Top
<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
*
*
2017年 09月 28日 *
selector WIXOSS を最後まで見た。
過去に見た事があるのだが、その時は事前情報を知らず、なぜか2期の第一話から見てしまった。
その時は話に全くついていけず視聴を断念したのだった。
今回やっとまとまった時間が出来たので、1期1話から見ることにした。

第一印象として、このアニメって果たしてカードの拡販になっているのだろうか、と心配になってしまった。
例えていうなら、この世界のカードはアウターゾーンでミザリーが露店で売っているような呪われた商品で、関わった人物みんなを不幸にする。
ここまでのものを24話も途切れることなく構成しているのは、エンターテイメントとしてすごいと思う。
ただホラーというかシリアスというか、方向性がはっきりしているので、そういうものが好みでない人には向かないかもしれない。

アウターゾーンが出てきたからついでに言うと、あの作品の魅力は、過去のおとぎ話やホラー作品に見られる物語の決まりごと(ルール)を破るところにあると思う。

個人的にダンガンロンパやFLATのシークレットゲームのような世界観は好きだ。
登場人物は誰かを殺さなければ自分が殺されるみたいなルールを強制的に突きつけられるのだが、終盤でそのルールを攻略(あるいは克服あるいは打破)していく展開に面白さを感じる。

アウターゾーンの作者自身も何本ものホラー映画を観て、こういう終わりだったらいいのにという悔しさを作品に反映させていると語っている。
世に出回る作品群というものはだいたいストーリーは決まっていて、それはその方が何かと都合がいいからそうなっている。
その型を崩してしまうと多くの場合において作品に魅力がなくなってしまうからお約束通りの展開に落ち着く。
その方法論は決して間違っていないのだが、個人的にはそこに新しいものを付加して物語を全く違うものに仕立てる精神のもと作られた作品の方に魅力を感じる。
作品としては失敗していたとしても、型にはまった作品を見るより結果的によかったと思える。
[PR]
2017年 09月 26日 *
電車の中でみんなスマホをいじっている事について苦言を述べている人は、きっと電車の中でスマホをいじっている側の人間ではない。
20年前と比べて景色が様変わりして、人も変わったように見えて気味が悪いと感じるのかもしれない。

友達なんていなくていいと言う人がいるけど、いないよりいた方がよっぽどいいだろうと思う。
逆に、人と関わらなくて、閉じた世界で生きて、一体何をするんだと思う。
携帯でもメールでもSNSでも、一方通行じゃなくて、人と会話するのはいいことじゃないか。
相手のいない自分だからこそ自信を持って言える(笑)。

引きこもりが登場する作品は多い。
アニメだとあの花とか。
今期だと天使の3Pとか。
まだ冒頭しか見てないけど、OVERDRIVEのキラ☆キラみたいな本格的な音楽アニメになるのだろうか。
舞台が児童養護施設で、その辺も物語とどう絡むのか気になる。
施設と言えば、るーすぼーい氏の関わった夏の燈火も里子の話で、作中であまり触れられていないからか、あまり話題にならないけど。
施設や里子というと、虐待とかネグレクトとか、ちょっとネガティブな要素が連想されるので、アニメだとどの程度出して来るんだろう。
[PR]
2017年 09月 01日 *
今季の覇権は「ひなろじ」なんだよなぁ…
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon