できなくなるという話です。

下図のように複数フォルダを作って分散すれば合計で5000ファイルを超えても問題ない。
8.jpg

カウントすると総合計は20000を超えている。
1.jpg


■その4 OneDrive for Businessはの「エクスプローラーで開く」は、Windows7では使い物にならない程遅い。

OneDrive for Businessには、エクスプローラー上でファイルのコピー・貼り付けができるように「エクスプローラーで開く」という重要な機能がある。
これにより、web上ではできなかった、一度に数万件のファイルをアップロードするといった事が可能となる。
もちろん、アップロードが完了するまでにはものすごく時間がかかるが、webでやるよりは遥かにマシと言える。
webには一度にアップロードできるファイル数の限界があり、かといって同期機能にもファイル数制限があるので、数万ファイルのアップロードは事実上出来ない。

なお「エクスプローラーで開く」を使用するには幾つかの条件が必要となる。
・ダウンロードファイルサイズ制限(初期値は50M)をレジストリエディタでffffffに変更。
・対応しているブラウザはIEのみ。
 他のブログ等を見るとIE11にしか対応していないような事が書かれてあるが、実際はそうではない。
 Windows7・IE8でも使用することは可能である。
 ただし、下記のページから修正プログラムを適用する必要がある。

Web フォルダーから 50000000 バイトより大きいファイルをダウンロードするときにフォルダーのコピー エラー メッセージ
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/900900

SharePoint Online で "エクスプローラーで開く" のオプションを使用する方法、およびこのオプションに関する問題をトラブルシューティングする方法
http://support.microsoft.com/kb/2629108/ja

Internet Explorer 10 をインストールした後にエクスプローラーで SharePoint ドキュメント ライブラリを開くか、SharePoint ドキュメント ライブラリにネットワーク ドライブを割り当てると、エラーが発生する
http://support.microsoft.com/kb/2846960

この修正プログラムの適用条件はWindows7 SP1以上なので、「エクスプローラーで開く」を使う必須条件はWindows7 SP1となる。
またWindows Server 2008 R2では修正プログラム適用前に予めサーバマネージャから「機能の追加」→「デスクトップエクスペリエンス」をインストールしておく必要がある。
http://sharepointmaniacs.com/archives/1594
しかしWindows7及びWindows Server 2008でこれを使用してもアップロードスピードが異様に遅い。
Windows8.1ではこの速度問題は改善されているのだが、どうしてもWindows7でないと駄目な人にはお勧めできない。

■その5 OneDrive for Businessの「エクスプローラーで開く」で一度に転送可能な容量はローカルHDDの空き容量まで

意外に思われるかも知れないが、「エクスプローラーで開く」を使用しての一度に転送可能な容量は、Cドライブの空き容量に依存する。
例えば合計5Gのファイル群を転送する際、Cドライブの空きが1GBしかなければ、転送を5回以上に分けて行う必要がある。
この理由はおそらくこれから転送するファイルを一旦ローカルキャッシュに貯める必要がある為だと思われる。
キャッシュ保存フォルダの場所:
C:\Windows\ServiceProfiles\LocalService\AppData\Local\Temp\TfsStore\Tfs_DAV
またOneDrive for Businessを使用しているうちになぜかCドライブの容量が一杯になってしまうことがある。
その場合、キャッシュフォルダの中身が一杯になっていないか確認する。


あと言い忘れていた、
OneDrive for Businessは1TBのプランは、4920円/年 490円/月 と他社に比べて破格の値段だったりする。
また、これまで挙げた制約の幾つかは、将来的に緩和されるのではないかという淡い期待もある。
そして来年に予定される無制限オプションがいくらになるのか気になる所だが、現時点で既に価格面の魅力は十分ある。
そう考えると、制約条件はあるものの、人によっては検討の価値があるプランではあると言える。
ただ制約条件等を総合的に考えれば、Office 365 Solo付きの無制限プラン(12,744円/年 1,274円/月)だよね。
特にWindows8.1の使用が前提であれば、ファイル単位でオンライン・オフラインが切り分けられるの機能が非常に強力なので、おすすめできる。
(せっかくのいいアイディアなのに、次期ウィンドウズではなくなる予定らしい)


今回検証に使用したダミーファイル作成ツール
Giga File Creator
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se416131.html
[PR]
2014年 11月 26日 *
Bitcasaの無制限プランが廃止となった。
それに伴い、11月15日までに新プランへ移行するか解約するかの選択を迫られた。
誰かが掲示板で機能をダウンロードのみに絞ってサービス継続できるのではないかと書いていたが、AmazonS3ではダウンロード自体が従量課金なので実現は難しいと思われる。

Bitcasaは月額1200円程度で無制限だったので重宝していた。
サービス終了までの猶予は2週間程度しななく、データを退避させるのに苦労した。

まあいつかはサービスが立ち行かなくなる事は誰もが予想できる事だった。
問題はそれがいつなのか、だ。

新プランは月額1200円で1TB、月額12000円で10TBと何とも強気な価格設定となっている。
これでは新プランの継続もどうなることやら…。

という訳で、新しいオンラインストレージサービスを探さなければならない。

Bitcasaを使っていて特に不満がある訳ではなかった。
むしろ、データを一元管理できるのはやはり便利なことに気づいた。

例えばHDDにデータをバックアップしていると、欲しいデータがどのHDDに保存したのかわからなくなる場合がある。
ファイル数が多くなればなる程、HDDを繋いだり、外したりする作業が大変だ。
一方これがBitcasaのように一つのHDDにまとめることが出来れば、どのHDDに保存したのかわからなくなる事もない。
「Snap2HTML」のようにHDDの構造を丸ごと取得できる便利なフリーソフトもあるにはある。
ただし今度は、保存したスナップショットのどれが最新なのかを管理しなくてはならない。

HDDは消耗品という観点からすると、複数のHDDに分散してバックアップする行為自体はあながち間違ってはいない。
だが、そうすることで様々な場所でファイルの重複が起こったり、どちらが最新ファイルなのかといった問題が生じる。

オンラインストレージサービスはその問題を解決する切り札となるのではないか。
それに最近のタブレットPCの容量は圧倒的に少ないので、これを補完することが出来るし、他の機器同士でデータを同期できる点も見逃せない。
こう考えると、やはりオンラインストレージは注目すべきサービスと言えないだろうか。
[PR]
2014年 11月 17日 *
もう冬なのか? と錯覚するほど最近寒く、冬用のコートやヒーターを取りに実家に帰ることにした。

帰省して思ったのは、やはりこの家の中は騒々しいということ。
1階の生活音が家全体に響き渡り、現在の部屋が静かなだけに余計にそれを感じる。
今住んでいる部屋も木造なのだが、隣の部屋に住んでいる人の生活音が全く聞こえてこない。
隣人は二人暮らしの夫婦で、それなりに話し声やら料理をする音がしてもおかしくないはず。
試しに壁に耳をあててみると、話し声が聞こえた。
やはり隣人は慎ましく生きることを信条としている訳ではなく、単に建物の造りがそうなっているらしい。
自分にとっては大変ありがたいことだ。
この部屋ならずっと住み続けられそうな気がする。
実家暮らしはまるで生きた心地がしなかった。
家族はもともと扉を思いっきりバタンと閉めるような人で、そんな人と一緒に暮らすのは無理だ。
その時の生活は、帰る際にコーラやコーヒーや酒を買ってからでないと家に帰ることが出来なかった。
今から考えると、体の不調の原因はあの食生活にあったのではないかと思う。
コーラとコーヒーと酒のコラボレーション。
そんな事を毎日繰り返していたら、どこか体に変調が出ても全く不思議ではない。
今では生活自体にはストレスは感じないので、そんなものを飲む必要はない。
実は先週から飲み物を水だけに限定しているのだが、既に体が健康に近づいた気がしている。

それにしても同じ木造建築なのにここまで差が出るのは不思議だ。
実家の方は風通しを重視した造りになっているのだろうか。
部屋で洗濯物を干すのなら重要かもしれないが、そこまで換気する必要はないのに。
遮音性でいうとレオパレスかそれ以上にひどい。
この辺のところは実際物件に住んでみないと分からないというのは難儀な話だ。
こうなると新築の購入はギャンブルに近い。
[PR]
2014年 11月 11日 *
昔よりも技術的には進歩しているはずなのに、なぜ今でもレトロゲームは面白いのか。
そんなことを考える。

FM音源の登場により、リアルなベルの音などが出せるようになった。
FM音源がアーケードゲームやPC-98に搭載された事は、当時かなりのインパクトを与える出来事だったと想像できる。

これはFM音源が非整数倍音を容易に出せることと関係している。
世の中の全ての音はサイン波に分解することが可能である。
裏を返せばサイン波を合成すれば、この世の全ての音を再現できることになる。
合成というのは単なる足し算のことであり、どのような音でもサイン波を重ね合わせれば表現可能なのだ。
よってFMシンセは、これまでのアナログシンセでは出来なかった豊かな表現が出来るはずである。

ただしこれはあくまで理論上の話である。
実際にはFM音源を採用したPC-98のゲーム音楽を聴くと、音はある種の傾向を持つことがわかる。
その要因の一つとして、FM音源であっても表現の難しい音の存在があげられる。
例えばFM音源はピアノの音や人の声などの生音の表現は苦手である。
いくらFM音源で様々な音が鳴らせるとはいっても、鳴らせる音の種類からするとサンプリング再生できる装置には敵わない。
仮にオーケストラ音楽を再現する際は、いくらFM音源でがんばったとしても、ローランドのSCシリーズには勝てないだろう。

PC-98の色数にしたってそうだ。
16色で表現できるグラフィックには限界があり、同時発色数でいえばSFCやサターンに劣る。

しかし16色で表現されるCGには、SFCやサターンでは表現できない魅力がある。
それはなぜなのだろう。

当時のゲーム音楽を聞くと、音質のよさに驚く。
今のほうがリスニング環境は優れているので、良く聞こえるのは当然のことかもしれない。
ただFM音源の音作りはけっこう難しい。
なぜ当時の機材で、ここまで計算しつくした良い音を作り出せたのかと思う。
これは開発環境に恵まれ、突出した才能に恵まれなければ決して作ることはできない。

今では昔よりも優れた開発環境が整っているが、何だかそれに対して冷淡な自分がいる。
どこか感動できず、冷め切っていて、粗探しをするような目で見つめている。

僕が言っていることは、おそらく回顧厨の戯言だろう。
技術が向上したことにより、クリエーターの裾野は広がり、誰もが情報を発信できるようになった。
このことは素直に喜ばなければならない。
[PR]
2014年 11月 11日 *
AT-HA26D購入直後の音がおかしかったのは、ヘッドフォンのエージングが足りなかったからだと思う。
AK4396を採用しておきながら、音があそこまでおかしくなるのは理論的にやはりおかしかったのだ。

先日も書いたようにDACを変更するとヘッドフォンのエージングがもう一度やり直しになる場合がある。
「場合がある」というのは、全てのケースがそうとは限らない。
だが普段スマホやiPodやウォークマンで聴いていて、いきなりヘッドフォンアンプを通すと再度エージングが必要になる。
おそらく出力レベルが違うのだと思う。

これは2014年の中で個人的に印象に残る発見だった。
例えばこの事実は、中古楽器において前の所有者の癖が音に現れる現象と似ている。
同じ機種のヘッドフォンであっても経由するDACが異れば音色の傾向が変化する。
野球のグローブだって最初は固くて使いづらいけど、徐々に手にフィットしていく。
ヘッドフォンにもそうした過程が存在するのではないか。
音を鳴らしていくうちに徐々にDACにフィットしていくようになる。
大げさに言えば、ヘッドフォンにも使用者の個性が現れるということだ。

そういう訳で、現在はAT-HA26Dを使って音楽を聴いている。
AT-HA26DとまともなヘッドフォンとそれにASIO再生環境があれば、音質面はある程度の及第点に到達すると感じる。
ここまで来ればよほどの事がない限り、音に対する不満や致命的な欠陥は出ないのではないか。
自分自身、現在はこの環境で満足してしまって、これ以上機材にお金をかけようとは思わなくなってしまった。

自分が普段使用しているヘッドフォンはDENONのAH-D501なのだが、今ではもうとっくに生産終了になっている。
後継はAH-D510という機種なのだが、低音の鳴り方が明らかにオーバーな表現になっており、買うのを躊躇っている。
後継機種のくせに音の傾向が異なるのであれば、他社で良さそうな機種を探した方が得策である。
まあAH-D501に関しては、既に数台確保しているので今使っているのが壊れたとしても当面困ることはない。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon