Top
2016年 12月 11日 *
休日、行きたい場所に行って食べたいものを食べる。
それが万民に共通する「普通」のイメージかもしれない。
だけど自分にはそれをする気力というものが一切湧かない。
気分的にそうだし、理屈で考えても「それで一体何が変わるのか」という問いに対し、答を見出せない。
控えめに言って自分には生き続けるだけの正当な理由もないもないし、価値もない。
行きたいところに行って食べたいものを食べて何になるというのか。
他の生命を犠牲にしてまで生き続ける必要があるのか。

この考えはいつでも割と万能に機能し、自分の「何もしない」という行為を正当化し続けてきた。

音を聞く行為は、自分のような人間には必要ない。
自分がそれにより一時的に快感を得たところで、一体何になるというのだ。
先の考えからすると、その理屈は成立する。

だけど理屈ではない何かに出会ってしまった。
もう何年も前のことになる。
あの頃僕は確かにそれを感じた。
この世にこんな音が存在していたなんて。

考えてみればあの出来事は自分に例外を作った。
その音だけは違った。
絶対的な何かだった。

よくヘッドフォンアンプのレビューを見ると、音質が向上したと書かれている。
それはそうだ。
出力レベルが変わり音質が変わったのだから。
それは今までのそれとは全く異なった音として認識される。
ただしそれが音質「向上」と呼べるのかどうかは別の話になる。

ヘッドフォンアンプに繋げば音質が向上するという話が常に成立する訳ではない。
そのヘッドフォンに出力レベルが合っているかどうかが重要なのだ。
市場で販売されている一般的な30~40Ω前後のエントリーモデルはおそらくヘッドフォンアンプでの使用を想定していない。
仮にヘッドフォンアンプに接続するとその出力の高さから特性が変わり、音質が変化する。
その変化をソフトウェアイコライザやヘッドフォンの外装の改造によってマシなものにしても、ヘッドフォンに見合った出力端子に接続した時の音質には到底及ばない。
どう取り繕ったところで、絶対的な音には追いつけない。

自分を変えるきっかけを与えたのはDENON AH-D501で、それをTC Electronic Impact Twinに接続して聞いている。
決して高価な機材ではないけど。
ヘッドフォンアンプを使うと特性が変わってしまうから使用する必要はないし、お金をかければいい音になる訳でもない。

一体何の要素が絶対的なものに押し上げているのか。
よくわからない。
とにかくある出力レベル下においての入力に対し、コンピュータか何かの処理によって最適化が施されている。
でもそれだけなら他のヘッドフォンだって同じはずなのに。
一体何が違うのだろう。

残念なのは2つとも生産が停止していることだ。
もし壊れたらどうしようという不安が常につきまとう。
[PR]
2016年 11月 23日 *
アニメで近年稀にみる良サウンド。
はやくサントラ出ないかな。
[PR]
_
2016年 11月 21日 *

[PR]
2016年 11月 20日 *
DENONのヘッドフォンと出会い、もう5年くらい経っただろうか。
他の人にとってはどうでもいい事かもしれない。
身の回りにあるのは常に音。
精神的に落ちている時は当然聞けないし、自由な時間もなかなか取れない。
でも世の中にこのような「音」があることを知ったのは、自分にとってはちょっとした事件であり、後に少なからず影響を与えた。

ヘッドフォンの音質を決定づけているのは「ドライバーユニット」と思いがちだが、実はハウジング周りによって音質は全く異なるものに変化する。
現段階で自分はこのように理解している。

リスニング系<------>モニター系
密閉 <------>開放
こもる <------>抜けがいい
心地よさ<------>迫力
混ざる <------>混ざらない

非常に大ざっぱだが、このように分けてみた。
手始めに脳内実験をしてみる。
運転席から車のドアを閉めると、どんな音がするか想像して欲しい。

高級車であれば「ボフ」という低くて穏やかな音。
軽自動車であれば「バン」という攻撃的で耳障りな音。

上記はあくまでイメージだが、実際当たらずとも遠からずだと思う。
高級車は遮音性が考慮されている。
そのためドアを閉めた時の音も「バタン」と大きな音ではなく控えめな音になる。
遮音性が高いという事は、車内の密閉度が高いという事でもある。
試しに窓を開けた状態でドアを閉めれば、窓を完全に閉じた時よりも大きな音になるはずである。

ヘッドフォンについても同じ事が言えるのではないだろうか。
ヘッドフォンは耳をすっぽり覆うタイプのものがあるが、イヤーパッドで耳を完全に覆ってしまえば耳とヘッドフォンの間に密閉空間ができる。
その空間内で大きな低音を鳴らしても、こもってしまうだろう。

密閉が悪いと言っているのではない。
むしろ密閉型こそがワンランク上の音を奏でる条件だと思っている。
だが、想定以上に出力レベルの高い機器に繋いだり、低音を強調し過ぎると音がこもる問題が出てくる。
それは曲中で音が一斉に鳴るような音圧が最も高い部分で顕著となる。

その関係を示したのが上の表である。
音の持つ豊かさというか、繊細さというか、何て表現したらいいかわからないが、とにかく気持ちいいと感じる音がある。
それには音と音が混じり合う要素が必要であり、そのためには空間内が囲まれている(有限に閉じた空間)必要がある。
しかし低音を上げればその分こもった音になってしまう。
音の抜けの良さと気持ちのいい音は、言わばトレードオフの関係にあって、その両方は同時に成立しない。
当たり前だが、音楽鑑賞を目的としたコンサートホールは屋内の閉じられた空間にある。

開放タイプは、戦争映画にあるような爆弾の炸裂音のような迫力は密閉よりも得意。
(屋外で実際に爆弾を爆発させるのがリアルとすると、リスニング系が奏でる気持ちのよい爆弾の炸裂音って…)
そして低音に寄っている曲を聴いていてもそこまで破綻しない。
これが密閉タイプだと音がこもる分、バランスが破綻してしまう。
きちんとミックスされた音楽であれば問題にならないのだが、TV等で流れる音声の場合、ミックスのレベルはばらばらである。
いきなり低音寄りの曲が挿入されることも十分起こり得る。
またヘッドフォンと繋ぐ機器によっても特性が変化する。
密閉型だとその時点で厳密に言えば調和の取れていない状態になる。
一方、開放型であればこのような状況になっても気にせずに聞ける。
また音が混ざらず他の音に埋もれにくいのでノイズを探すような作業に適している。

音が破綻しずらく迫力を出せる開放型はTV番組や音質が悪い動画サイトの閲覧には向いていると言える。
なので密閉寄りのヘッドフォンより、少し開放寄りのヘッドフォンを販売する方が現実的なのだと思う。
(ヘッドフォンとヘッドフォンアンプをセットで売りたいメーカー側の策略に乗せられていると言えなくもない。
一般的に密閉型のエントリーモデルとヘッドフォンアンプの親和性はそれ程高くないと思う。)
最近発売されているヘッドフォンのイヤーパッドがぬれ煎餅タイプが多いのはこのためだと思われる。
固いスポンジ+合皮のイヤーパッドは密閉度が高いが、それを生かし切れる環境は限定される。
そのため、しっとりとしたタイプのイヤーパッドを採用することで、密閉度は劣るものの、その分音の抜けを確保する。
国内で使用する限り、その方がオールラウンドに活躍できるヘッドフォンと言える。
ただし、ノイズチェックには有効かもしれないが、開放型は音の良し悪しをそこまで認識できない。(少なくとも自分には。)
それなりの音で破綻なく鳴ってしまうのでどれも大差ないように聞こえてしまう。

密閉型は、開放型の万全に環境を整えて鳴らした音の更にワンランク上の音という感じで、再生環境の良し悪しや音源ソースの良し悪しもわかる。
ただし音と音が互いに影響し合い、混ざりあうので、小さい音は溶けてしまう。
(はっきりとは知覚できない、カレーの中のじゃがいものような存在となる。)
[PR]
2016年 11月 20日 *
明日の朝仕事で5:30起きだったので寝てしまおうかとも思ったが、0:30まで我慢して起きて視聴した。
番組が始まると、それまでの眠気が一気に覚めた。
ラスト付近は少し泣けてきたというか、軽くショックを受けた。
見終わった後も興奮でなかなか寝付けなかった。

翌日も通勤途中で思い出し泣きしてしまった。
今日が日曜日で本当に良かった。
平日職場で突然泣き出したら最悪病院送りになっていたかもしれない。

あんな靴や衣装で格闘なんか笑わせるなという意見もあるだろう。
でもこの作者さんの作品は視聴者が見たいものを作るという一貫したスタイルがある。
それはエロゲの頃から変わっていない。
「お前らこれが見たかったんだろう?」と作者が言わんばかりのシーンが挿入され、実際視聴者はそれを見て悔しいけど予想通りの反応をしてしまうのだ。

今後の展開として、個人的に見たいのはフーカとリンネが共闘するシチュエーション。
最終的にはリンネがデレるところまで行きたいが、共闘は成り行き上仕方なくという体にしたい。
そのためには更なる敵の登場が必要だが、残り数話で現れるだろうか。
フーカ&リンネvsヴィヴィオ&アインハルトの模擬戦でもいいけど。
で色々経験を積んだ末、フーカがナカジマジムからの卒業を決意してエンドとか。

格闘技試合はさすがに8話がクライマックスなんじゃないかな。
尺的にもこのまま続けたら1クールに収まりきらない気がするし。
[PR]
2016年 11月 06日 *
音とは何だろう。
それは様々な周波数の振動が組み合わされたものの集合体と言える。

span_.jpg

身の回りのどの音に関しても同じことが言える。
卵が割れた音だろうと動物の鳴き声だろうと、つまりはサイン波の和音である。

ここで、低音域の音が小さくなる、または高音域の音が大きくなることが起こった場合、音は別のものになる。

ヘッドフォンやスピーカーを選ぶ時に再生能力がどうとか、解像度がどうとか言われるが、バランスが一番重要である。
音のバランスが崩れると本来のソースの音とは全く別の音を再生していることになるのだから。
音の解像度が低かろうが再生能力が低くても、バランスの崩れに比べたら大した問題ではない。

ヘッドフォンに関して言えば、iPodやウォークマン等の携帯型音楽プレイヤーを使用する限りにおいてはあまり大きな問題にはならない。
もともとヘッドフォンはバランスが崩れないように製造されているからだ。
だが、ヘッドフォンアンプなどある程度の出力レベルを確保できる機器と繋いだ場合に問題になる。
おそらく、ノーマルの状態でちゃんと聞けるケースの方が少ないのではないだろうか。
この現象を見て、ヘッドフォンアンプが悪いと一方的に責めることはできない。
ヘッドフォンには特性があり、全ての機器との接続に対しフラットに再生できるようには作られていない。
少なくとも自分の所有するヘッドフォンには調整が必要だった。

ヘッドフォン選びでよく開放型や密閉型、インピーダンス等の違いが挙げられる。
だが一方、例えばメガネの装着の有無でヘッドフォンから聞こえる音が全く違ったものになり得ることはあまり語られていない。
耳をすっぽり覆うタイプのヘッドフォンの場合、耳が覆われた状態で聞くことが想定されて作られている。
ここで図の黄色部分が太いメガネをかけた状態でヘッドフォンを使用した場合、音が大きく変わる。

a952618c7bcbe5a8575e9b3f7f1f1e13.jpg

特にヘッドフォンアンプを使用した場合は全く別の音に変わるといっていい。それ位違う。

ヘッドフォンアンプの未調整状態の音はバランスが崩壊しているので、iPodやウォークマンで聞いた方が遥かにマシに聞こえる。
一方、ヘッドフォンアンプ使用時においてバランスが調整された音は、iPodやウォークマンとは単純に比較できない。
一眼レフとトイカメラの写真を比較するのと同じで、別次元の音である。
余計なお世話かもしれないが、ヘッドフォンアンプを買うのはいいが、ヘッドフォン側を調整して聞いている人はどれ程いるのだろう。
煽りでもなんでもなく、バランスが崩れた音で気にならないのかなと思う。
それはヘッドフォンの個体による味でもなんでもない。
単に崩壊した世界を見ているだけだ。

自分の知る限り、ヘッドフォンの調整箇所は開放型であれば発音部分の背面にある開放部分。
そしてイヤーパッド部分である。
密閉型であれば基本的にはイヤーパッド部分のみ。
前述したようにイヤーパッドと耳の密着度合で音のバランスを変えることができるので、それを利用する。
また開放型に関しては発音部分の背面にも調整の余地がある。
ヘッドフォンの中には開放具合を調整できる機種があるが、考え方はそれと同じである。

B009AJYGA2.01_.jpg
[PR]
2016年 10月 15日 *
自分がセットした機材。
それ以外から奏でられる音はみんな糞だと。
聞いてて落胆のため息しか出なくて、音楽を聞く時間が以前より短くなった。

ただその一方で、この世のどんな音もいいものに聞こえる瞬間がある。
車の中で聞く音はやっぱり音質が糞で、わかっているのに意外と不快に思わない自分がいる。
きっと10年後も20年後も、自分が生きている限り、車が壊れない限り、そういうものなのだ。
いつでも。ずっと。
かすれてても、ノイズが混じってても、音はそこにある。
[PR]
2016年 10月 13日 *
今期は豊作だけど、中でもViVid Strikeが楽しみ。
[PR]
2016年 10月 10日 *
山登りの朝は早い。
前回の経験を踏まえ、夜中の1時過ぎに出発。
途中で何か落としたような気がして、暗い夜道を懐中電灯で地面を探す作業を30分程続けた。
結局、何か落としたというのは自分の勘違いだった事に気づいた。
長時間運転していると精神状況が少しおかしくなる現象が起こる。
ましてや徹夜の運転となると、何が起こっても不思議ではない。

気づけば空が白んできた。
ヤマノススメでやってたみたいな風景になってきた。
本当は富士山を眺めながらこれをやりたかったんだけど、実際はどこから太陽が昇ってるのかすらわからなかった。
でも少しずつ明るくなっていく空の中、まだ光り輝いている星たちがきれいだった。
05:18
CIMG4666_s.bmp

結局富士山を見られたのは三つ峠駅直前だった。
それまでは山道の曲がりくねった道ばかりで景色が開けてこなかった。
去年富士山を見た時は既に冠雪していたけど、雪が積もっていない富士山はこんな風になるらしい。

CIMG4674_s.bmp

CIMG4843_s.bmp

三つ峠 股のぞき

CIMG4747_s.bmp

大石公園

CIMG4885_s.bmp

富士見町という地名は新宿や銀座のように全国に点在していると思う。
だけどここの富士見町は本場だけあり、特別な気がする。

CIMG4968_s.bmp

CIMG4962_s.bmp
[PR]
2016年 10月 02日 *
谷川岳までアドレス110で一般道のみで走行した。
事前にグーグルで距離と所要時間を調べていた。
それによると片道約250Km、所要時間5時間前後との事だった。
しかし実際にかかったのは8時間弱。
この行程を経て、グーグルナビの所要時間は大きくぶれる事がわかった。

原因はおそらくグーグルナビは道の制限速度は考慮に入れず、実際の車の通過時間を参考に値を算出しているためだと思う。
グーグルナビは賢いナビで、最短の所要時間にするためになるべく信号の少ないルートを選択してくれる。
ここまではいいのだが、制限速度40Km/hの道を60Km/hで通過しないと想定通りのタイムを達成できなかったりする。
普通の車に搭載されているナビにはおそらく道路の制限速度の概念があり、そこから所要時間を算出していると思う。
よって予定到着時刻より早く着くケースは多々あり、そのタイムを短縮したことがなかなか楽しかったりする。

グーグルの所要時間はある意味正確なのだろう。
しかし自分のように制限速度以上のスピードを出すことに抵抗感のある人間にとって、所要時間はあまり参考にならない。
当日、夜中の3時過ぎに家を出たのだが、結局谷川岳ロープウェイの駐車場に着いたのは11時くらいだった。
途中でガソリンスタンドに寄ったりしたので多少のタイムロスはあるものの、想定していた到着時刻を大幅にオーバーしてしまった。

その辺のところはまあいい。
次回からは時間を気持ち多めに考慮すればいいだけの話で。
問題は、グーグルナビがあまりに所要時間の効率を求めるあまり、初心者には走りにくい道路を案内することだ。
今回ナビの指示通りに走ってみてわかったのだが、夜中街灯も何もない真っ暗な田んぼと田んぼの間に通っている狭いあぜ道を延々と走らされる箇所があった。
するとどうなるかというと、自分の運転するバイクのヘッドライトのみが唯一の明かりとなり、周囲の虫が一斉に集まってくる。
まるで雪や雨の中を走っているような状況になり、運転に支障が生じる。
しかも原付のヘッドライトはそこまで遠くを照らしてくれる程照射力は高くない。
一歩間違うと暗い夜道の中、田んぼにダイブ…
都心から遠く離れた見知らぬ土地でそんな事態は避けたいものだ。


CIMG4518_s.bmp

CIMG4521_s.bmp

CIMG4547_s.bmp

CIMG4555_s.bmp

CIMG4608_s.bmp

CIMG4616_s.bmp
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon