Top
<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
*
*
2017年 05月 16日 *
たまにはバイク乗りっぽいことをしてみようと思い、とある道の駅に行ってみた。

b0041624_2394554.jpg

そこはライダー達の間ではそこそこ有名な所らしく、平日昼間だというのにバイクが沢山停まっていた。
なにこれ、ちょっと間に入りづらい雰囲気…。
自分が考え過ぎなだけかもしれないが、スクーターで来なくて本当によかった。
もし50ccの原付だったら嘲笑の的にされていたかもしれないし、かといって大型バイクで来たらじろじろ見られるだろうし。

外見を気にするといっても気にするポイントは人それぞれだ。
自分はフルカウルというだけで「何がんばっちゃってるの」と思われそうで買うのを躊躇ってしまう。
それと自分が主に走るのは誰も走っていない道で、そういう未舗装道路をフルカウルで走るのはどうなんだろうと。
今になって思うと、そうした道は、原付の方が気が楽だ。
足つきはいいし軽いので転倒の危険を抑えることができる。
車体が小さいので変な威圧感もないし周囲の環境に溶け込みやすい。
林道はそこまでスピードは出せないので原付でも不満を感じない、というか小回りが効く分、かえって走りやすいとさえ思う。
ただ目的地までの移動はやっぱりバイクの方が楽なんだよなぁ。

でも楽なのと楽しいは別だと思う。
なぜバイクや自転車が楽しいのか。
それは、車のように必ずしも周りの流れに合わせる必要がないからではないだろうか。
下道の車の流れに乗るという目的なら250ccあれば十分、いやジクサーでも十分だ。
しかし常に70Km/h前後で流れている道路を周囲に合わせて走ったところで、何ていうか走らされている感じがする。
ただ白線の枠に従ってハンドルとアクセルを調節しているだけで、乗り物を操っている感覚がないというか。
ジクサーは実用性からすれば文句の付けようがない。
原付での不満だった点はほぼ解消されている。
でも原付は原付で良かった所があったな、なんてことを考えてしまう。
[PR]
2017年 05月 15日 *
電車は便利だ。
ぼーっとしているだけで目的地に着く。
車やバイクを運転するよりよっぽど楽だし速い。
でも厄介なのが乗り換えや乗り越しがあることだ。

最近千葉駅の構内が新しくなった。
天井から吊り下げられている案内標識も液晶になった。
以前はLEDだった。
もっと昔はパタパタと切り替わるやつ(反転フラップ式)だった。
一番困ったのは総武快速(横須賀)線で東京方面に向かう列車なのか下り方面に向かう列車なのかわからなかったことだ。
今でこそ(東京方面)と追記されるようになったが、当時はそのようなやさしさは無かった。
久里浜とだけ表示されても、最初は千葉の海に行く列車だと勘違いしていた。
実際は神奈川方面の海に向かう列車なのだった。
(更に言えば勤労千葉で定期的にストが実施され列車が止められることがあった。
自分達のことを勤労と言い切る割には、賃上げ交渉のために仕事を放り出すあたり、何か矛盾を感じなくもないが…)
総武快速は3番~10番までのどのホームも発着に使うという、実にフリーダムな動きをするのも問題をややこしくしている原因の一つである。

悲しいことに自分はよく降りなければならない駅をそのまま乗り過ごしてしまう。
寝ている訳でもなく、気づいたら知らない駅まで来ている自分がいる。

最近知ったのだが、京葉線の各駅停車の海浜幕張行きは、終点の海浜幕張駅から蘇我方面に行く場合、わざわざ階段を降りて別のホームに向かう必要がある。
間違えて降りたホームの正面に来た東京方面の電車に乗ってしまった時の悲しさといったら。
本当に自分の無力さが情けなくなる。

それと前から疑問に思っていたことがある。
Suicaに入金することをチャージすると言うが、そもそもこれは英語として正しいのだろうか。
更に乗客が「大丈夫? チャージある?」と言っているのをよく耳にする。
話の前後関係から察するに、Suicaの残高はあるか? と相手に尋ねているらしい。
百歩譲って「入金する」ことを「チャージする」ことと認めたとしよう。
だとしても、「残高」のことを「チャージ」というのは生理的に受け入れられない。
基本的に人の言っていることがよくわからない。
[PR]
2017年 05月 07日 *
CIMG6224[1].jpg

今日もバイクで海岸の方に行ってきた。
連休中だったけど道はそれ程混んでいなかった。
ただ観光地(?)のようなスポットはいつもと違い、それなりに人が集まっていた。
そろそろ慣らし運転が終わるので少しだけエンジンを回してみた。
ジクサーは5000回転で約70Km/hに到達する。
それでも道路の段差はタイヤやサスが吸収してくれるので特に不快感はない。

MTの操作にはまだ慣れない。
たまにクラッチを切り忘れた状態で1速に入れてしまって、エンストすることがある。
無意識にシフトチェンジできるようにならなければ。
交差点で5速で再発進しエンストしてしまうような事態はできれば避けたい。

手は相変わらず怪我したかのような違和感はあるけど、当初よりもだいぶマシになってきた。
股関節にストレッチをした後のような疲労感を少し感じる。
おそらく手にかかる負荷を軽減するために無意識のうちにタンクを股で挟んでふんばっているのだと思う。
どのような乗り方が一番楽なのかは、体が試行錯誤して徐々に定まっていくだろう。
体に疲労感は確かにあるが、悪いものではない。
バイクとは関係のない、生活の中の精神的な疲労の方がよっぽど不快だ。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon