Top
<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
*
*
2015年 11月 08日 *
b0041624_0515476.jpg

短期取引用の売りポジションは週末決済するつもりでいた。
だが突然、家の付近一帯が停電になり、何もできなくなった。
スマホのアンテナは生きていたが、スマホで取引する気にもなれず、そのまま不貞寝してしまった。
この売りポジは来週には決済したい。

そもそも当初の目標は、あまり相場に参加する時間を少なくし、かつ安定した利益を得るというものだった。
それなのにいつの間にか常時スマホでレートチェックし、家に帰ってからもトレードの隙を窺っていた。
挙句の果てには朝の通勤時にスマホでトレードを繰り返す始末…。
冷静に考えてみると正気の沙汰とは思えない。
自分の望みはこんなものではなかった。

トレードするのは月数回程度でいい。
レートチェックも週1回程度でいい。
毎日モニターの前に張り付くのははっきり言って時間の浪費だ。人生の無駄遣いだ。
わかっていたはずなのに。
こんな生活を望んでいた訳ではなかった。

ふと確度の高そうな方法を思いついた。
異業者間スワップのさや取りが年利1~2%とするなら、こちらは5%前後期待できそうな気がする。
ただし月に数回しかトレードチャンスが訪れないので、あまり試行することができない。
内容的にはしょうもない方法なのだが、某掲示板では取り上げられていないようだ。
実際に数ヶ月トライしてみて結果を検証したいと思う。

EURUSDがいい所に来ている。
ここまで来れば短期用の売りポジションを決済し、中期用の買いポジションを増やしていきたい。
1.046付近のサポートを背に買い下がっていくのがセオリーと思われる。
このラインを切ってくるようなら損切りし、状況によって新規売りを建てる方法もある。
とにかくこの水準での取引に迷うことはない。

短期取引から中長期取引への移行が当面の目標。
だが中長期取引のデメリットは、損切りが発生した時、マイナスを取り戻すのに数ヶ月要してしまう点。
最悪、半年以上マイナス成績が継続する可能性だってある。
それはそれでどうなんだろう。
だがもうモニターを眺める生活は沢山だ。
中長期的に僅かでもいいから安定した利益を得る事の方がはるかに価値がある。

ここ1ヶ月程の経験により、スイングトレード(2週間前後で決済する取引)といっても、結局毎日レートを見てしまうことがわかった。
それならもっと長いスパンを想定した、数ヶ月単位での取引を行うより他ない。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon