Top
<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
*
*
2016年 06月 26日 *
なぜリスニング環境で静音性にこだわるのか。
それは「音」を聞くと同時に「静寂」も含めて聞いているからである。

現行スマートフォンのプラットフォームにSnapdragonがよく取り入れられている。
そしてサウンドチップにも同社のクアルコムのものが併せて採用される場合が多い。
音の方向としては加工系で、音質的にはウォークマンと同等かそれを上回る。
加工系の音にどちらがいいとか比べてもあまり意味はないかもしれないが。
ありていに言うなら、ウォークマン好きな人が持ち上げそうな音ではある。

以前にはSnapdragonにもWolfsonチップが採用されていた機種も存在していたが、現行機種はどれも似たり寄ったりで特徴は感じられない。
あまり話題に上がっていない話ではあるが、2011年以降に発売されたLG製のスマートフォンの一部にWolfsonチップが採用されていた。
中には投げ売りのような価格で売られた機種もあり、結果的にはWolfsonチップ搭載の携帯音楽プレイヤーを誰もが安価に手に入れることができた。

あれから5年経ち、スマートフォンの性能は確かに向上したと言える。
しかし携帯音楽プレイヤーの部分に関しては前進どころか後退しているかのような状況は憂うべきかもしれない。
ウォークマンのような加工系の音は学生や初心者に広く受け入れられている事自体は別に構わないと思っている。
それが例え目くらましだったとしても、「ウォークマンの音はいい」という感動まで否定するつもりはない。
だが、そこから少しステップアップしてみようとする人をターゲットとするようなマーケットが存在しないのが問題なのだ。
そこから先はオカルトめいた詐欺商売しかないのだろうか。
2万円のウォークマンを買ったと思ったら、次は10万円ですというのは極端すぎはしないだろうか。
おまけに内容が伴った価格なら許せるが、音のいいSDカードレベルの技術を投入されても詐欺の匂いしかしない。

結局は好みの問題に帰着するのかもしれない。
自分にはどうしても加工系の音が好きになれない。
音を加工するという事はつまり音を切り捨てることでもある。
個人的には要らない音だろうとノイズだろうと音源ソースに記録されているのであれば忠実に再現して欲しいと考える。
あとは脳内補完でどうとでもなる。
それよりその場の空気感までそぎ落としてしまう事の方が遥かにダメージが大きい。
[PR]
2016年 06月 26日 *
NECのタブレットPC-TW508CASが16,000円前後で安売りされているので思わず買おうとしてしまった。
だが電気店でタブレットの大きさを確認してみると結構な大きさで、これを持ち運ぶのはためらわれた。
さらにそれを電車の中でいじるのはもっと勇気の要る行為に思われた。
いろいろ考えた末、カゴの中の商品を空にし結局買うのは止めにした。

PCで音楽を聴く者にとって、静音PCは魅力的に見える。
この季節、PCのファンの音はやたら頑張ってうるさく感じる。
かといってノートPCにした所で発熱やファンの音はけっこう気になるもので、使用を躊躇してしまう。
(特に音が鳴ったり鳴りやんだりする所とか。)
そこで静音PCの導入を検討している訳なのだ。

自作PC関連では、マザーボードにCPUが既に搭載されているモデルが存在する。
性能は主力機種に比べやや落ちるが消費電力の面では優れておりファンレスを達成している。

参考画像(intel Celeron J3160搭載MicroATXマザーボード)
b0041624_2037284.jpg

これを導入すれば静音の目的は大部分達成できるだろう。
だが、これに加え、ケースやHDDやメモリは自分で買い足さなければならない。
静音はトータルで考慮しなければならないので、電源等にも気を使う必要があり、少々面倒だったりする。

ならいっその事スティック型PCでいいじゃないか。
そう思い結局、INTELのスティックPCを購入したのだった。

intelと言えばCPUで有名だが、マザーボードも作っていたりするし、グラフィックも今やCPUと統合されている。
intelがPCを販売したところで特段驚くに値しない。
むしろ当然の流れのようにも思える。

モデルは一応USB3.0が付きのSTK1AW32SCにしておいた。
旧モデルが14000円前後で買えるので迷ったが、特に深く考えず、CPU性能が多少アップしている20000円のモデルを選択した。

OSはWindows8.1を入れようと思えば入れられる。
海外ではSTK1A32SCというOSレスの型番があり、intelのドライバー配布ページにWindows8.1 64bit用のものが存在する。
これでドライバ関係は一式揃う。
Windows7はeMMCを認識できない為、インストールの途中で失敗してしまった。
その他、まだ試してないがLinux系のOSもインストール可能と思われる。

操作感だが、小さいくせに意外にきびきび動く。
一昔前のCore 2 Duo搭載ノートと体感的に同じかやや上回るくらい。
それなら大きさで圧倒的にアドバンテージがある。

そして気になる音について。
ノートPCにありがちな、起動直後は無音だが使っているうちにファンの音が鳴り始めるパターン。
ただし絶対的なボリュームそのものはスティックPCの方が小さい。
2メートル位離れればほとんど聞こえない大きさだ。
(モニターと直接接続する都合上、本体と離れて使用する場面は少ないかもしれない)
音を例えるなら、会社で使ってるプロジェクターのようなジーという音。
といってもヘッドフォンを装着しているとほとんど気にならないレベルではある。
だがヘッドフォンなしの状態だと気になる人は気になるかもしれないが。

現行のCore i シリーズと比較して速度はどうか。

WEB閲覧…重いページはやや表示がもたつく。
動画閲覧…問題なし。

要するに通常使用用途であれば全く問題ない。
ついに時代もここまで来たかという感じ。

一昔前では考えられなかったこの性能が手のひらサイズになってしまうなんて。
所有欲をも同時に満たしてくれる一品である。
Core i シリーズも持ってはいるが、率直に言って省エネで静音のこっちの方がメインになりそうな予感がする。
[PR]
2016年 06月 07日 *
TH-7のセッティングを少し詰めた。
最近は時間があるとこんな事ばかりやっている。
一つはヘッドフォンごとに最適なセッティングが存在することがわかり、ならば持っているヘッドフォン全ての最適値を探してやろうという気になったこと。
最適な状態でなければヘッドフォンを本当の意味で評価することは出来ないと思う。
自分のヘッドフォンの基準は5千円以下で購入できてかつ素性のいいものを選択するようにしている。
あとはネットで神格化されていない機種。
定番機種やコスパが高いと宣伝されているものは個人的に買うのをためらってしまうので。

でTH-7なのだが、ポータブルプレイヤーのヘッドフォンとして使用する分にはノーマルで構わない。
だが、ヘッドフォンアンプに繋ぐと、モニター系の性質なのか音がキンキンしてしまう。
自分としてはリスニングとして使いたいと思っているので、ヘッドフォンアンプに繋いでもリスニングとして使用できるようなセッティングを目指した。
ここからはヘッドフォンアンプに繋いだ時の音について書く。

素の状態だと音がフラットとは言えない。
また、音と音が混ざらない。
モニターとしてはそれでいいのかもしれないが、半解放型というヘッドフォンの形状から来る特徴でもある。
音が跳ね返らない分、混ざらず、残響や余韻を残さない。
そこで3つある孔のうち2/3をテープで塞いだ。
(まあこの方法は以前も紹介したが)
やり過ぎると音が籠るし、かといって何もしないと音がフラットにならず聞いてて気持ちよさがない。
(音のチェック用にはそれで正解なのだろうが)

あとはヘッドフォンアンプのボリューム(可変抵抗)の調整。
これも繰り返しになるが、ちょうどよいバランス位置になると互いの良い部分だけが残る。
天秤の釣り合いがとれた特別な状態のような。

そして最適化後のTH-7だが、特徴としてやはり音が硬い。
例えば足音のコツコツという音がガツガツ来る。
また細かい音が明瞭。
例えばアニメのガヤ音でも何を喋っているのか聞き取れる位。

ボリューム調整してわかったのだが、ヘッドフォン自体の抵抗値が若干高い分、そこまでの電流は必要としない。
ただ限界性能はそこまで高くない気がする。
音を一斉に鳴らした時の感じがどうしてもフラットにならないというか。
もちろん素の状態よりは遙かにマシになってはいる。
テレビや普通の音楽を聴く分には問題にならないレベルではあるが、限界まで試すとどうやってもフラットにはならないような。
それでも他の機種に比べるとかなりのアドバンテージはある。
素の状態はモニター系だが、調整によりリスニングと中間位の所まで持っていける。
これなら長時間聞いても疲れる心配はない。
TH-7からこれ程気持ちのいい音が出るなんて、数週間前までは想像も出来なかった事だ。
気持ちよさと繊細さを兼ね備えた機種は、他に探してもなかなか見つからないかもしれない。
[PR]
2016年 06月 04日 *
今まで少しTH-7を過小評価していたかもしれない。
やはりヘッドフォンに最適な電流、抵抗値は存在する。
音量の最適値は人それぞれだが、幸いなことにPCオーディオでは再生ソフトウェア側でデジタル的にほぼ無劣化で調節することができる。
耳への音量調節は再生ソフトウェアに任せるべきだ。
今までどうしてヘッドフォンアンプの音量を絞ると音質が劣化するのかよくわかっていなかったが、ヘッドフォンにありがちな30Ω前後の抵抗のものは意外に電流を必要とするらしい。
これで謎の解明に一歩近づけた気がする。
とにかくヘッドフォンアンプのボリュームを上げ下げしても再生ソフトウェア側で調節すれば音量を一定に保つことができる。
そうして最終的な音量を調節するとしても、ヘッドフォンアンプのボリューム調節は音質に影響を与える。

LED製品に最適な電圧電流が予め決まっているのと同じで、多過ぎても少な過ぎてもだめなのだ。
[PR]
2016年 06月 02日 *
いいヘッドフォン、いいアンプを使おうと、条件を満たさなければ実力を発揮することができない。
条件が合った瞬間、「これだ」と感じる。
その違いは、濁った水が急に無色透明になるように明確である。

少なくともヘッドフォンを使用する場合に限っては、再生ソフトの音量は100%にし、アンプ側のボリュームを絞った方がいいという考えは捨てた方がいい。
耳とアンプとヘッドフォンの負荷の割合の最適解が必ず存在する。
ここではその最適解を探るのが目的である。

前提条件

オーディオインターフェース
・ASIO/WASAPI再生
・ビットパーフェクト再生可能な機器であること

ヘッドフォンアンプ
・AT-HA25Dと同等以上の音質を確保できること

ヘッドフォン
価格の上下が激しいので、安い時に複数台購入する。

生産停止モデル
・DENON AH-D501

現行モデル
・FOSTEX TH-7B

再生ソフトの音量とヘッドフォンアンプの音量調整

ヘッドフォンアンプのボリュームには可変抵抗が使われている。
5kΩと10kΩの可変抵抗を使用する場合、どちらの方が音質がいいか考えてみる。

AIMP3の音量を3%、可変抵抗を1.5kΩの位置で聞くとしたとき。
ヘッドフォン側に流れる電流は5kΩと10kΩどちらの可変抵抗を使用した時でもほぼ同じである。
どういうことかというと、

5kΩ
ヘッドフォン 1.5kΩ GND 3.5kΩ

10kΩ
ヘッドフォン 1.5kΩ GND 8.5kΩ

これだけを見ると5kΩの可変抵抗を使用した方がGNDに流れる電流の割合が大きい為、ヘッドフォン側に流れる電流が少なくなるように見える。
(I=V/R)

しかし合成抵抗は10kΩの方が大きい。
よってどの可変抵抗を使用しても抵抗値が同じであればヘッドフォン側に流れる電流もほぼ同じと考えることができる。
ただしアンプ側から見た場合の負荷は合成抵抗の大きい10kΩの可変抵抗を使用した方が軽い。
更に言えば可変抵抗を使わず1.5kΩの抵抗を直列に繋げばGNDに捨てる電流が0になり、アンプの負荷は最も少なくなる。
音質を考えるとアンプの負荷は軽い方が望ましい。
使用ヘッドフォンが一つだけなら直列抵抗もありだが、複数ヘッドフォンでの使用を想定する場合は可変抵抗に頼らなければならない。

AIMP3の音量の目安
DENON AH-D501(28Ω) 3-4%前後
FOSTEX TH-7B(70Ω)  7-8%前後
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon